無料で暗号資産をマイニングする方法

マイホームを建てたい 貯金額はいくら必要? 年収はどれくらい?

コラム
Piと呼ばれる暗号資産となります。
無料でマイニングに参加し、無料で暗号資産をGETすることが可能となります。
費用ゼロで暗号資産をGETできる方法となりますので、一度チャレンジしてもらいたいと思います。
Pi Network
Pi is a new digital currency being developed by a group of Stanford PhDs. For a limited time, you can join the beta to earn Pi and help grow the network.

こちらから登録し、招待コードに「ino778899」を入れると1πの暗号資産をGETできます。

マイホームを建てたいと思っている人も結構いると思います。現在低金利時代に入っており、かなり安い金利でローンを組むことが可能になってきました。

会社によっては0.5X台なんてところもあるようですね。かなり安いと思います。

無料で暗号資産をGETできる方法

Piと呼ばれる暗号資産となります。
無料でマイニングに参加し、無料で暗号資産をGETすることが可能となります。
費用ゼロで暗号資産をGETできる方法となりますので、一度チャレンジしてもらいたいと思います。
Pi Network
Pi is a new digital currency being developed by a group of Stanford PhDs. For a limited time, you can join the beta to earn Pi and help grow the network.

こちらから登録し、招待コードに「ino778899」を入れると1πの暗号資産をGETできます。
✔無料で暗号資産をGETしたい人におすすめ
✔暗号資産のマイニングは無料で稼ぐ

基本的に暗号資産というのは、マイニングもしくは買うしか手に入れる方法がありません。それが購入ではなく、無料でマイニングに参加できるので、ぜひ検討してもらいたいですね。
暗号通貨 仮想通貨を無料で貯められる Pi πがおすすめ 今後マイニングで価格がついたら儲かるかも?
暗号通貨を無料で貯めることができたらよくないですか? 今回紹介したいのは、仮想通貨を無料で貯められるPiと呼ばれる通貨がおすすめです。 スマホだけでマイニングが可能 スマホだけでマイニングが可能になっています。 こち...

スマホアプリとなりますので、アプリをダウンロード頂き、登録いただければと思います。
毎日マイニングができますので、上場時に現金化することもできるでしょう。
モッピー!ポイ活応援ポイントサイト

貯金はどれくらい必要?

当然購入する家の額によっても違うわけですが、購入価格の2割を頭金として入れることができれば上出来と言われております。

サラリーマンがローンを借りる場合ですが、今の時代ならかなりの額を貸してくれるようになりました。

この不景気の中で借りることが出来るというのはかなりありがたいですが、借りるということは基本的に返済する必要があるわけです。

仮に3000万円の自宅を購入する場合なら600万は入れたいところですね。

それで残り2400万を35年で返せばいいと思います。

年収は下落気味

ここ最近の年収はかなり下落気味なので、400万円前後の年収があればローンは十分借りることが可能です。

400万円の年収なら2400万円くらいは貸してくれると思います。

恐らく3000万円ほどは貸してくれるのではないでしょうか。それなら夢は広がりますよね・・・

仮に3000万ほど借りた場合に変動で返したとすると今の金利からいうとざっくり8万ほどの返済額になります。

8万円って結構でかくないですか?その状態で本当に返せるのか不安になりませんか?

副収入で補う

やはりそういう場合は副収入で補いたいと思いませんか?

副収入で補うといってもそんなの出来ないと思う人もいるかもしれませんが、空き時間に副収入で稼ぎ出すことが可能なので、それほど難しくはありません。

副収入で稼いだ額というのは当然ながら貯金にまわしてもいいですし、ローン返済に使っても問題ありません。

副業というのはここ最近誰もがやっていることのようです。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

一番簡単に稼ぐにはこのようなポイントサイトがいいと思います。

無料で小遣いを稼いでいくのです。それにより少しでも家計の手助けが出来るというものなのです。

個人的には結構オススメしたいので、是非登録してみてください。

基本は2割の頭金

基本的には2割の頭金を入れる必要があります。2割の頭金って結構な額ですよね。

2割の頭金を入れるということは、3000万の家を購入した場合の600万円です。ざっくりですが、2500万ほどがローンとなるのです。35年で返す場合だと7万円弱ほどになるのでしょうか。

それならどうでしょう?家賃と比較しても返せなくはない額ではないでしょうか。

ただし手元に600万円あるかどうかです。最近では頭金なしでも自宅を購入できるケースも増えているようですが、基本的には物件価格の2割ほどは頭金として入れるということは覚えておきたいところですね。

たった2割だと思っても実際のところは額が相当多いためにかなりの額を頭金として投入することになります。

サラリーマンが10年仕事をして頭金としていれるのであれば、ざっくり毎年100万ほど貯金していく必要があるかと思います。

毎年100万円の貯金というとかなりの貯金額となっておりますが、仕方ないことでしょう。マイホームをたてたい人ならそれくらいの貯金は必須でしょうね。

頭金を入れておくことでローンの返済が楽になるというメリットもあります。ローンを借りるということは利息を返済する必要があります。頭金がある場合はその分のお金を借りる必要はないので、利息分オトクになるということです。

マイホームを建てるのは年収だけでは決まらない

マイホームを建てるということは年収だけでは決まりません。基本的には頭金というものも必要なのです。

頭金をがっつり入れることができれば、それだけローンが少なくてすむわけです。

年収というのはローンだけでは決まらないことが非常に多いので、ローンを組むための年収という感じで考えるといいと思います。

やはり一般的に年収の6倍のお金を借りることが可能ということになりますので、年収の6倍借りれるということは年収400万なら2400万ほどは借りることが可能です。

となればフルローンの場合だと2400万円の家を建てることは可能となります。

しかしながらそこまで安価な家というのはあまりないかと思います。となるとそれだけ頭金を入れる必要があるわけです。頭金を入れるとなるとかなり厳しいですが、それなりの家に住もうと思うのであれば、やはり3000万以上は準備する必要になるかと思います。

3000万となると頭金として600万ほど準備する必要があるわけです。それだけ準備できるのであれば、それなりの家を購入することが可能になるわけです。

どうせ住むのであれば、3000万くらいの家に住みたいですよね。年収400万の人なら貯金は600万は必要になるということがこのことからもわかるかと思います。

それが厳しいのであれば、家族でローンを組める人がいるのであれば、家族とも相談してローンを組み合わせることが可能になるのかもしれませんね。そこまでいけばそれなりの家を購入することが可能になるかと思います。