収入を増やす 給与を増やす方法は 日々変化し 自動化で収入アップを考える

コラム

収入を増やす方法を考えている人結構多いですよね。

サラリーマンでは給与が増えないと思っている人当然多いと思います。

出世は不要か?

[adsense]

出世願望ある人も多いと思いますが、出世は不要です。

はっきりいます。 会社で出世したところで、別に大したことありません。

一般的に出世するとさらに仕事が忙しくなることが多いのです。

それで毎月5万〜10万円給与が増えるのです。

例えば課長の年収は600万〜1000万円となりますが、平社員の年収から比べると高いと感じる人も多いでしょう。

しかしながらその年収をもらっても副業で500万の年収があるほうがよくないですか?

500万円もらいながら副業で500万円です。

そのほうが絶対よくないですか?

[adsense]

仕事は生活の為

基本的仕事というのはたいていの人は生活の為にしている人が多いのです。

生活の為に仕事しているということが根底にあるので、やりがいだのなんだのといったところで、結局お金がもらえないとそのやりがいも生まれません。

それが何年も働いているうちに効率化だのどうのと言われたところで、結局給与にそこまで反映されないんじゃないの?と思うわけですね。

そう考えるとサラリーマンであることがバカバカしくなってくるかと思いますが、サラリーマンは絶対にやめないほうがいいと思います。

それこそやりたいことを仕事にするほうがいいとは思いませんか?

とはいうものの、なかなかそんな人いませんよね・・・実際にはたいていの場合雇われて嫌な仕事をモクモクとする人のほうが圧倒的に多いのです。

当然そこには仕事は生活のためと思っている人が大半です。実際に仕事をなんでするの?という質問には生活のためと答える人が大半でしょう。

それこそやりがいのために仕事をするという人はあまりいません。

仕事というのは、基本的には生活のためなのです。やりがいはその次です。生きていくためには絶対必要なものというのは、お金なのです。

いくら綺麗事いったところで、お金の問題というのは一生つきまといます。そのため生活のために仕事をしていくということは非常に重要なことであり、ある意味当たり前なのです。

[adsense]

サラリーマンは世間的な身分

昔の士農工商でいったところのサラリーマンは農民といったところでしょうか。

それでも農民という身分があるわけです。副業をするということは基本的には商人になるわけですので、昔の士農工商に当てはめると一番下です。

そう考えるとなんでそんな身分制度なんてあるの??と思うかもしれませんが、実際にローンを組む時に銀行からお金を借りますよね。

その時にその人の身分をチェックされるわけです。

商人というのは今の時代になると個人事業主などと思ってもらえればいいと思います。

別に個人事業主といってもお金に困っているわけではありません。しかしながらローンは年収の4倍までしか貸してくれないとかサラリーマンに比べるとやはり銀行はその人に対しては厳しくなるのです。

他にはカードが作りにくいなどのデメリットもあるわけですね。

それがサラリーマンならそれなりにカードを作ることも可能ですし、ローンも組みやすくなるのです。

結局のところサラリーマンのほうが有利です。

結婚に関してもサラリーマンのほうが有利なことのほうが多いのです。

個人事業主とサラリーマンで年収が同じならサラリーマンのほうが人気があるわけですよね。

このようにサラリーマンをやめるメリットというものは実はないのです。副業はあくまで副業にとどめておくほうがお得なのです。

[adsense]

サラリーマンでありながら権利収入を得る

サラリーマンが権利収入を得ることは不可能と思っている人も多いと思いますが、実は不可能ではありません。

それなりに努力は必要ですが、可能なのです。

スマホで自動化 収益を毎月得る 収入を増やす 年金のような利益を生むには?

こちらをみてもらいたいのですが、こちらの記事に自動化のことに関して触れております。

まずはこの自動化に可能性があるかどうかで判断して欲しいわけですが、それなりの効果はあると思います。

毎月何千万とかは稼げませんが、毎月数十万レベルなら行く人も結構いるのです。

この権利収入をやめるわけにはいかないと思います。

このようにサラリーマンでも権利収入を得る権利を持てる可能性は十分あるのです。

是非一度検討してみてください。

[adsense]

わかりやすい権利収入

権利収入というのは一般的にわかりやすいものです。普通なら駐車場やマンション、アパート経営などが一般的な権利所得です。

後は株なんかも権利所得となります。

それがネット上のコンテンツというと非常にわかりにくくないですか?

実際の権利収入とネット上のコンテンツというとその差は歴然です。

ネット上のコンテンツに金銭的な価値があるのか?と言われると非常に微妙な感じしませんか?

実際の場所はとっていますが、物理的な空間をとっているわけではありません。一般的な権利収入と呼ばれるものは物理的な場所を確保してそこから利益を確保するというものが一般的です。

そう考えるとネット上のコンテンツで自動化出来るというところは非常に面白くないですか?なんといってもこの場合の自動化というのは、物理的な場所がないので、いわゆる維持費というものが非常に安いのです。維持費が安いということは本当にいいことだとおもいますね。

給与の自動化とは?

毎月自動的に収入がある人とない人の差というのはなんでしょうか?

毎月定期的に収益がある人というのは、土地を持っていたりいわゆる不動産収入を連想する人が多いと思います。

確かに一番わかり易いですからね。

実は収益の自動化というのはそれだけではありません。自動化といっても、何もすることなく収入を得ることは難しいと思われますので、何かをする必要があるわけですが、最小限の労働で最大の収入というのは誰もが目指しているところではないかと思います。

収益の自動化を目指すということは非常に重要なことなのです。収益の自動化を目指すことにより、間違いなくほかの人と比べて思考回路は違ってくると思います。

サラリーマンのように毎月与えられた給与だけをもらう人と比べても思考回路というのは違って見えてくるでしょう。

サラリーマンというのは、気楽な家業とはよくいったものです。本当にそれがわかる人にはわかるかと思います。