SEO対策を行う場合の注意点 サイトをグーグル検索の上位に表示させるには?

SEO対策

SEO対策を行う場合の注意点 サイトをグーグル検索の上位に表示させるには?

SEO対策というのはわりとみんな血眼になってやっていることだと思います。

経験上では?

今までの経験上どのようなもので上位に検索されるのかというような統計的なものはありますが、絶対的なものはありません。

個人的に実施している施策としては以下のようなものがあげられます。

1.更新頻度をあげる。

2.それなりの長文を書くように気をつける。

3.有益な情報を出しているかどうか。

4.自分の文書で書く。(コピペはしない)

5.ブームに乗ったテーマに絞る。

6.ライバルの少なそうなワードを見つける。

7.タイトルには気をつける。

あげていくときりがありませんが、これらの内容で間違いというのはないと思います。

サイトの上位にあげようとするとライバルが多い文言では前にあがってきません。

やはり狙うならライバルの少ないキーワードを狙うことが必須となるわけです。

後は複数文字での検索となるわけです。

例えば・・・

不動産  これだけでは非常に人気のありそうなキーワードですよね

それを
不動産 大阪
不動産 東京

実はまだこれでもかなりの人気キーワードです。

不動産 渋谷 5万円以下

これでかなり絞り込めたと思いませんか?

こういうことを繰り返すわけです。

後はタイトルに沿った記事を書くということも大事なことです。

私の場合タイトルを忘れて、関係ないことを書くこともよくありますがww

こういうことを気をつければ、少しは上位に検索される可能性があがるのではないでしょうか。

たまにはビックワードで検索されることもありますので、更新頻度をあげて毎日書くことにより、上位に検索される確率もあがるわけです。

加筆訂正は忘れずに

とりあえず書いたらいいというわけではありません。

定期的に書いた記事に対して加筆訂正は忘れては行けません。

Googleはある程度新鮮な記事に対してSEOの上位に入れてこようという感じなのです。

ということはある程度の範囲で加筆訂正しているページに対しては上位に表示させようとする効果があるのです。

自分のサイトを定期的に見に来てくれているのであれば、加筆訂正されているページというものは前のページと比較して異なっていると判断されるわけです。

ということは自分のサイトで書き続けているサイトよりも定期的に見直しされているということが有効的なのです。

是非加筆訂正というのは忘れずにしたいところですね。

同じジャンルを書き続ける

同じジャンルを書き続けるということも大事なのかな?と思いますね。異なるジャンルのものを定期的に書き続けるならそれはそれでそういうジャンルのものと思われますが、実際にはジャンルが異なるものを書き続けるということは統一感がありません。

せっかくサイトを見てもらったところで、異なるジャンルなら他のページは見てもらうことはかなり難しいと思います。

同じジャンルのページなら他のページも見てもらえる可能性もあるのです。

そういう意味では同じページを積み重ねるほうがいいのかもしれませんね。しかしながら色々なページを作ることにより、色々なものでヒットしてくる可能性もあるので、そういう意味ではそれはそれでありかもしれません。

書き続けることが難しい

ブログで定期的に収入を得ている人は当然ながら定期的に記事を書き続けています。とはいうものの初心者というのは何を書いていいのかわからないということで、書き続けることが非常に難しいと言われております。

とはいうものの書き続ける必要はあるわけです。書き続けないとなかなか上位にはやってきません。

あとは有益な情報を提供し続けるということです。有益な情報を提供し続けるということは非常に難しいことではないでしょうか。

基本的に有益な情報を書き続けるということ永続的にやっていく必要があるのです。そのためにはインプット及びアウトプットの繰り返しを永続的におこなっていく必要があります。

書き続けるということに対して楽しいという感情がある人ならいいと思いますが、そういう感情のない人なら相当厳しいかもしれません。

それでも記事を継続的に書くということはSEOという観点からしても非常にいいことなのです。

はじめは収益のためにやるということよりは自分のほしい情報をまとめていくという方法で検討することがいいと思いますね。

コメント