お金儲け 平均貯蓄額より多く持っておきたい 将来の安心がほしい

昨今将来日本は年金だけで、賄うことは難しいため、2000万は年金開始時までに貯めておくようにという政府のお達しが出ました。

2000万円を貯めておくという具体的な数字が出たことで、この2000万円という数字が驚愕の数字だということを感じた人も多かったのではないでしょうか。

2000万円というのは、40歳から60歳まで貯金したところで、毎年100万円貯金する金額です。

35歳で第一子が生まれたと仮定

35歳で第一子が生まれたと仮定して話をしてみたいと思います。

小学校に入るまでは子供が小さいためお金を貯めることが出来ます。

35歳から40数歳までは基本的にお金を貯めるときです。そして子供が小学校の高学年くらいになると塾などに行き始め、お金がかかりだすときです。

それから中学校ならまだ若干お金を貯めることができるでしょう。その頃には自分自身ももう50歳近くになっています。

50歳近くの平均年収は600万円前後であることが多く、ボーナスを入れると毎月の手取りは30万円程度です。

子供が高校生になるころになるとスマホを持ちたいなど新しく毎月出ていくお金が増えてくるのです。実は子供が高校生から大学を卒業するくらいまではお金を貯めることが出来ない、むしろお金が出ていく時期に突入するのです。

子供が大学生になる頃には、自分も55歳程度にまでなっているでしょう。正直なところそこには定年がやってくるのです。あと5年くらいでどこまで貯金出来てそうですか?正直なところそこまで貯金は出来ていないような気もします。

第二子が出来たらますます家計は悲惨

第二子が出来たとしたらますます家計は悲惨です。35歳で第一子なので、第二子はそれよりもあとに生まれます。

第二子が大学卒業する頃にはもう定年という年齢となります。そうなると自分の老後のための貯金をする暇はありません。

確実に年収600万円程度で老後2000万円を確保しようとするのであれば、共働きはほぼ必須ということになるかと思います。

第二子まで生まれることは予想していないと思っていても、生まれるかもしれませんし、生まれないかもしれません。そのあたりはわからない部分もありますが、これだけ少子化と言われている世の中ですが、自分の将来の貯金と子育てにお金が必要ということになれば、間違いなく子供を産まないという選択肢になるのではないかと思います。

これから生まれてくるかもしれないという未知のことより、今ある現実を見るほうが大きいと思います。そういうことを考えると第二子が生まれるということは、家計を逼迫しますし、第二子が生まれたら共働きをしていたとしても生まれてすぐは働けませんので、やはりそこでの収入ダウンになる可能性もあるわけです。

年金開始時までに2000万円貯めれない人が続出

年金開始時までに2000万円貯めることが出来ない人が今後続出するでしょう。今の日本の平均貯蓄額というのは1800万円ほどと言われております。

これはあくまで平均値なので、中央値と呼ばれる値では1000万円を切った額になります。

世の中の人の平均で1000万円を切る貯蓄額なので、安心と思ってはいけません。世の中の中央値では将来年金開始時にはお金が足りないと言っているのです。

政府がそのような発言をしているということは、正直なところかなり深刻なのでしょう。どう深刻なのかということですが、年金は払えないといっているわけです。

潤沢な資金が政府として準備出来ないから自助努力にてお金を貯めておくようにということです。

実際に貯めるとなると現役時代は摂生する必要が出てくるのです。それこそ子供に贅沢させてあげられないなど、学費にかかる費用を抑える必要も出てくるのです。

お金がないと生きていくことが出来ないということは当然ながら理解しているわけですが、将来への貯蓄をすることが出来ないということも非常に残念なことかと思います。

子供が小学校低学年までにどれだけ貯金ができるかがキモ

子供が小学校の低学年の間にどこまで貯金できるのかがキモです。小学校低学年までというのは子供が生まれてから約10年です。その間に1000万貯めることが出来ないと相当厳しいでしょう。

1000万というとかなりの大金となり、10年で1000万というと毎月平均8万円貯金する計算となります。普通に考えて8万円貯金に回すということはかなり困難だと考えている人も多いのではないでしょうか。

実際に8万円貯金しようとするとかなり生活は厳しいと思います。35歳くらいの平均年収は400万〜500万円程度です。300万円台の人も数多くいます。

そういう状況で8万の貯金というのはかなり厳しいと思います。

しかしながらそれが現実なのです。現実を見つめ直す必要もあるでしょう。それこそ毎月の手取りが25万だったとしてもそこから8万差し引くと、手取り17万円程度ですからね。

それから家賃やローンなどを払うと正直手元に残るお金というのはほぼありません。

それを毎月続ける必要があるのです。かなり厳しい自助努力ですね。

収入を上げる対策を

このブログというのは、お金を稼ぐ人のためのブログとなっていますので、ぜひお金を稼いでお金を貯めてみてください。

収入がないとやはり貯まるものもたまりません。節約することも重要かと思いますが、お金を稼ぐということも非常に重要な要素かと思います。

お金を貯めるよりも稼ぐほうが難しいと思っている人多いと思いますが、貯めるより稼ぐほうが簡単です。

毎月8万円別で収入があり、貯金することが出来たらどうでしょうか?

生活はかなり楽になるかと思います。こちらのブログはお小遣いを稼ぐことをメインに書いているので、いろいろヒントもあるかと思います。

2000万稼ぐということを努力目標にがんばって収入を上げる努力をしてみてはどうでしょうか。