暗号資産 仮想通貨の主流はUSDT テザーに移行 日本の取引所で利用は?ビットコインよりも取り扱いがいいから?

ビットコインで稼ぐ

こちら日経の記事となりますが、暗号資産取引の主役はビットコインからテザーへと記載があります。

ビットコインというのは、聞いたことがあったとしてもテザーという言葉は聞いたのは初めてという人も多いのではないかと思います。

テザーという暗号資産とは?

テザーという暗号資産はUSDTとも言われております。このテザーの値動きというのは、ドルと同じなのです。
ビットというのは、かなりの値動きをするため実は取引しづらいというデメリットがあるのです。
それは1ビットの価格がここ最近では60万から130万ほどの値動きを見せているのです。
そのため60万で買った時に130万で売りぬけばかなりお得になりますが、実際にそのようなタイミングうまく売り抜ける人などそれほど多くはありません。
今後ビットというのは、キャピタルゲインを取れる可能性も非常に多く、それまでとりあえず持っておくという人もかなり多いのです。
ただその値動きが大きいということで、企業が取り扱うことに対しては抵抗を感じることも多くあるようです。

テザーというのは、値動きがドルと同じということなので、ドル対円であったとしても次の日突然1ドルが200円とか1ドルが10円になることは非常に考えにくいでしょう。
そのため時価総額や、出金や入金時にテザーを用いる企業が非常に増えているのです。
それくらい取り扱いがしやすい暗号資産ということになるのです。

そのため企業がテザーを採用するケースも多くかなりメリットがある通貨となっています。

テザーの取引が増えると日本の取引所でも交換可能に

現在日本の大手取引所ではテザーの取り扱いというのはありません。
テザーが欲しい場合は、海外の取引所で購入する必要がありました。
その場合日本の取引所でビットコインを購入し、海外の取引所でテザーを購入するという形になります。
それはかなり面倒なことで、知識もかなり持っている人でないとできません。
それが、日本の取引所で交換できるとなれば、海外の企業などが日本へ参入しやすくなります。
すでにUSDTをメインに入金や出金を行う企業というのは増えており、今後ますます需要が増えるとなれば、日本で取引も可能となるでしょう。
そうでないと日本の取引所は儲かりませんからね。

テザーから即円に変換はかなりメリットがある

日本で取引所が開設されるようになるとテザーから日本円に直接することができるため、通常であれば一度ビットコインなど他のコインを経由して日本円に変換するという作業がなくなります。
そのため売買時に発生する取引所への手数料を減らすという効果もかなりあろうかと思います。
ここまで取引金額が増えてきたことにより、日本でも早期の対応が望まれます。
ビットを経由して円に変換することがなくなることにより、今までの手数料分多く手元に残るということになり、またビットが高くなったとか安くなったとか考える必要もなくなります。
テザーは先程もお伝えしたようにドルと同じ値動きなので、変わったとして1ドル5円の範囲内で収まるケースが多いでしょう。
なので、今がテザーの買い時とか売り時とか考えることもあまりないかと思います。

まだ日本の取引所で交換できるなどという情報はありませんが、早期実現を望みたいところですね。