ネットから副収入を得たい人 簡単に稼いで見たい人 ばれないように副業したい人なら必見です。

ネットで小遣い

げん玉

ネットで不労所得を稼ぐということは基本的には間違い 仕事して稼いでいる。

投稿日:

ネットで不労所得を稼ぐということは基本的には間違い 仕事して稼いでいる。

ネットで不労所得を稼ぐということは基本的に無理です。

不労所得とはまさに自分が仕事せずとも稼ぐということです。

仕事をしないということはどういうことでしょうか?

仕事をしないで稼ぐ

スポンサーリンク

自分の所有物を貸して稼いだり、投資して稼いだりということでしょうが、これも貸したりする時に仕事しているわけで、投資するときにも仕事しているわけで・・・

本来の意味では不労所得とはいえません。

しかしながらネット上の不労所得というものも基本的にはありませんが、蓄積されていく中で、自分ひとりでは稼げない額を稼げるようになった。

それの部分は不労所得かもしれません。

そういう意味ではポイントサイトは不労所得に近いイメージでしょう。

スポンサーリンク

ポイントサイト

他のブログを書いて儲けるということは広告を出したいという人に自分のブログがマッチすることによって広告を出すことにより成り立つわけですから、実際のところではブログを書くという労働が発生するわけです。

ポイントサイトは何故不労所得に近いのか?ということですが、これの紹介制度というものを利用した場合です。

自分の紹介でポイントサイトは拡大しているわけです。

よって、誰かが紹介をやめたときはポイントサイトの拡大は終わります。

紹介するということはメリットがあるからです。

是非一度確認してみてください。

今なら250ポイントもらうことが可能です。

こちらがげん玉というポイントサイトになるわけですが、こちらは非常にお得です。

スポンサーリンク

本来の不労所得が稼げる

紹介をしていくというところは、完全な仕事ですが、数千人規模で紹介出来ればかなりの不労所得を手にすることが可能です。

実際に数千人規模で紹介をしている人もかなりいます。

それが出来るようになれば、完全な不労所得になるでしょう。

そこまではいかずとも毎月数千円でもはいってきたらいいと思いませんか?

本当にこういうサイトはあまりありませんので、是非オススメしたいと思います。

スポンサーリンク

本業を超える人も

副業で本業を超える人もいます。本業といってもたいていの人は時給の範囲内で仕事をしている人が多いと思います。

完全成果主義の人は違うと思いますが、普通の一般サラリーマンは毎月30万円の月給を得ることに対して毎月160時間働くという契約をしているのです。

その時の時給はざっくり2000円弱といったところでしょうか。

そしてその2000円の時給というのは実は翌年も同じだったりあがったとしても2050円程度にしか上がらないのです。

それが本業というものです。本業で時給5000円くらいまで行くというのは、大手企業でも部長クラスでしょうね。その時の日給というのが普通に考えると4万円です。

毎日4万円もらえるなんて夢のような話!と思っている人も多いと思います。一般的なサラリーマンが日給4万円をもらうというとかなりいい仕事ですよね。

しかしながら部長クラスでもその程度なのです。それがネットの世界なら実は本業以上に稼ぎだす人もいるのです。

ネットで稼ぐということは基本的に効率化です。効率よく稼ぐ人が非常に多いのです。

その効率よく稼ぐというのは実際のところほとんどの人が効率よく稼げないので、一部のすごく効率のいい人達によって稼ぎ出されているのです。

効率よく稼ぐことで毎日5万円以上稼ぐ人もいるのです。毎日5万円以上といってもそれは土曜、日曜も稼いでくれるわけです。

よって30日あれば、150万円を毎月稼いでくれる人もいるわけです。

しかもそれにかかわる時間は普通に5時間程度だったりするので驚きです。それが仮に1年間続けば年収ベースで2000万円程度になります。実際には経費もかけるので、年収2000万円というわけにはいかずに年収ベースで1000万円程度だと思いますが・・・

それでもかなりいいと思いませんか?

現実問題それくらい稼ぐ人がネットの世界にはかなり多くいるのです。

スポンサーリンク

本業を辞めるのは勿体無い

それでも本業を辞めるということは本当に勿体無いです。たとえ本業の年収が400万円だったとしても本業は社会的信用のもとになりたっているのです。

仮に年収が2000万円あったところで、あくまでそれは個人事業主としてあるだけなのです。

社会的信用というのはサラリーマンのほうが上です。生活レベルが個人事業主のほうが上だったとしてもサラリーマンのほうが社会的信用が上です。

そう考えるとサラリーマンをやめてまで副業を本業にするメリットはありません。

すでに自分が今子供も大きくなり、定年まで後5年程度で、後は好きなことをしたい!と思っている人ならいいと思います。

そうでないまだ20代や30代の人が副業が儲かるといって本業を辞める人が最近増えてきているのです。

本当にそれは勿体無いです。本業でしか得ることの出来ない経験もいっぱいあるのです。

世の中はお金だけではありません。経験や色々な刺激も必要なのです。

是非そういう人達は本業をやめずに副業もそれなりにがんばるというスタイルのほうが間違いないと思いますね。

本業を辞めずに副業は続ける

本業を辞めるリスクというのはやはりお金でしょう。毎月定期的に収入があるということでお金がなくなるというリスクが防げるのです。

お金がないとやはり生活は出来ません。会社をやめるということをそのリスクを被るわけです。

本業はやめるということはそれがリスクなのです。本業の収入を副業が超えてもやめてはいけません。

副業で稼げなくなるリスクもありますからね。本業なら基本的に会社が倒産するまで給料をもらい続けることが可能なのです。

いわゆる社畜になっても問題ないと思います。毎月確実に給料をもらえますので、それはそれでやめると本当にもったいないです。

副収入を効率よく稼げるサイトラインキング

げん玉で効率よく稼ぐ

副収入を作る

モッピー!お金がたまるポイントサイト

複数の収入を得る

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

-げん玉

Copyright© ネットで小遣い , 2018 All Rights Reserved.