Jenco ジェンコ 知恵袋などに不安要素が 紹介されたが高配当で会社が潰れるかどうか

ビットコインで稼ぐ

Jencoが2020年9月1日から新しいサービスを開始しました。これに伴い人に誘われたけど始めようかどうかと悩んでいる人も多いのではないかと思っています。実際にこのJencoに加入する前に不安材料というものが色々あるかと思いますが、この不安材料に関する内容を知恵袋などに掲載している人が結構多くいるかと思います。
当然ながらネットの情報が正しいと信じている人も多いので、ネットの情報を元に判断する人もいるかもしれません。
ただネットの情報はプラスの情報もありますが、マイナスの情報も色々あります。

プラスの情報というのは、会社が信用できるものであるという情報です。

マイナスの情報というのは、ポンジ・スキームなので、潰れる可能性が極めて高いという情報など色々な情報が混在しているかと思います。

それでは実際にジュビリーグループは潰れるのでしょうか?

知恵袋の不安要素を紹介

友人から9月にJENCOと言うものが始まると紹介されました。100万投資したら500万になると。こんなうまい話ないですよね?自分は詐欺だと思うんですけど、もし詳しい人がいましたら教えて下さい!

このような情報が掲載されておりましたが、「詐欺だと思うんですけど」とあります。
詳しい人の情報によると以下のように回答されておりました。

質問回答に誤りがあるので訂正しておきますが、まずJECの月利は10000ドルのパッケージなら11%なのでこれまでのJAよりは確実にスピードは速いです。
もう1人の回答者が載せていた記事のURLですが、内容を見ると「JAもJECも稼げない」と書かれていますが、JECは9/1からスタートなので始まってません。要するに、嘘の記事です。
JAもコモディティーという運用プランなら月利で8%、儲からないはずがないです。

もちろん数字だけ聞くとポンジスキームと言う詐欺の手法としか思えない利率です。
ですが僕が個人的に信用できる点を挙げます。
1.iso9001という品質マネジメントの世界基準の認証を受けている。

2.Forbes Indiaに広告が載っている。
※これはいくらお金を払っているからとは言え、Forbesはもし詐欺だった際に会社の信用が落ちるようなことは絶対にしない企業です。

3.上級会員には若い大学生などではなく、
しっかりとした実業をしている経営者が多い。

4.創業者が実際にセミナー顔を出していて
直接質問すれば全て答えてくれる。

これらの点で僕はお金を出しました。

「口頭の説明だけでは納得できない。」
「信用できる要素がない。」
でも少し気になってるから、知恵袋に質問するんですよね。
僕も始め詐欺だと思ったのですごくわかります。
「もしやってみたいけど信用できない。」という気持ちがあるのなら、もっと何度もセミナーに行って直接質問して自分で確信を得るといいと思います。

銀行などが消費者に向けて行なっている投資信託と同じだと僕は思います。

友人から9月にJENCOと言うものが始まると紹介されました。100万投資したら500万になると。こんなうまい話ないですよね?自分は詐欺だと思うんですけど、もし詳しい人が...
友人から9月にJENCOと言うものが始まると紹介されました。100万投資したら500万になると。こんなうまい話ないですよね?自分は詐欺だと思うんですけど、もし詳しい人がいましたら教えて下さい!

こちらが引用したページとなります。

詐欺か詐欺じゃないか?という単純明快な質問です。

これは私の見解ですが、詐欺か詐欺じゃないかは会社の人しかわかりません。イチ、ユーザーが詐欺か詐欺ではないか判断することは極めて難しいことです。
基本的に詐欺じゃないかと思うのであれば、この会社に入社するしか方法はないでしょう。

基本的に会社側の人と話しても会社側が嘘を付いている可能性もゼロではありません。
また会社側の人に関しても、中枢を担っている人だけが真実を知っており、一般社員には全く知らされていないことも十分にありえるのです。

自分が詐欺だと思ったら詐欺ですし、詐欺じゃないと思ったら詐欺ではありません。
信じるのは自分だけなのです。

こんな美味しい話はないと思っている人も多いと思いますが、実はそれが現実に起きているのです。

よってこの案件が詐欺か詐欺であるかは、実はユーザー側の人は誰も真実を知る余地はありません。
ただ会社のオフィスとしての実態は存在しますし、会社側の人も登壇していることは事実です。

私が確信を得た根拠

ジュビリーエース Jenco 信頼おける データテクノロジー AI ガバナンスサミットへの出典も実施
こちらを見てもらえればわかるかと思いますが、ジュビリーエースというのは、データテクノロジー&AIガバナンスサミットに出典しています。これはインドネシアで開催されているものとなります。 ジュビリーエースというのは、左から3番目で...

私がジュビリーグループに関して得た根拠はこちらとなります。

マイクロソフトなどの有名企業に混じっているということも根拠の一つかと思います。

普通このようなサミットに登壇することができるのは、確実に調査された企業であることは間違いありません。
サミット開催側が独自に調査した結果がこの結果だと思います。

要するにどこで確信を得るのか?ということが重要となりますが、詐欺か詐欺じゃないか含めて少しずつ確認していくことが重要だと思います。

ただ私はこのような客観的な要因から詐欺ではないというところを得たいと考えています。ただこの案件に乗るか乗らないかは、基本的に自分自身の判断によるものです。
先程もお伝えしましたが、うまい話には裏があるという発想は日本人に多い発想です。

ただこのようなうまい話は特定の人にしか回ってこないという事実もあります。
特定の人にしか回ってこないということを信じて行ってもいいのではないかと思います。