ネットから副収入を得たい人 簡単に稼いで見たい人 ばれないように副業したい人なら必見です。

ネットで小遣い

コラム

携帯電話のブラックリスト入りして再契約出来ない人が続出中

投稿日:

携帯電話の話を少ししたいと思いますが、ブラックリスト入りして再契約出来ないという人が非常に多いのです。

ブラックリストというのはどういうことか?ということは、普通に契約すれば問題なく携帯電話を契約出来るわけですが、その契約が出来ない人達のことです。

なぜ契約出来ないの?

契約出来ないのはなぜ?と思う人も多いと思いますが、一般的には以下のことが言われております。

・他社に未納がある。
・他社で割賦を踏み倒したことがある。
・今回契約しようとした会社で、過去に短期解約がある

まずは信用情報の問題です。信用がない人に契約はさせませんよね?

これは恐らく普通です。

それが上記でいうところの他社に未納があるということです。他社に未納があるということは、当然自社でも未納¥になる可能性が高いということです。

未納になる可能性が高いということは、自社で契約される時に審査があり、確実に落とされます。

当然ながら借金も返せないような人に携帯の契約は問題ありというふうに認識されるわけです。

このあたりは普通だと思います。

短期解約を行っている

実はこれが結構な問題点です。短期解約を行ったことがある場合当然ながら会社としては短期解約されるということは、その当時魅力がなかったということです。

よって今回なぜまた契約するの?と思われるわけです。恐らく1回くらいなら大丈夫だと思いますが、何回か実施した時には、そのあたりはかなりの問題なると思われます。

さすがに何度も短期解約を繰り返している人に対して契約が出来ると思ったら大間違いです。

しかしながらそのあたりを知らずに行く人がいるのです。知らないことは非常に勿体無いことですね。

短期解約を行うということは、そのキャリアと契約をしたくないという人という認識となるわけです。

基本的には短期解約というのはありえません。普通は1年以上は契約を続けるでしょう。それが普通なのです。

それを解約してしまうということは、かなり残念なことであることは間違いありません。当然ながら次回契約できない可能性も高いということです。

スポンサーリンク

短期解約の定義

ここで言うところの短期解約の定義ですが、短期解約というのは一般的には半年以内の解約と言われております。

それ以内に解約すると短期解約として扱われることが多いようです。

実際には契約に関しては、それ以外の詳細情報などもあるので、実際にはキャリアではないとわかりませんが、半年は契約しておきたいところです。

それより早く解約するということは、基本的にやめておくほうがいいでしょう。

普通に契約をするのであれば、半年以内での解約はありえませんよね。

なぜこの話題なのか?

MNPで儲けようとしている人は結構多くいます。

MNPをするということは、前のキャリアを解約するということです。

ネット上にもMNPで儲かるという話は結構あり、それを見ている人もかなりいると思います。

しかしながら儲けようと思ったら、このような短期解約ということをクリアする必要があるのです。

それがクリア出来ないと儲けることは出来ないのです。

よってブラックリストというものが存在するということは覚えておきたいところですよね。

支払いは確実に

携帯電話の支払いは確実に行いましょう。

料金を踏み倒してもいいと思っている人実は結構います。

料金の踏み倒しは絶対ダメです。それをすると携帯電話だけでなく、オートローンが組めなくなったりと本当に色々なところに影響が出ます。

クレジットカードが当然作れません。クレジットというのは信用取引ですから、世の中から信用されているという証なのです。

それがなくなるということは本当に残念だと思いませんか?

ブラックになる原因というのは色々あると思いますが、一番わかりやすいのはクレジット契約が出来ないということでしょう。

クレジット契約が出来ない人って実はかなりいます。

要するに世の中から信用されていないということですね。非常に残念なことなのですが、それだけは避けたいところだと思いませんか?

携帯電話のブラックリストに関しても同様のことがいえます。

やはりブラックにならないのが一番ですが、思わずやってしまったときは、喪があけるまでじっと待つしかないのです。

契約しないと始まらない

儲けようとするなら契約出来ないと始まりません。

契約出来る人=儲けられる人

要するに契約が出来るということは、契約出来ない人に比べて有利なことは間違いありません。

当然この携帯業界だけの話ではありません。住宅ローンを組む時もそうです。

それ以外にもオートローンなどでもそうなのです。基本的に契約出来る人が特する世の中になっているのです。

契約出来ない人は底辺という見られ方を世の中からしているのです。

このブラックに関しては短期解約がその理由であれば、まだマシですが、料金の踏み倒しなどを行った人なら本当に残念でなりません。

ブラックになる条件は色々あると思いますが、クレジットカードが作れないということは、かなり不利です。

せめてクレジットカードは作れるくらいの信用のある人になる必要がありますよね。

クレジットカードでの契約は最近は基本です。クレジットカードの契約は先に済ませておきたいところですね。クレジットカードというのは本人の信用ということになりますので、間違いなく基本です。

スポンサーリンク

携帯に契約出来ないと思う前に色々思い返す

2016年4月30日追記

結局のところ携帯に契約出来ないというのには何か原因があるわけです。

当然ながらマイナスの原因しかないわけですが、基本的に原因をつかむということはかなり難しいと思います。

それは各社が独自のルールで独自に決めたことによってこの人はブラックもしくはホワイトと決めているわけです。

基本的にブラックの人というのは、ある意味やらかしている人です。

やらかしているというのは定義があり、人よりもやり過ぎた結果ということになります。

会社としては客層の平均値というものをもっており、平均から逸脱した人に対してはやはり制裁を加えるということは普通のことだと思います。

ようするにブラックに入ったということは何かやらかしたわけです。

短期で解約するということも平均からすると逸脱しているわけですよね。

その逸脱しているということをわからないまま、自分の思い通りに契約をすすめるということが問題なわけです。

ブラックに入ると喪が空けるのにそれなりに時間がかかります。

やはり無茶はNGでしょうね。

スポンサーリンク

ドコモオンラインショップでもブラックに

2016年5月12日追記

ドコモオンラインショップでもブラックリストになるようです。

ドコモオンラインショップといえばドコモの公式オンラインショップです。

実はこちらのサイトから申し込むと既にブラックの人は契約出来ないことがあります。

これは非常に残念ですよね・・・人によっては事前に電話連絡があったりするようです。

例えばどのような場合なのか?ということですが、一括0円などでドコモオンラインショップにて販売している場合に特価販売出来ません。というような連絡があったりするようですね。

それも人によると思いますので、具体的にはケースバイケースというところでしょうか。

ドコモオンラインショップに申し込む前にブラックかどうか審査したいという人はどうすればいいのか?ということですが、ドコモショップにて与信審査をしてもらうことが可能です。

与信の審査をしてもらうことで、回避が可能です。

リアルにブラックの人いわゆるお金を払うことが出来なくてブラックになっている人は一度法律家に相談したほうがいいかもしれませんね。

ここ最近ブラックの人が非常に増えているということです。一度与信の確認を実施したほうがいいのかもしれませんね。

副収入を効率よく稼げるサイトラインキング

げん玉で効率よく稼ぐ

副収入を作る

モッピー!お金がたまるポイントサイト

複数の収入を得る

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

-コラム

Copyright© ネットで小遣い , 2018 All Rights Reserved.