Jenco ジェンコの次のビジネスまでに 組織作りを 月給7桁や8桁を目指すには

ビットコインで稼ぐ

ジェンコが次のビジネスのことも考えられているということを知っていますか?

まだ具体的にはどのような内容なのかは降りてきていませんので、ここで具体的な話をすることはできません。それでもセカンドステージが用意されているということは、現在やっている人にとってもかなりの朗報といえるのではないかと思っています。

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト

トップアップができなくなっても次のビジネスで

トップアップいわゆる元本追加ですが、それができなくなったとしても次のビジネスに活かすことができるかもしれません。

このビジネスというのは、トップアップをして元本を増やしていくということですが、きっちり儲かっているということを示す必要も出てくるかと思います。やはり儲かっていないということはいまいちですからね。世間的には詐欺の可能性もあり、いずれは飛ぶといわれていますが、本当に飛ぶのでしょうか?
飛ぶ飛ぶといわれて、結局20ヶ月実績を上げ続けている会社なのです。
ここまで実績を上げている会社であれば、当然ながら飛ぶ可能性は極めて低くなるのです。

飛ぶようなビジネスをわざわざするのでしょうか?

飛ぶということは、ある意味出資法違反です。そのようなことを普通に考えてするとは思えませんね。

そんな危険を冒して商売をするというのは、はじめから悪意がないとできません。
通常会社というのは、飛ぶようなスキームのビジネスをするということは、ほぼありません。
はじめから儲けるということに特化したビジネスを展開しているのです。

まずは今のビジネスを成功させる

まずは今のビジネスを成功させるということが非常に重要かと思います。今のビジネスを成功させるということは、別にどのようなビジネスでも構いません。基本的にビジネスというのは、目標をたてて、それに向かって成功することができれば、それがビジネスなのです。目標なくしてビジネスの到達はありません。

ビジネスプランというのは、その人のもったビジョンに向かって成功させるということになります。ビジネスプランは自分でたてて、その計画どおりに遂行させていくということになります。

ジュビリーエースのようなビジネスというのは、サイドビジネスという人が多いと思いますので、なかなか本業との兼ね合いでビジネス視点にならないという人も多いかもしれませんが、それではビジネスを成功させるということは難しいのではないかと思っています。

ビジネスを成功させる上で非常に重要なことは目標をたてて実行し、目標を達成するということで、それはセカンドステージ、サードステージでも同様のことがいえるかと思います。

ファーストステージいわゆる今のジュビリーエースで成功する体験を次のビジネスに持っていくということが非常に重要な要素かと思いますね。

Jencoの爆発力はすごい

ジュビリーグループのセカンドステージとして始まったJencoの爆発力というのは、かなりのものです。
Jencoが世の中に出てきてから、初月で1000万円以上を稼ぐ人もかなり多く出てきていることでしょう。
そのため今後新しいビジネスが出てきたときに当然ながら加速していくことは間違いないのです。

Jencoの爆発力があれば、サードステージもかなりすごいことになることは間違いないかと思います。
今の間に組織力を強化していくことが非常に重要となります。組織力が重要になるということは、それだけ収益がましてくるのです。
組織で動いているビジネスということもあり、組織にそれを浸透させていくということは、結構難しいかもしれませんが、それでもこのビジネスを成功させるためには何をしたらいいのか?ということを常に考えている人も多いのではないかと思います。

このビジネスというのは、For MeではなくFor You という基本は人のために仕事をするのです。
そのことにいかに早い段階で気がついた人がかなり収益を伸ばしているという事実もあるわけです。

Jencoの爆発力というのは、正直なところかなりびっくりしている人も多いと思いますが、この爆発力がないとこのビジネスでは成功しません。
普通の人が毎月100万円の月給を稼ぐことができ、豊かな生活を送ることができるようになるのです。
なかなか普通の人が100万円を毎月稼ぐといことは難しいと思いますが、爆発力を活かすことで、今後も間違いなく伸ばしていくことは間違いないと思います。

Jencoは直接スポンサーとペアリングボーナスが魅力的

Jencoは自分ひとりでも儲けることは可能です。それは投資案件だからです。
投資案件というだけですごいのですが、それを紹介していくことで、さらに儲けることが可能となっているのです。

直接スポンサーは1万ドルで開始した場合8%のボーナスを受けることが可能となります。
これは会社からもらうことになります。

会社としては広告などを極力少なくして、紹介してくれた人にスポンサー料として支払うのです。
それだけ手間をかけてくれるからです。
紹介した人が紹介された人に対して、時間を使ってくれた対価としてお金を支払うのです。
ある意味当然ということになります。会社はどんどん大きくするために、スポンサー料を払っていくのです。