手取りを増やす為には ネットを活用する 副業をやる人続出中

基本的に社会人なら給料をもらっている人がほとんどだと思いますが、給料をもらうのって結構たいへんですよね。

毎月かなりがんばったところで、手取りを増やすことはかなり困難ではありませんか?

税金が高い

モッピー!お金がたまるポイントサイト お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

税金が高いと感じている人がかなり多いと思います。給料からの天引きといわれるやつですが、かなり引かれると思います。

社会保険や所得税、住民税、今なら復興特別税などです。

これらを合わせると給料によるわけですが、かなり引かれると思います。

結局のところ20万円の給料に対して5万円ほど引かれるわけですから手取りは15万円程度にまで落ち込むわけです。

しかしながら税金がやすければどうでしょう?

当然ですが、社会的なサービスが低下するわけです。例えば警察官がいなくなります。消防や救急も人を減らすしかないでしょう。

そうなることにより、どんどん人件費などが削られると仕事にいけなくなるかもしれません。

そういう意味では税金が高いということは仕方ないことかもしれません。

税金が高いので、手取りを増やすための努力というものを行っている人もかなり多くいます。

サラリーマンの場合は税金はある程度搾取されるわけですが、自営業というものは経費というものを利用すれば、ある程度節税を行うことが可能となっています。

[adsense1]

手取りが増えない

給料があがったのに手取りが増えないと嘆いている人も結構多いと思います。当然ですが、私の周りにも結構そう思っている人は多いと思います。

毎月手取りで30万円以上もらっている人もそれほど多くないと思います。

手取りで30万もらおうと思ったら35万円以上もらう必要があるのです。残業ばかりしていて手取りで30万円を超えても仕方ありません。

残業なしで手取り30万は超えたいところです。

手取り30万なんか無理無理と思っている人も多いと思いますが、手取りを増やすのはネットで稼ぎ出すのが一番簡単な方法なのです。

手取りで30万というと20年以上前ならそこまで税金が高くなかったので、なんとかなったと思いますが、昨今税金が増えたので、いろいろひかれると40万くらいの総支給は必要となるかと思います。

40万の総支給というのは、結構もらっているほうではないかと思います。

モッピー!お金がたまるポイントサイト お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

会社員は昇給しない

ここ最近昇給なんかぜんぜんしていないという人結構多いと思います。ベアって何??という世界ですよね。ベアというのはベースアップのことで、賃金のベースがあがるということです。

定期昇給とは別に行われるものですが、会社によっては定期昇給もないというところが非常に多いです。

そういうことを考えると簡単に給料は上がらないということです。

会社にだけ頼るというのは危険な考え方かもしれません。

それはなんといっても定年後の話です。定年後は残念ながら会社は給料はくれません。

自分でなんとかする必要があるのです。自分でなんとか出来るように現役時代からがんばるわけですね。

このサイトの中にも副業ネタがかなりあるので、一度確認いただければと思います。

会社にいても昇給というのは、そこまで大したことはありません。毎年2万円くらいあがればかなりいい昇給の会社です。

通常であれば、1万円程度でもあがればかなりいいほうではないかと思います。1万円の昇給でボーナスなどを入れると年間20万円近くの昇給になるわけです。

それでも昇給したとしても毎年の給与に換算するとそこまで高くはないですよね。

[adsense1]

ポイントサイトで儲ける

ポイントサイトで儲けるのは結構手っ取り早いです。

楽天ポイント 効率よく貯める 3重取り 小遣いを増やす 非常にオススメサイトを紹介

2018年11月14日

こういうサイトです。こういうサイトで登録すると結構儲かります。

少しはこのようなポイントサイトと呼ばれるものを考えたほうがいいのかもしれません。

ポイントサイトというサービスを利用することで、空き時間にお金を稼ぐことができるのです。

結局のところ空き時間を有効的に活用するということはかなりオススメです。

通常であれば、なかなか稼ぐことが難しいと思っていてもポイントサイトを活用することで、結構小遣いが増えたなんて人は多いのです。

ポイントサイトばかりをやっている人も最近は結構増えてきましたからね。

モッピー!お金がたまるポイントサイト お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

会社には頼らない生活を

2016年4月8日追記

会社には頼らない生活が本当にここ最近いいと思います。

昔の人たちはいわゆる会社人間でしたが、今の会社には頼る必要はありません。

副業をしてはダメという会社は本当にどういうことでしょうか?それだけ会社が強い権限というものはもう通じません。

副業をするということは、自分にとっても会社にとってもメリットのほうが多いのです。

副業ということは本業以外で新しいことをするということです。

副業をするということは、それだけ新しいことを勉強するということです。

会社に頼るということは依存しているということです。

よく会社では自立することといいますが、すでに会社員であること自体が依存なのです。

そのことに気づいていない会社って非常に残念ですよね・・・自立ということは基本的に自分ひとりで立案からなにからなにまですることです。

そしてそれで飯を食うということです。

副業だけで生活出来るレベルにまで成長して初めて自立というのです。会社員のままでは自立することは難しいと思いますね。

自分が会社を作ったならOKですが、就職で入った会社というのは先輩たちがすでに築いていたものです。

そこに入るだけなので、それほど難しくはありません。そのあたりは考えておきたいところですよね。

2018年にはいって副業の平均額は4万円であることが判明

2018年の調査では副業の平均額は4万円ということが判明したようです。

最高額は副業で20万もらえるという人もいるようですね。副業といっても毎月4万円増えるとなると生活はかなり楽になると思います。

副業での収入はなかったものと考えると毎年50万ほど貯金ができる計算になります。本業側で貯金を行うとすると年間100万円の貯金もわりと簡単にできそうですね。

副業を推進する企業もかなり増えてきており、副業を行うことで当然ですが新しい知識を得ることもできるわけです。

知識をたくさん得る為には副業を行うことがよいとされておりますが、お金を稼ぎながら新しい知識や新しい交流を増やすことができるということは本当にメリットのあることではないでしょうか。

今後もますます副業が増えることが期待されております。副業が増えればそれだけ税金も増えるわけです。それは国としても非常にありがたい話ではないでしょうか。

ある意味国が主導のもとで働き方改革というものをやっていることを考えると今後もますます副業をやろうと思う人も増えてくるでしょうね。