保険で将来の年金を増やす 最近のトレンドは保障が徐々に減る定期が多い

コラム

保険をかけることを悩んでいる人も結構多いのではないでしょうか。

保険というのはもしもの時に一時的にお金がもらえるものと考えている人もかなり多いと思いますが、当然ながらもしもの時にお金をもらえる為に保険に入っている人も多いです。

それと将来の自分の為に年金として貯蓄するのもいいと思います。

それではここ最近の保険のトレンドをお伝えしたいと思います。

徐々に保障が減るものが多い

昔の保険というのはいわゆる定期付き終身と呼ばれる保険がかなり多かったことを知っていますか?

終身保険というのは基本的に死ぬ時に必ずもらえます。いわゆる満期という考え方がない保険です。

それに定期保険という保険を追加するのです。たいていの場合は60歳満期なので、60歳までに死ぬと例えば終身部分の1000万円+定期保険の1000万円の合計2000万円が支払われるというものです。

昔はこのような保険が一般的でした。それが最近低減定期といって、加入時に仮に1000万もらえて、60歳近くになると100万円ほどしかもらえないような保険です。

若くてなくなったら保障がたくさん必要ではないかという考え方です。それでトータルの保険料を抑えている保険なのです。このような保険が主流になってきております。

年金で増やす

年金というものもここ最近かなり見直されております。公的年金だけで生活出来ない人がかなり増えてきているのです。

厚生年金に入っている人ならまだそれなりに年金をもらうことが出来ますが、国民年金だけの人は毎月の手取りは10万円以下になることが多いのです。

毎月10万円以下では生活はかなり厳しいですよね。よって自分で個人年金に入る人がかなり多いわけです。

それでも個人年金って毎月の支払いがかなり多いので、結構辛いですよね・・・

ただし将来65歳の時点でざっくり2000万円〜3000万円は貯蓄としてもっておきたいという人もかなりいるのです。

その人たちは現役世代の時からそれなりの保険をかけておく必要があるわけですね。

保険は不要と考えている人でも保険は必要になるときがやってくる可能性があるのです。

うまく見なおしてお得に契約して欲しいと思いますね。

逓減定期にはトータルの保険料を抑えるため加入者が増えた

逓減定期というものはトータルの保険料を抑えることができるため加入者は飛躍的に伸びました。

また逓減定期というのは実際の利用者の声からしてもニーズにあっている保険であるということは認識できる人もかなり多いのです。

また最近増えているのは保険料が一生上がらないというものも非常に増えてきております。保険料というのは10年で見直しが入るものが非常に多かったわけですが、最近は一生上がらないという保険が非常に多いです。一生保険の料金が上がらないということは非常に重要なことではないでしょうか。

保険料金が上がるということは、将来的にはやはり不安です。保険料の上がるタイミングで保険を解約してしまうという残念ながら本末転倒なことをしてしまう人も多いわけです。

また保険料金が一生上がらないということは保険会社にとってもかなりのメリットがあります。一生上がらないということで、クレームも減るわけです。保険料がある月から突然上がればクレームもかなり多くなることが予想されます。

そのクレームというものが非常に少なくなるということも非常にメリットのあることかと思いますね。

そういうことを考えると保険料が上がらないということと逓減定期ということが今後保険を飛躍的に伸ばしていくためのキーワードになることは間違いないでしょう。

逓減定期保険に加入したい人にとっては非常にいいことが多いと思います。