転売で稼ぐにはせどりを使う ヤフオクなどを用いて

コラム

転売ということはネットの世界が出来てからそれこそ簡単に出来るようになった。

オークションなどの普及により、転売というジャンルがかなり目立つようになってきました。

初月数百万稼ぐことも可能

こちら2020年9月1日から開始されたJencoというサービスです。シンガポールの天才元銀行員が立ち上げたベンチャー企業です。将来はマイクロソフトやAppleに匹敵する会社に化ける可能性も非常に高いのです。
Jenco ジェンコ 登録方法 入会方法 入金 簡単に申し込むことが可能 スタートは3000ドルから
Jencoという新しいサービスが2020年9月1日から開始されました。 Jencoというのは日本語でジェンコと呼ばれるサービスとなっています。 このJencoというサービスというのは、アービトラージシステムを用いて、分散型金融を行う画期...
その凄さは本当にすごいです。創業者の考え方は本当によく考えられている人だと思います。 モッピー!ポイ活応援ポイントサイト

100円ショップを利用する人も

中には100円ショップで仕入れてきて、転売するという強者も現れているほどだ・・・

近所に100円ショップがない人にとっては非常にいいが、100円ショップで販売しているものを500円などでうるというのはモラルに反しているようにも感じるが・・・

そうでなくても転売がネットの発達によって非常に簡単に誰でも出来るようになったことはある意味素晴らしいことだ。

まず転売とは安く仕入れて高く売るという非常に簡単なことだ。

最もよくやられる手法はせどりといって100円で本を仕入れてきて、定価よりも安く売る。

さらにはプレミアが付いているかもしれないというものを安く仕入れて高く売るという手法だ。

実はネットの世界では、自分が欲しくなくても世の中には欲しいと思う人がいるのが不思議なところだ。

売買の需要があれば、商売が成り立つ。

一番簡単なのはヤフオクで売却することだ。

是非一度検討してみてはいかがでしょうか。

せどりでよくやる手法

ブックオフのようなところで100円ほどでとりあえず本を大量に仕入れます。大量に仕入れた本を1冊100円以上の単価をつけて販売するわけです。

100円でも売れない本もあるかもしれませんが、2000円ほど付く可能性もあるわけですね。ブックオフは日本全国チェーン店としてありますが、その2000円ほどで購入する人の近所にはその本が100円では売っていないというケースもあるわけです。

そういう時に本当にこのせどりというものは重宝するわけです。

ある意味人件費がかかっているので、2000円で売却出来たとしても儲かるのかと言われると実際にはよくわかりませんが、在庫があればあるほど儲かるでしょう。

しかしながら100円でも一切売れない本もあるのも事実です。すべての本が高値で売れるとは限りません。値がつかないことも多くあるので、実際にやってみないとわからないのです。

そういうふうにせどりという手法は経費がかかる手法なのです。しかしながら100円以下の本しか仕入れないとなれば、意外とお得になるかもしれません。

せどりで儲ける人もかなり多い

せどりで儲けるということは仕入れが必要となります。となるとそれなりの軍資金が必要になるわけです。

軍資金のある人ならせどりでも可能かと思います。ただしせどりの軍資金といっても10万以下でできると思いますので、実はそこまで敷居の高いものではないのです。

せどりで儲けることのできる人というのは、先見の目というものも必要となります。せどりというのは先見の目というのは安く仕入れたものを高く販売するということです。高く販売するということは、いかに安く仕入れていかに高く販売するというものとなっております。

せどりはそのような先見の目が必要ですが、実際にはそこまでの先見の目がある人というのはどれくらいいるのでしょうか。おそらくそこまで多くないと思いますが、実際にはかなり難しいこともあるのではないでしょうか。