下流老人は現役世代にサボっていた人達か 副業はもう不可能?

コラム

下流老人という言葉が今年は流行していましたが、現役世代の時にそれなりに稼いでいた人達のことです。

現役世代の時にそれなりに稼いではいましたが、いざ退職してみるとかなり生活が厳しいということになったのでしょう。

現役世代の年収はそこそこ

この人達は現役世代はそれなりの年収を稼いでいた人が多いということです。

年収は700万くらいは稼いでいたでしょうか。にも関わらず退職して生活が途端厳しくなるわけです。

年収が700万というと毎月の月給レベルではボーナスを除くと、ざっくり50万近く額面ではもらっていた計算になりますね。

額面で50万というとそれなりにいい年収ではないでしょうか。

それなりにいい年収ですが、残念ながら厳しい老後を送る必要があるのです。

なぜそのようなことになるのか?ということですが、やはり現役世代に将来なんとかなるということで貯蓄を指定なかったことが原因でしょう。

貯蓄といってもなかなか難しいですが、月給で50万というと手取りで40万ちょっとです。

子供をそれなりの大学を出して、ローンを組んでいたら、生活としては決して贅沢は出来ないと思います。

せいぜい贅沢したとしてもたまの休みに日帰り家族旅行やたまの外食レベルです。

それでいて貯金が出来ないのです。一応65歳時点で2000万〜3000万あると老後はそれなりの生活が出来るといいます。

それは厚生年金に入っていてそれなりの生活ということです。

現役中に老後の収入を確保する

やはり現役時代に老後の収入をそれなりに確保する必要があったわけです。

厚生年金などざっくり20万もらっていたとしても現役の時に比べて20万ほど月給としては少ないのです。

年をとるとそこまで消費はしないと思いますので、40万も必要ないかもしれませんが、一番厳しいのは自宅の修繕などお金がかかることもあります。

自動車の購入などもそうですね。今は75くらいまでは十分自動車の運転をする人も多いので、自動車も買い換える可能性があるわけです。そう考えるとやはり定年時に2000万は最低でも欲しいところです。

ざっくり10万円毎月生活で補う必要があるので、毎年120万の支出がかかることになります。

20年で2400万です。今の時代は85歳以上生きることも十分考えられるので、それくらいの蓄えは欲しいところですね。

現役世代中に是非将来の収入については考えてみたいところです。

今からの努力

努力はすぐにでも開始するほうがいいと思います。

努力するだけではどのように今の収入以上を確保するのかわからないと思います。

その時に活用してほしいのは、なんといってもポイントサイトです。

これならそれほど難しくなく、活用することが可能だと思います。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

モッピー!お金がたまるポイントサイト

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

これらのサイトを活用することにより、今よりも稼ぎだすということは可能だと思います。

ただし結構がんばる必要があります。将来の自分の為に少しでもこのようなサイトを活用できればと思いますが、どうでしょうか?

それにしてもお金を稼ぐということは結構難しいですよね・・・

難しいから面白い!ということになればいいと思いますね。

これからでも取り戻せる

2015年12月9日追記

これからでも取り戻すことは可能です。このようなネット系のビジネスというのは当然ながら早く始めるほうがお得ですが、後から開始しても全く問題ありません。

後からのほうがノウハウも世の中に出ていることが非常に多いので、ある意味早く稼ぐことが可能かもしれません。

無駄な日々を送るより、少しでも将来へのステップアップを図るほうがお得だと思います。

今のお年寄りの人たちは現役世代の時にはネット環境がなかったという人も多いでしょう。

それがここにきてネット環境はほぼ揃ったといっても過言ではありません。

今後このようなネット環境を使ったビジネスというものはどんどん増えてくると思われます。

ネットビジネスの恩恵を一般人が受けることが可能になるのです。

なかなかこのようなネットビジネスの恩恵を一般人が受けるということは想像もしなかった時代ですが、今はそれが簡単に手に入れることが可能になっているのです。

それくらい今のビジネスは簡単になってきており、敷居が下がってきているのです。ただしがっつり稼ごうと思うと結構たいへんなので、少しずつでもいいので稼いでいって欲しいと思います。

是非老後までの資金調達をある程度このネットビジネスで行っておくほうがいいと思いますね。

将来確実に楽出来ると思われます。

収入が減るということがわかるのが怖い老後

老後は収入が減るということがある意味わかっているのです。最近は仕事を65歳とか70歳くらいまでできる会社も増えてきました。

ただし年齢があがるに連れて本当に仕事をすることもかなりしんどくなってくるのです。

どうせなら毎月の収入をある意味固定化させるほうがお得なのです。

収入を固定化させることにより、かなりお得に収入を得ることが可能となっているのです。

収入を固定化させることにより、収入には困らない老後が待っているわけです。

このような副業というのは、年を取ってからでも十分できるのです。知恵と工夫さえできれば、年齢は関係ないのです。

結果的に知恵と工夫で将来永続的に稼ぐツールを探す必要があるのです。ITが到来し結構な日にちが経過しましたが、IT業界にはまだまだお金を稼ぐだけのツールというものはかなりたくさんあるのです。

知恵と努力だけである程度は稼ぐことが可能となっているのです。

副業は不可能と諦めている人

副業を諦めている人は本当にもったいないです。副業はいつからでもできるのです。最近ではいわゆる老人と呼ばれる人でもスマホを持っている人が非常に増えてきました。そのスマホを利用して小遣いを稼ぐということも非常に大事なのです。

スマホなんかで小遣いを稼ぐことなんてできるの?と思う人もいるかと思いますが、スマホで小遣いを稼ぐことは出来ます。

敷居は高いと思う人もいるかと思いますが、実はそんなことはありません。そこまで敷居は高くないのです。

結構簡単にスマホでお金を稼ぐことが可能となっております。上記でも書いてあるようにポイントサイトへの購入で小遣いを増やすのです。

お金に困っていない人もぜひ一度試してみてはどうでしょうか?小遣いを増やすすべなんてないと思っている人も少しくらいは贅沢することができるかもしれません。やはり収入が入ってこないということは不安なことが非常に多いです。不安要素が強い分副業をするわけですね。

それでも少しでも生活が潤うのであれば、絶対オススメできるかと思います。