無料で暗号資産をマイニングする方法

BTC ビットコインの将来の価格は確実に数千万に 半減期の翌年に確実に上がる可能性が高い

ビットコインで稼ぐ
Piと呼ばれる暗号資産となります。
無料でマイニングに参加し、無料で暗号資産をGETすることが可能となります。
費用ゼロで暗号資産をGETできる方法となりますので、一度チャレンジしてもらいたいと思います。
Pi Network
Pi is a new digital currency being developed by a group of Stanford PhDs. For a limited time, you can join the beta to earn Pi and help grow the network.

こちらから登録し、招待コードに「ino778899」を入れると1πの暗号資産をGETできます。

BTCいわゆるビットコインですが、名前を聞いたことくらいある人も多いのではないかと思います。

BTCの価格がなぜ上がっているか知っていますか?

無料で暗号資産をGETできる方法

Piと呼ばれる暗号資産となります。
無料でマイニングに参加し、無料で暗号資産をGETすることが可能となります。
費用ゼロで暗号資産をGETできる方法となりますので、一度チャレンジしてもらいたいと思います。
Pi Network
Pi is a new digital currency being developed by a group of Stanford PhDs. For a limited time, you can join the beta to earn Pi and help grow the network.

こちらから登録し、招待コードに「ino778899」を入れると1πの暗号資産をGETできます。
✔無料で暗号資産をGETしたい人におすすめ
✔暗号資産のマイニングは無料で稼ぐ

基本的に暗号資産というのは、マイニングもしくは買うしか手に入れる方法がありません。それが購入ではなく、無料でマイニングに参加できるので、ぜひ検討してもらいたいですね。
暗号通貨 仮想通貨を無料で貯められる Pi πがおすすめ 今後マイニングで価格がついたら儲かるかも?
暗号通貨を無料で貯めることができたらよくないですか? 今回紹介したいのは、仮想通貨を無料で貯められるPiと呼ばれる通貨がおすすめです。 スマホだけでマイニングが可能 スマホだけでマイニングが可能になっています。 こち...

スマホアプリとなりますので、アプリをダウンロード頂き、登録いただければと思います。
毎日マイニングができますので、上場時に現金化することもできるでしょう。
モッピー!ポイ活応援ポイントサイト

BTCの価格が上がる要因

BTCの価格が上がる要因というのは、大きく2点あります。

✔埋蔵量が限られている
✔投資対象としてはまだ小さい

本当はもっと色々あると思いますが、現時点ではこの2点が非常に多いのではないかと思います。

デジタル・ゴールドとも言われているビットコインですが、本当にこれから価格は上がるのでしょうか?

引用元:Google

こちらGoogle検索で簡単に表示させることが可能となっていますので、確認いただければいいと思いますが、2017年にビットコインバブルがやってきました。

その後バブルが崩壊しています。

2018年に価格下落しているのですが、徐々に盛り返してきています。

半減期の翌年の確実に上がる

半減期というのは、4年に1度やってきます。

半減期というものを聞いたことある人もまだ少ないのではないかと思います。

✔マイニング時BTCを貰える額が半分に
✔4年に1度半減期を迎える

半減期は最近では、2016年、2020年が半減期です。

次の半減期は2024年となり、その翌年ということで、2025年にはBTCの価格は数千万まで行くのではないか?と言われております。

人によっては億を超えるかも?という人もいるくらいなのです。

なぜ半減期の翌年は上がるのでしょうか?

半減期というのは、マイニング報酬が半分になるため、マイニングしづらくなるわけです。マイニングしづらくなるので、1BTCを貰えるだけのコストが上がるわけです。

コストが上がるということは、それだけBTCを貰える時の価値が上がるということになります。

そこに投資家がお金をつぎ込むわけです。

よって2021年の後半にかけて、一度1000万近くにまで価格が上昇した後に、2022年から徐々に価格が下がっていくことは間違いないかと思います。

2021年にも一度700万くらいにはワンタッチしましたが、2021年の年末にかけて、一度それを超えるとは言われております。

その後2022年から400万円台くらいで1BTCは推移すると言われております。

そして2023年、2024年から徐々に上昇相場になり、2025年で爆発する可能性が非常に高いのです。

2019年から2020年あたりは60万から120万あたりでしたが、それが5倍程度まで平均単価が上がる可能性があります。

投資対象としてはまだ規模は小さい

投資をする人なら知っている人も多いと思いますが、投資対象にどこの市場を選択するのか?と言われた時にどこを思いますか?

BTCへの投資を選択する人というのは、まだそこまで多くはないと思います。

おそらく株や、先物、金へ投資するという人のほうがまだ世界的に見ても多いのです。

株を持っている人と、BTCを持っている人どちらが多いでしょう。まだ株を持っている人のほうが圧倒的に多いと思います。

それはまだBTCが投資対象になっていないということなのです。

しかしながらこれが投資対象として見ている人なら、今かなり盛り上がっている市場であるということは知っている人も多いのです。

まだ日本人の4%程度しか暗号資産を持っていないと言われております。

そのうち1BTC持っている人は何人いるのでしょうか?

