投資家のメリットは時間とお金の両方が手に入る 自由に生きることができる

コラム

投資家というのは、お金を持ってそうなイメージがありませんか?
貯金が100万とか200万しかないのに投資家ということもないでしょう。
投資家のイメージって人によっては違うと思いますが、どんなイメージがありますでしょうか?

初月数百万稼ぐことも可能

こちら2020年9月1日から開始されたJencoというサービスです。シンガポールの天才元銀行員が立ち上げたベンチャー企業です。将来はマイクロソフトやAppleに匹敵する会社に化ける可能性も非常に高いのです。
Jenco ジェンコ 登録方法 入会方法 入金 簡単に申し込むことが可能 スタートは3000ドルから
Jencoという新しいサービスが2020年9月1日から開始されました。 Jencoというのは日本語でジェンコと呼ばれるサービスとなっています。 このJencoというサービスというのは、アービトラージシステムを用いて、分散型金融を行う画期...
その凄さは本当にすごいです。創業者の考え方は本当によく考えられている人だと思います。 モッピー!ポイ活応援ポイントサイト

投資家のイメージは?

投資家のイメージというのは、みんなどのようなイメージがあるでしょうか?
お金を持ってそうなイメージですか?持ってなさそうなイメージですか?

多分お金を持っているイメージが強い人のほうが多いと思います。

投資家は自由な時間がありそうですか?なさそうですか?と答えたらどうでしょう?
時間もありそうなイメージしかないかと思います。

ある意味羨ましがられる職業ではないかと思っています。

ただその投資家ですが、子供の頃からお金も自由もある投資家になりなさいという教育を受けてきたでしょうか?
おそらくそんな教育を受けてきた人は少ないと思います。

日本の教育は奴隷制度を作る

日本の教育というのはどうでしょうか?
いい学校に入って、いい会社に入社して一生安泰というようないわゆるレールの上を走るような道筋が出来上がっていると思いませんか?

いい会社ってなんですか?安定なのでしょうか?
大企業だからといっても定時というものがあり、毎朝9時に出金し、18時まで仕事をするという自由は奪われているのです。

投資家からすると、確実にお金も稼げてないというでしょうね。

それでも日本の教育はそのような教育をするのです。
なぜ投資家のような選択肢があるにも関わらず日本ではそれを教えないのでしょうか?

日本で投資家を教えない理由

儲けとリスクが紙一重だからです。儲かる人は儲かりますが、やりすぎるとギャンブルと同じだからです。
よって日本では投資家という職業を教えることはないのです。
勤勉というのは、サラリーマンになるということが日本では当たり前になっているのです。
サラリーマンというのは、定年までいわゆる奴隷なのです。
日本ではサラリーマンになることが、美徳とされており経営者は特別な人という存在なのです。
また出世という考え方もかなり多くあると思います。出世というのはサラリーマン競争の中で勝ち取るというイメージですが、本来お金儲けに出世というのは必要でしょうか?
投資家は出世などしません。
ずっと投資家なのです。その中で儲かった、損をしたということを考えているだけなのです。
それでもやはり日本では、投資家というのはマイナスなイメージがありますよね。
いわゆる楽して稼ぐというイメージが強いのではないのでしょうか。

ただ楽して稼ぐということが悪いわけではありません。単純に1時間あたりの単価が1000円の人と10万円の人どちらが楽して稼いでいるのかというと10万円の人のほうが楽して稼いでいるように感じます。
ただ時給10万といってもそれまでかなりがんばったのです。がんばった結果が10万円なのです。
ただサラリーマンの世界で時給10万円を貰える人なんてほとんどいないでしょう。
そうなるためには、ビジネスオーナークラスではないかと思いますね。