ワーキングプアを乗り越え 収入を副業で増やす

コラム

ワーキングプアという言葉はここ最近出てきましたが、ざっくりワーキングプアの年収というのは、200万円未満の人のことを指すようです。

年収200万未満というと、正直なところ毎月の手取りは10万ちょっとくらいになるでしょうか。

最低賃金で仕事なら

最低賃金で仕事をしているならこの程度の年収になると思われます。

時給800円で8時間仕事をすると6400円です。これを20日働くと、128000円となります。

1536000円というのが年収になるわけです。

要するに最低時給で毎日せっせと仕事をしても年収150万ほどしかないことがわかります。

時給が1000円だとしても毎月の収入で16万円ほどです。

これでも200万に到達しません。

200万未満の年収が増えても仕方ない

時給1000円と聞いてそれほど安いとは思わない時給ではないでしょうか。

それでも年収200万円には届かないのです。

年収400万なら時給換算で2000円はもらう必要があるわけです。

そう考えると2000円の仕事なんかあるの?と思うかもしれませんが、ざっくり30歳くらいになると400万円程度を稼ぐ人も現れてくるのは事実です。

年収600万なら時給3000円?ということになりますよね・・・

ここくらいまでいくと残業代なども入って600万円という人もいると思いますので、実際には時給2000円~2500円くらいで仕事をしている人も多いと思います。

ここまでいけば正社員でないと結構厳しい年収かもしれません。

みんななりたいのは正社員

やはりこういうことを考えるとみんな正社員になりたいと思うのは当然でしょう。

どうせ仕事をするなら時給の価値を高めるほうがいいですよね。

しかしながら時給で話をするのは実はナンセンスです。

ネットの世界には時給という概念があまりありません。

当然ゼロというわけではありませんが、概念がかなり変わってくるでしょう。

時給1万円という夢のような数字が見えてくることもあるのです。

それがネットの世界なのです。

よくわからない人は私のこのサイトを色々みてもらえればいいと思います。

ワーキングプアというのはここ最近出てきた言葉ですが、これからも日本でワーキングプアという言葉もどんどん増えてくるでしょう。

仕事しているけどもらえる給与が少ないという人が非常に多いのです。

ここ最近年収200万円以下の人も非常に多い

毎月の収入が15万円程度という人も非常に多いです。

それこそ非正規やパートなどで仕事をしている人というのは、毎月の手取りは十数万円しかないなんてことはしばしばです。

やはりお金は欲しいですよね・・・お金はないよりあったほうが確実にいいのです。

そういう人達は儲け方を知らないのです。雇ってもらう儲け方しか知らないので、そういうことになるのです。

これからは雇ってもらう儲け方よりも大事な儲け方があるのは間違いありません。

年収200万円以下なら正直なところかなり厳しいでしょう。生活をしていくことがやっとと思っている人がかなり多いと思います。

それでも年収200万以下の人というのはかなり多いです。200万以下で生活をしなければならないということがかなり苦しいわけですが、実際にはその給与で仕事している人はまさに貧乏ヒマなしといったところではないでしょうか。

今後増えるワーキングプア

今の日本ではこれからどんどんワーキングプアが増えていくと予想しております。

なぜか?ということですが、やはり上流のいわゆるお金を稼ぐことをわかっている人からすれば、ワーキングプアの人たちから搾取すればいいくらいにしか思っていないのです。

あえて搾取されているわけでもありませんが、ワーキングプアの人たちは稼ぎ方がわからないので、時給通りに働くのです。

最低時給を上げろ!とよく言いますが、結局自分達の権利しか言っていないわけです。

そういう世の中の風潮では、それこそ労使一体という感じにはなりません。

よって今後はさらに溝が深まり、残念ながらワーキングプアの人たちはさらに仕事しにくくなるでしょうね・・・

最低賃金が増えても生活は苦しいまま

最低賃金がここ最近徐々に増えておりますが、生活は苦しいままです。

生活に必要なお金がもらえないという人がかなり増えているのです。

共働きで奥さんだけがパートに出ているというところならまだマシだと思いますが、そのパートですべての生活をまかっているという家庭はかなり生活は厳しいと思いますね。

最低賃金というのはある意味労働者を守るための賃金となっておりますが、最低賃金が増えると経営者もかなり厳しいのです。

それでも立場的には経営者のほうが上となっており、ある意味生活が楽というのは経営者のほうが多いでしょう。

そういう観点から最低賃金というものは増やされているわけです。

仮に1000円もらったとすると毎月200時間の労働で20万円です。

20万円もらってもそこから所得税などをひかれることになるので、実際の手取りは17万ほどになるのではないでしょうか。

年金や健康保険などをそこからまた捻出する必要もあるのです。住民税などもそこからひかれます。

結果的に手取りというものは少なくなってしまうわけです。

17万円なら5万円住居費にかけてしまうと残りの収入で食費などを賄う必要があり、相当厳しいということがこれを見てもわかるかと思います。

最低賃金が増えてところで、最低賃金で仕事をしている人がまだ大勢いるためにかなり厳しいと思われます。