お金を増やしたい 飲みに行きたい 遊びたい 欲求を満たすにはお金が必要

コラム

本当に遊びにいったらお金かかりますよね。

飲みにいってもお金はかかります。

とにかく外出するとお金がかかるのです。家にいても家の電気を付けるだけでお金がかかります。

この世の中は本当にお金で出来ているんじゃないの?とおもうくらいお金ばかりがかかります。

最低限の生活をしようと思ってもそれなりのお金がかかるわけです。最低限の生活というのはどの程度のお金がかかるのか不明ですが、結局のところ最低限のお金というのはやはり手取りで10万ほどは必要でしょう。また家族のいる家庭だったら10万円だったらきっと足りないでしょうね。正直なところ20万円程度は必要かと思います。

そんな世の中は金で出来ているんじゃないの?とおもうこの世の中ですが、やはりお金を稼ぐことが出来なければ、世の中を楽しむことができません。

とはいうものの大金まではいらないのです。やはり少しくらい贅沢したいというその気持ちが非常に大事なのかなぁ〜なんて思います。

初月数百万稼ぐことも可能

こちら2020年9月1日から開始されたJencoというサービスです。シンガポールの天才元銀行員が立ち上げたベンチャー企業です。将来はマイクロソフトやAppleに匹敵する会社に化ける可能性も非常に高いのです。
Jenco ジェンコ 登録方法 入会方法 入金 簡単に申し込むことが可能 スタートは3000ドルから
Jencoという新しいサービスが2020年9月1日から開始されました。 Jencoというのは日本語でジェンコと呼ばれるサービスとなっています。 このJencoというサービスというのは、アービトラージシステムを用いて、分散型金融を行う画期...
その凄さは本当にすごいです。創業者の考え方は本当によく考えられている人だと思います。 モッピー!ポイ活応援ポイントサイト

ちょっとだけの贅沢

ちょっとだけの贅沢ってどれくらいですか?例えば小遣いをもらっているお父さん!!

これを見ているのはお父さんだけではありません。おかーさんもです。ひょっとすると高校生や大学生もこのページを見る可能性があります。

人によってちょっとだけの贅沢の金額は異なる可能性は非常に高いわけですが、ちょっとだけでも贅沢したいですよね。

おそらく1万円ほど毎月お金が増えたらちょっとだけの贅沢が出来るんではないでしょうか。

例えばワンランク上の店に行ってみよう!ということも1万円あれば出来るかもしれません。

1回家族サービスをするというのもいいのかもしれません。このようにワンランク上ということや回数を増やすということは非常に贅沢なことなのです。

元々人間というのは収入に見合ったことしかできません。借金をする人もかなり多いわけですが、実は借金をしては本当に意味がありません。

利子は本当に無駄かつもったいないのです。

そういうことをわからない人も非常に多いのです。今生活出来ないからという理由で借金をしてしまうのです。生活費に消える借金というのは多分返すことができません。

それくらい切羽詰ったとしても借りることはNGです。基本的にしてはいけません。

小遣いを増やす

モッピー

お財布

こちらのサイトを見てもらいたいと思います。

少しだけでも小遣い稼ぎに関して貢献出来ると思います。

実はこのようなサイトを繰り返し実施していくのです。

それだけで貯まるものはたまります。とはいうものの毎月1万円を貯めようとおもうと結構たいへんかもしれません。

それでもないよりましという気分でやるしかないでしょうね。

遊ぶためには小遣いが必要

遊ぶためには小遣いが必要です。そのためにはやはりお金を稼ぐ力を身につける必要があるわえkです。

稼ぐ力を身につけるということは、非常に重要なことです。

このサイトを見ているということは、それなりに稼ぎたいと思っている人だからだと思います。

お金に関してはよく考える必要があります。

お金に関してよく考えることで、お金に好かれるようにする努力が必要なのです。

小遣いを増やすということは非常に重要なことですが、やはり動きだすことが大事です。

少しでもこのサイトの他のページを参考にしてもらいと思います。

お金を増やすためには努力が必要

お金を増やすためには努力が本当に必要となります。お金を増やすということは、非常に難しいことですが、実はお金を増やす方法というのは、それほど多くはありません。

・労働の対価
・資産の運用

実はこれくらいしかお金を増やす方法というのはないのです。
そう考えると簡単だと思いませんか?

またこの2つのお金の稼ぎ方として儲かりそうなのってどちらですか?

たいていの人が資産の運用という人のほうが多いと思います。
ただそちらを選択する人というのは、そこまで多くないのです。
資産運用をメインに考えている人というのは、そこまで多くはないのです。

にも関わらず労働の対価としてお金をもらうほうを選択してしまうわけですね。それって少し違うと思いませんか?

日本の教育の刷り込み

日本の教育でそのようなことがすでに刷り込まれているのです。
日本の教育では、いい高校、いい大学に入って、いい会社に入ることがよいことと言われております。
そのため日本で起業する人が非常に少ないということもそういうことが原因の一つに挙げられるかと思います。
ただ本当にそうなのでしょうか?

頭のいい人なんだからもっと儲かる方法考えられそうなのに・・・と思う人もいるのかもしれませんが、実はそのようなことをする人というのは、極稀なんですね。
ただ労働の対価として儲かるということも社長なわけですが、社長と社員どちらが普段自由な時間がありそうですか?
と言われても、たいていのほうが社長のほうが時間がありそうと考える人が多いのです。

それでも社長になる人はあまりいないのです。サラリーマンを選択してしまうのです。
単純にみんなサラリーマンだからということでそれを選択しているのではないかと思います。

一度サラリーマンになると抜け出すことは非常に難しいのです。サラリーマンが悪いわけではありませんが、自由も少なく莫大なお金をもらうこともあまりできず、それでもサラリーマンを選択するのです。
サラリーマンの先には安定が待っているからです。
その安定を取ってしまうのです。

生涯年収が仮に3億円だったとしましょう。
10年で3億円稼ぐ可能性のある仕事よりも、40年の3億円を取ってしまうということになります。

それが多くの日本人の現実なのです。