ジュビリーエース Jenco コモディティにかけられない ベットできない 制度変更で辛い

ビットコインで稼ぐ

ジュビリーエースの仕組みが変更になりました。コモディティが毎月3回でしたが、6月から2回に変更になりました。

1回あたりのベットできる金額の合計額が総額5000万ドルになりました。それに伴い、かけられないという人もかなりいるようですね。

ベットできる金額の合計がかなり少ないことにより、コモディティキャンペーンが済んだ、6月1日以降かけることができない人が続出しています。

おそらくいつかはかけることができるようになるかもしれませんが、これは辛いですね。

基本的に毎日5000万ドルということになりますので、数日経過したらおそらくかけることができるのではないかと思っています。

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト

クリプトキャンペーンが無難か

コモディティは利率もいいので、かけたいと考えている人も多いと思いますが、今はクリプトキャンペーンのほうが無難なのかもしれません。クリプトなら問題なくベットすることができますからね。

それでも今のタイミングであれば、クリプトキャンペーンに応募する人もかなり多いので、正直なところクリプトもなかなかベットすることは難しいのかもしれません。

いわゆる1000ドルコースであれば、ベットすることができますが、それ以外のキャンペーンもベットしようと思うのであれば、やはり時間を見てベットする必要があります。

ポチポチで稼げないとインフィニティも入らない

このポチポチにベットできないとインフィニティボーナスを入れるということも難しいです。

インフィニティボーナスというのは、基本的に紹介者がベットしたものに対して返ってくるのです。

よってこのポチポチがないとかけることができないのです。基本的にはこのインフィニティボーナスというのは、かけてもらう必要がありますので、今までと制度が変更になれば、これも同時に入ってこないということになります。結構辛いですよね。

5000万ドルがリセットされる時間は?

この5000万ドルがリセットされる時間は午前1時です。午前1時まで起きている人はいいのですが、1時の場合すぐにうまるとも言われております。そのためあと数日はベットできない状況になるのではないかと思っています。

リセットされてから数時間でうまる場合は、朝早くに起きる必要があります。朝早く起きてもすでに埋まっていれば、結構辛いですからね。

リセットされる時間が午前1時ではなく3時ごろにすれば、うまる時間もかなり先送りできるのではないかと思いますが・・・

今月はこの状況でいくと思われますが、もう少し多くベットできれば問題ないんですけどね・・・

2020年9月時点では、1時5分にはベットが完了しているようです。それくらいコモディティは人気があるようですね。

Jencoにはそのようなことがない

Jencoにはベットという概念がありません。基本的にはJencoにはそのような概念もなく平日であれば、毎日アービトラージ報酬が入ってきます。
それはかなりありがたいですよね。

Jencoはジュビリーエースのセカンドステージとして、今かなり伸ばしているのです。儲けている人は相当儲けているのではないかと思います。
それこそ初月1000万円を超えたなんて人も結構多いのではないかと思っています。それくらい爆発的な伸びを示しているのです。
そのため今からJencoを開始しようとしている人がかなり多いのです。
やはり収入1000万を1ヶ月で取りたいですからね。そこまで取ることができれば、お金持ちの部類に入ってくるのではないかと思っています。
お金儲けというのは、本当に楽しいものです。普通の人では手に入れることが難しい大金を手に入れることができるようなビジネスというのは本当にないかと思います。
普通の人なら1年で1000万円を稼ぐということが一般的ですが、1ヶ月で1000万円稼げるというどう考えても考えられないようなビジネスなのです。
このビジネスが本当にすごい理由はそこなのです。お金儲けができるということもすごいのですが、その爆発力が圧倒的に違います。
相当力を入れてやっている人ならこのビジネスの凄さがわかるはずなのです。

世の中の人はお金がほしい人が本当に多いと思いますが、ただどうしても怪しいということだけで、このビジネスを避ける人もいるのです。
確かに何も知らなければかなり怪しいと思うかもしれませんが、怪しいというだけでは始まりません。

怪しいと思うビジネスというのは、数年後には普通になっているのです。それに気が付かないほうが残念です。
やはりビジネスのはじめというのは、通常怪しいと思う人が大半でしょう。ただそれを乗り越えて普通になったときに確実に爆発しているときなのです。
将来への可能性を感じたときに仮想通貨ビジネスに力を入れるということができれば、確実にメリットがあるのではないかと思っています。