ネットで小遣いを稼ぐことは継続は力なりと同じ 毎日少しずつでもやり続ける

ネットで小遣いを稼ぐことは継続は力なりと同じ 毎日少しずつでもやり続ける

ネットで小遣いが欲しい!ネットを副業にしたい!と思っている人も多いと思います。

やり続ける大変さ

是非そういう人にいいたいのは、収入がはじめはなくてもやり続けることです。

やり続けないと収入にはなりません。

それはどんな事業を始めるのでも同じです。

これを見ている大多数の人は公務員か会社員の方だと思いますが、会社員の方の誰かも創業書だったのです。

その創業者はなにかを信じて成功した結果会社を築いたわけです。

ネットの世界でもそうです。

信じるのは自分です。

自分が創業者なのです。

創業者が儲からないからやめた!といえば当然ながら会社は存続しません。

ネットで商売を始めるのはリスクが少ないので、是非始めてください。

今すぐにでも始めてください。

かなり低リスクから始めることが出来ます。

リスクといえば、文字を書くという労働のみです。

それを労働と捉えるか趣味の範囲と捉えるかは自由ですが・・・

とにかく自分が頑張らないとなにも始まりません。

是非ネットで何かを始めようと思う人は初めてください。

一番簡単に始められるのはポイントサイトです。

ポイントサイト

こちらから登録することで一旦は簡単に始めることが可能です。

無料サイトなので、是非一度登録してみてください。

このようなポイントサイトがネットでの稼ぎを得る為の第一歩になります。

一番簡単に始めることが出来るのではないでしょうか。

登録料が無料な上に今なら250ポイントもらうこともできるのです。

ポイントサイトの説明というのはこのサイトの中にも色々記載されているので、他のページを閲覧いただければいいかと思います。

今ポイントサイトというのはかなりの会員を集めており、すごい勢いで伸びているのです。

その理由はやはり小遣いを稼ぐことができるということでしょう。小遣いを稼ぐことができるということは非常にいいことですからね。

小遣い稼ぎサイトへの登録というのは非常にいいと思います。

創業者意識を忘れず

先ほども書きましたが、創業者意識を忘れてはいけません。創業者はとにかくはじめは死にモノぐるいで仕事をしていたと思います。

副業を開始する人って所詮副業だし・・・と思っていませんか?

確かに所詮副業です。本業があるのです。副業だけでは飯は食えないと思っていませんか?

ネットでの副業というのは本業以上に魅力的な仕事です。恐らく本業があるからということで、置き去りになっている人も多いと思います。

本業はなかったものとして考えることができれば、相当がんばると思いませんか?逆にがんばらないとネットでの商売というものは成り立ちません。

創業者意識をもって必死にがんばることで報われる日がやってくると思います。

とはいうものの創業者意識を継続的に持ち続けるということはかなり厳しいと思います。

基本的には自分で努力をするということが非常に大事なわけですが、自分で努力をするということはかなり困難なわけです。

努力を10年も20年も継続的に続けることというのは非常に苦痛なのです。

ただしその苦痛に耐えられた人というのは創業者意識を継続的に持ち続けることができるということなのです。

サラリーマンをしていると空からお金が降ってくるかの如く給料がもらえると思っている人いませんか?

それなりの大きな会社の組織にいるなら組織の縦割りに自分がおり、営業部門いわゆる稼ぎ部門にいる人というのは、ある程度採算を捉えることができるでしょう。ただし管理部門にいる人というのは営業部門の稼ぎによって食わしてもらっているわけです。

創業者意識のある人というのは、基本的にすべてバランス良くこなすわけですね。そういうことを考えると営業もやり管理もやりいわゆるなんでもやる必要が出て来るわけです。

空からお金が降ってくるなんて思っている人はいないでしょう。そういう意識が非常に大事なわけですね。

常に努力

2016年3月16日追記

始めた時と同じモチベーションでずっと続けることが大事です。

しかしながら収入ゼロが続くと本当に面白くないですよね・・・

そういう時は成功者体験を定期的に見るのです。そしてまた努力する。それの繰り返しです。

もし自分が副業と本業で年収1000万円を超えたら?などと想像するのです。

努力し続けることは本当に大変なことですが、年収1000万円という他の人がなかなか達成出来ない年収になれば、本当に楽しく続けることが出来るのです。

毎日1万円程度稼げるようになれば、年収1000万円も近いです。それだけで365万円ですからね・・・

後650万ほど本業で稼げればいいのです。とはいうものの本業で650万円稼ぐのも今の時代は難しいかもしれませんね・・・

それでも結局はやり続けるしかないのです。是非がんばってみてください。