正直なところ人ベースで考えると、ほとんどいないのではないかと思います。

BTCは怪しいと思う人も多い

BTC自体はまだ怪しいと思っているいわゆる現金主義の人もまだ多くいます。

怪しいというのは、よくわからないから怪しいわけで、わかったら本当に便利なものとなります。

BTCに関する情報というのは、世の中にはかなり多くあります。

ただ世の中の人は知らないという人も多くいることから、普通の話題として上がらないケースも非常に多いわけです。

まだ保有している割合が4%なので、わからないからという人が多いわけです。

✔BTCはわからないから怪しいと思う人も多い
✔BTCは目に見えないものなので、不安視する人も多い

結局のところ目に見えないものは不安で仕方ないという人も一定数いるわけです。そういうことを考えると、BTCはまだまだ怪しいものとして認知されるわけです。

怪しいと思う人が多いうちに手に入れておけ

怪しいと思う人が多いということは、まだBTCを手にすることはその人たちはありえません。

それならその人たちがBTCがないと不便だと思う頃には、BTCの価格は上昇しきっていると思いませんか?

それならそれよりも早い段階で少しでもBTCを手に入れておくことをおすすめしたいわけです。

BTCというのは、まだティッピング・ポイント前だということでいいと思います。

ティッピング・ポイントを超えると爆発的にみんな欲しくなるわけです。その頃には購入することが出来ません。

✔ティッピング・ポイントを超える前に手に入れておく
✔ティッピング・ポイントを超えたらなかなか購入出来ない価格帯に

このティッピングポイントというのは、15%程度でやってくると思われますので、まだ数年かかるでしょうね。

それまでに1BTCという資産を築きましょう。

1BTCが富裕層になるというくらい、将来性はかなりあるかと思います。

BTCが法定通貨になった国も

ビットコイン、法定通貨に 世界初、不安の声も―エルサルバドル:時事ドットコム
【ニューヨーク時事】中米エルサルバドルで7日、代表的な暗号資産(仮想通貨)のビットコイン(BTC)を法定通貨にする法律が発効した。BTCの法定通貨化は世界初。ただ、取引に使う公式アプリが、米アップルやグーグルが運営する配信サイトでダウンロードできないなどのトラブルが発生。価格変動が激しいBTCの使用を不安視する声も上が...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、エルサルバドルでBTCが法定通貨として認められました。

ただBTCはボラが大きいので、法定通貨には向かないという声もあります。

ボラが大きいというのは、価格変動が大きいということです。

ボラというのはボラリティということです。このボラが多いと、結構使い勝手が悪いわけです。またBTCは送金手数料も結構高額なことからどこまで法定通貨として使えるのかわかりませんが、世の中の流れというのは、デジタル通貨へ目を向かれているということがわかるのではないかと思います。

BTC以外の通貨が法定通貨になる可能性も

これは私の見解ですが、BTCというのは、今の法定通貨で言えばドルと同じような役割です。

ただBTCというのは、先程もお伝えしたようにボラが大きいので、ボラの小さい通貨というのは、暗号資産の中にはあります。

それらの通貨を利用しかつ送金手数料も非常に安価な通貨を利用することで、かなり現実味が増すのではないかと思います。

BTCのいいところというのは、発行元がないというところですが、暗号資産の中には発行元が存在するもののほうが多いわけです。

それなら国がデジタル通貨を発行してもいいのです。それなら法定通貨になりやすいわけですね。

✔法定通貨の役割を担う通貨があってもおかしくはない
✔法定通貨となれば、国民も必要に迫られる

日本でいえば、PayPayなどのQRコード決済をデジタル通貨で行えるようになれば、間違いなくメリットがあるのではないかと思います。

ビックカメラ ビットコイン
ビックカメラ.comでもbitcoin(ビットコイン)がご利用いただけるようになりました!
電子マネーチャージ|ディーカレット
ディーカレットの電子マネーチャージ。ディーカレット(DeCurret)は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、などの暗号資産(仮想通貨)の購入・売却等が可能な取引所。国内金融機関と同レベルのセキュリティ対策をおこなっているデジタル通貨のメインバンク。

すでに日本で利用することができるような形になっているわけですね。

今後使える通貨が増えれば、それだけ普及が広がるのではないかと思います。

使える場所が増えれば価値が上がる

使える場所が増えれば、確実に価格は上がります。

単純にそれだけなのです。みんなが欲しいと思えば価格が上がるというわけです。

暗号通貨決済ができるようになれば、現金に戻るということはもう出来ないはずです。

なぜなら現金は面倒だからです。

すでに電車に乗る時にスイカやイコカなどのカードを利用していますよね?

それも今はモバイルスイカなどもあり、カードすらなくなりました。スマートフォンですべて決済が可能となるのです。

スマートフォンで資産管理からすべて管理することができれば、正直なところもう現金はいらないということになります。

そうなれば、確実に価格は上昇するのではないかと思います。

BTCの価格が仮に1億になったらどうです?今ざっくり600万弱です。1BTC持っておくだけで、億万長者になれるわけです。いわゆる億り人ということになるわけです。

億り人になる可能性は、まだ今なら残っています。

ただこれが5年後であれば、億り人になれる可能性は非常に低いでしょう。その理由はある程度暗号資産の価格が上がりきっている可能性が高いからです。

その頃には利用できる店舗なども確実に増えていると思います。ひょっとするとティッピング・ポイントを超えているかもしれません。

それまでに少しでもBTCの購入を検討してください。