Jenco ジェンコ ジュビリーエース 会社への確信 信頼 詐欺ではないこと 客観的な指標から読み取る

ビットコインで稼ぐ

Jencoやジュビリーエースはネット上でかなり叩かれていることは知っている人も多いと思います。
ただこのJencoやジュビリーエースに関して、詐欺かどうかということは、実際にやっている人は詐欺ではないと思っています。

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト

なぜネットでは詐欺だという書き込みが多いのか?

そもそもネット上では詐欺だという書き込みが非常に多いのでしょうか?

このようにネット上には色々な書き込みがあるのです。

なぜこのようは書き込みをわざわざするのか?クソゴミ詐欺ポンジスキームとか書いてありますが、すごい残念な書き方ですよね。世の中には人の批判だけをする人も結構多いのです。別にそう感じているなら否定しませんが、マイナス要因を書く人というのは必ずいるのです。

詐欺ポンジ・スキームとか記載がありますが、詐欺である証拠やポンジである証拠をこのツイッターの中で示せていません。根拠のない詐欺なのです。根拠があるなら客観的な指標を出してから書いてほしいですね。

別にマイナス要因を書かれたからといって別に大きな問題はありません。

それにはやっている人なりの理由があるからなのです。やっている人はやっていない人にはない理由があるからなのです。

Jencoやジュビリーをやっている人が詐欺だと思わないのか?

なぜやっている人は詐欺だと思わないのでしょうか?それは特に大きな問題も起きていないからです。

Jenco ジェンコ ジュビリーエース 出金できない問題 トラブル 会社 倒産? 大丈夫なの? 実態はどうなの?
Jencoで出金できない問題が発生したことは知っていますでしょうか? Jencoで初めての出金を行いましたが、出金ができなかった問題が発生しました。 9月1日から9月15日の間にJenco及びジュビリーエースから出金した人が対象...

実は2020年9月に出金問題がおきましたが、これに関しても会社はきっちりと対応をしてくれます。
すでに出金していた人に関しては返金作業も行われたということになりますので、特に大きな問題にはならなかったと思います。
ただこの出金ができないというトラブルにおいてはネット上では詐欺ではないか?
とかジュビリーエースが飛んだとか色々言われておりました。ただ実際に飛んだわけではなく単純にシステムトラブルということになります。
システムトラブルということは、会社にはつきものです。特にJencoが始まり初めての出金だったわけですので、システムトラブルはあっても仕方ないことかと思いますね。
ただ入金トラブルならまだしも出金時のトラブルというのは、あってはならないトラブルだと思います。
それは出金をすることを楽しみにしている人が多いからです。出金することを楽しみにしている人にとっては、間違いなくこれは面白くなことです。

それでも会社は誠意ある対応を見せてくれたおかげで、一旦この問題は収束しそうですね。
次の出金は2020年10月15日に占められて、それから5から7営業日くらいで出金されるということになりますので、その時に期待したいところです。

会社の信頼を得られる情報

会社の信頼を得られる情報としてこちらの情報があります。

ジュビリーエース Jenco 確信 信頼おける データテクノロジー AI ガバナンスサミットへの出典も実施
こちらを見てもらえればわかるかと思いますが、ジュビリーエースというのは、データテクノロジー&AIガバナンスサミットに出典しています。これはインドネシアで開催されているものとなります。 ジュビリーエースというのは、左から3番目で...

こちらの情報となりますが、こちらはデータテクノロジー AI ガバナンスサミットへ出典しているということです。
そしてこちらで最優秀賞を取ったということです。

知っている企業が多いなかで、ジュビリーエースがこの中に入っているのです。それってすごいことではないかと思います。
なかなかこのようなことってないのではないかと思います。

このような中で賞を取るということは、それこそ有名企業のCEOだったりするわけですが、ボビーがこの中で賞を取っているのです。
それはそれで本当にすごいことではないかと思いますね。

会社の信頼を得る事のできる情報というのは、このようなところから取っていく必要があります。

会社がどのように今後成長していくのか?

会社の成長が止まれば我々の収入も下がりますが、会社はますます大きくしていくことをご存知ですか?

こちらを見てもらいたいと思いますが、会社はこのようにホールディングスのようになっているのです。
会社は今後上場を見据えた動きを取っていることは知っていますでしょうか?
上場を見据えた動きということは、非常に興味深いですよね。
この手の会社で上場をする会社ということは、非常に珍しいと思います。

Jencoが2020年に立ち上げましたが、一番右にあるやつですね。それが香港で登記されております。

今会社はグループという形を取っており、今後はJencoの右側に会社がついていくのです。

ジュビリーグループの売上構成比は?

実は日本が全体の6割の売上構成比となっています。

日本:60%
ヨーロッパ:20%
アジア、南米他:20%

これが現在の売上構成比です。日本がダントツで多い売上構成比となっているのです。そのためこのJencoで儲けている人は日本では非常に多いことがわかるかと思います。
日本でここまで儲けることができれば、海外でも注目を浴びてくる案件になることは間違いないかと思います。

ただもともとは日本ではなく、台湾でこの事業はスタートしました。その後日本にこの事業が入り、玉井氏の元にこの事業の話がありました。
玉井氏もはじめは怪しいと感じたようですが、その後実際にアービトラージの取引を間近で見て、とにかくすごいと感じたようですね。
それから日本に広まっていきました。

Jencoの第三段は準備されている

Jencoの第三段というのは、すでに準備されているようですね。Jencoのコンベンションが開始され、これからJencoで新しいサービスを開始ということになりますが、すでに次のサービスがあるようです。それはJencoは年内まずは様子を見ながら、どれくらいで資金調達の上限をもうけるのか?ということを決定するようです。
2020年10月時点で600億円もの大量の資金を調達しているため、1000億円などすぐにいくと予想されておりますが、1000億円以上は集められるでしょうね。
2000億円くらい集まった時点で、一旦止めるとなれば、おそらく2021年の半ばには次のサービスになる可能性も十分にありえます。
ジュビリーエースに関しても、まだいくらか資金投入することが可能となっていますが、それはまだこれからどうなるのかわかりません。
これからまだジュビリーエースも成長することは間違いないと思いますが、Jencoはキャンペーンに申し込むということをする必要はなく、システムとしては非常に便利なのです。

第三段まで準備されているということは、このJencoで莫大な利益を得て、それをもって次のビジネスに参入する必要があります。
そうすることで、確実に儲けられるようになるのではないかと思っています。
お金をもっと身近に感じたい人は、このビジネスへの参加をオススメしたいと思いますね。