Jenco ジェンコ ジュビリーエースの組織作りは初めが大変 組織作りは啓蒙活動から始まる

ビットコインで稼ぐ

Jencoやジュビリーエースをやっている人が感じることは組織作りの難しさでもあり楽しさではないかと思います。
組織を作っていくことは、実に大変な作業となりますが、ある程度組織作りができると、放置していても稼ぐことが可能なのです。
ただ組織作りを初めに失敗してしまうとなかなか大変なことが起きてしまいます。

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト

Jencoの組織作りとは?

組織を作っていくということはどういうことか?ということですが、バイナリーボーナスを得ていくことなのです。

自分ー紹介者ー紹介者
  |
  ー紹介者ー紹介者

このような形で組織を作っていくのですが、紹介者を作る時というのは、いわゆる商談となります。この商談というものが面白くもあり楽しみでもあります。

そもそも自分が紹介できる人というのは、そこまで多くはありません。
普通の人なら20人も紹介者を出せれば十分ではないかと思っています。

ただ20人もの紹介者を出すことって容易なことではありませんし、全員がきっちりやるとは思えません。

実は組織作りというのは、自分が紹介した人の中でビジネスとして動いてくれる人を探す仕事となるのです。

紹介した人がまた紹介者を出すという連鎖を行うことが非常に重要なこととなります。

紹介者が紹介者を出すということ

自分ー紹介者ー紹介者の紹介者ー紹介者の紹介者の紹介者

このように自分は1人しか紹介していないにも関わらず、紹介者の紹介者の紹介者まで出ている状況なのです。
この状況であれば、自分は1人しか紹介していないにも関わらず、組織としては伸びていくわけです。
これが1人ではなく、2人だしていけば??となっていくわけです。

このような連鎖を行うことで、組織作りというものをしていくのです。
ただこのビジネスというのは、本気でやる人をどれだけ探すのか?ということが非常に重要な要素となります。
本気でやる人というのは、全体の3割と言われています。
全体の3割の人をどんどん成長させていくということがこのビジネスとなります。

そのため本来なら自分は10人紹介者を出して、そのうち3人が動いてくれると仮定するのであれば、それを左右にそれぞれ出していけばいいのです。
後はその方々とともに成長していくことが非常に重要な要素となっています。

組織は自分ひとりで伸ばすわけではない

組織というのは、自分ひとりで伸ばすわけではありません。複数人が共同でやることになるのです。
複数の人が共同で行うことで、確実に組織を伸ばしていくことが可能なのです。
Jencoをやっていると、投資だけで十分と言っている人いませんか?

人には紹介したくないという人です。わざわざ人に紹介することなく、自分ひとりで投資として楽しむ人も中にはいるのです。
投資で楽しむ人はビジネス要素が非常に少ないので、ビジネス要素としてやってもらうことはないのです。

ただ投資の観点で楽しんでいる人も、ビジネスにすると回収が早くなるということを教えてあげることで、投資ではなくビジネス要素に転向する可能性も十分にありえるわけです。
投資性の強い案件となっていますので、投資として行っている人は複利をきかせるために、どんどん増資してもらうことをすすめるとしたところで、結局のところ1人の増資なんて大したことありません。
1万ドルでスタートした人が増資したとしても2倍になるまでに10ヶ月ほどかかるわけです。それであればその人に紹介者を出してもらうほうが確実に早くなると思いませんか?

紹介者の中にはどんどん紹介を出す人も出てくるのです。本気で取り組んでくれる人なら、すぐに10人くらいの紹介者を連れてくる可能性も非常に高いわけです。

まさにそれが他馬力と呼ばれるものなのです。

ネットワークビジネスでは他馬力を活用することがいい

ネットワークビジネスというのは、他馬力を活用しない手はありません。組織として見た時に営業部門があったとして、その下には営業課が1課、2課とあり課員がいる組織を想像してみましょう。
まとめるのは部長かもしれませんが、日々の売上を作ってきてくれるのは、課員なのです。その課員もやがては組織を持つようになり、課長になるわけです。

ネットワークビジネスの組織作りも結局課長をたくさんつくっていけるかどうかというところが非常に重要な要素になります。
課長は問題点の把握から課員への指示やポテンシャル維持に努めていきます。
その役割をどんどん担っていくのです。
組織が大きくなれば、課ではなくその下に係なども生まれるかもしれません。
その係などをまとめていき、課長にまで昇進していくということを組織作りの中では重要視しているのです。

そして部長は課員の困りごとをまとめて聞くミーティングの場を儲けたり、どうしたらいいのか?という部分を集約して会社側に聞きに行ったり、または一緒に連れ添っていったりとしていくわけです。
そのようなことをしながら組織を大きくしていくわけです。

組織作りで一番大変なのは上位組織

どこの組織でも当てはまることなのですが、上位組織にいる人というのは、課員の幸せを常に考えています。
そうでなければ、組織運営の成功は生まれません。
上位組織にいる人は課員がどうすれば、稼ぐことができるようになるのか?という部分を熱心に考えています。
そうすることで、課員は上をみて仕事をするようになるのです。

結局セミナーへの参加を上位組織の人が誰も行わない場合、課員はそのセミナーへの参加は行わないでしょう。
結局のところ組織作りというのは、その上位組織にいる人の背中を見ながら育っていくのです。
よって組織作りでいかに重要なのかというのは、上位組織にいる人たちがいかに頑張るかというところなのです。

この組織作りを成功させた人が、ネットワークビジネスでは莫大な利益を得ることが可能なのです。
またそれは課員の結果だと思い続けることも非常に重要な要素だと思います。
お金を稼ぐことは、自分のために稼ぐということかもしれませんが、他人の困りごとのために動くことで結果的に収入を得ることが可能なのです。

組織作りが上手な人はお金儲けも上手です。早くから初めたほうが間違いなくメリットがありますが、後発組だったとしても熱意と誠意があれば後からでも逆転することは可能なのです。
早く初めても組織を作ることがあまり上手ではない人なら、残念ながら稼ぐことはできません。
いかに組織作りを上手に行うかがこのビジネスのキモになることは間違いありません。

7つのステップの実践

7つのステップの実践が組織作りには非常に重要となります。

Jenco ジュビリーエース 成功の鍵はすぐに行動 7つのステップを実施する
ジュビリーエースをビジネスとして捉えようとしている人も結構多いのではないかと思います。ジュビリーエースをビジネスとして捉える上で非常に重要なことは、成功している人に聞くということです。 成功している人は答えを持っているのです。成功している...

こちら7つのステップを実践することで組織を作っていくことが可能となります。いかにこの7つのステップを実践するか?ということが非常に重要な要素となるのです。
7つのステップを実践することは、誰でも簡単に同じやり方でやっていくのです。
同じやり方に落とし込んで上げるということは、さほど難しいことではありません。

この中でも事業計画を行うということが非常に大事だと思います。
事業計画を立てることというのは、日々のやることまで落としていくのです。
毎日のルーティーンを作っていくということが非常に重要な要素だと思っています。