ネットワークビジネスはねずみ講のようで嫌いな人が多いのはなぜか? 嫌いになる原因は?

GTR

ネットワークビジネスと聞いて、それだけで胡散臭いとかねずみ講みたいだということで、嫌いな人というのは非常に多いです。

なぜネットワークビジネスというのは、みんな嫌いなのでしょうか?

ねずみ講と勘違いしている

ネズミ講(ネズミこう)とは、後に無限連鎖講と呼ばれることとなった連鎖配当組織のことである。ネズミ講の「ネズミ」はねずみ算式に増幅することの例えで、「講」自体に悪い意味はあまりない。現在の日本では、無限連鎖講の防止に関する法律によって該当するものを罰則を持って禁止している。階層状の組織を形成する特徴からピラミッド・スキームとも言われる。

また、投資を運用せず自転車操業的に配当に回してしまう点が共通するポンジ・スキームを指して言うこともある。

なお、特定商取引法で規制されている連鎖販売取引及びそれらに類似したものの総称として用いる場合もある。

こちらウィキペディアからの引用となっています。

実はネットワークビジネスというのは、ネズミ講と勘違いしている人もかなり多いのです。

多分初期の紹介者が儲かると勘違いしているからではないかと思います。確かに組織上そうなる部分もあります。

ただ実際に組織の上位の人が儲かるのか?と言われるとそんなことはありません。

会社組織を同じ

ネットワークビジネスというのは、会社組織と同じとして捉えることができるのです。

この場合社長が一番収益を持っています。ある意味創業者が一番の利益を確保しているということは、当然のことなのです。

ただしネットワークビジネスというだけで、ねずみ講の意識が強く働くため、実際には会社組織と同じ考え方なのですが、イメージだけが悪いのです。

✔会社組織と同じ
✔イメージが悪いだけでネットワークビジネスはやらない人が多い

実際にネットワークビジネスというのは、アフィリエイト報酬で成り立っているビジネスということなので、やらないという人がかなり多いわけです。

後は権利報酬を得ることができるということや、楽に稼げるということでやり始める人も多いと思いますが、楽に稼げるビジネスなどこの世の存在はしません。

ネットワークビジネスは楽に儲かるは嘘

ネットワークビジネスに限らず、ビジネスで儲けるということは、簡単ではありません。

楽して儲けることができますというキャッチフレーズ=ネットワークビジネスという認識を持っている人も多いと思いますが、楽して稼げると本当に思いますか?

楽して稼げるならみんなやってますよ・・・

楽して稼げないからみんなやらないのです。

それならなぜ楽して稼げるとかいうの?という人も多いと思いますが、 楽して稼げると過信していることと、そうしないと信者を集めることができないからです。

簡単なことなのです。

✔楽して稼げるビジネスなどない
✔ビジネスは儲かる仕組みを構築した側が儲かる
✔楽して儲かるのは、苦労した結果楽に儲けることができる

起業した人ならわかるかと思いますが、起業した時というのは、寝ずに仕事をしたという人も多いのではないかと思います。

ビジネスが起動に乗って初めて、売上が上がり、顧客が付き、組織が出来上がるということは、どんなビジネスでも同じなのです。

ネットワークビジネスでもはじめは苦労するものです。苦労しないビジネスなどありません。

ネットワークビジネスの楽して儲かるは嘘です。

ただ一概に嘘とも言えない場合があるのです。

伝えた人が、勝手にすべて自己完結で広げていってしまう場合です。

伝えた人がかなり頑張って、組織を作ってきた場合は楽して稼げるという恩恵を受けることがあります。

しかしながら、そんな人はごく少数です。いわゆる選民というところでしょうか・・・ただそういう人を探し当てるということが、このビジネスの醍醐味ということもありますので、ネットワークビジネスに継続して関わるということは、かなりメリットがあることなのです。

人間関係が壊れるの嘘

人間関係が壊れるという人もいるかと思いますが、壊れることはありません。

それは壊れないやり方を知らないからです。

人間関係が壊れるという人がいるなら、やろうやろうってしつこく迫った場合だけではないかと思います。

いわゆる自分のためにビジネスを動かしている人であれば、儲かるはずはありません。

このビジネスはFor youで動く必要があるのです。

そこを履き違えている人が多いのです。For youで動くということは、相手の嫌がることはしなかったらいいのです。

これは絶対やらないと思ったら、それでこの話はおしまいにしたらいいのです。そして自分だけ変わっていけばいいのです。

変わっていくというのは、言動であったり、服装や持ち物だけをどんどんいいものにしていくのです。

口には絶対出しませんが、持ち物を変えていくことにより、相手からやっぱり儲かっているの?と聞いてくるわけです。

そして「あ〜儲かってるよ! 」とだけいえばOKです。

あえて誘う必要ありません。相手にもう一回教えてくれと言わせるまで、何もこちらから言わないほうがいいわけです。

相手から言うまで待つそれだけです。その時に教えてあげるということで、大丈夫なのです。