Jenco ジェンコ 出金方法 10%の手数料が取られる USDT テザーのみが可能

ビットコインで稼ぐ

Jencoの出金方法を紹介したいと思います。Jencoというのは、2020年9月1日から開始されたサービスとなっており、まだまだ認知している人は少ないという状態となっています。ただこのJencoというサービスはかなり爆発しており、相当大勢の人がスタートダッシュを掛けたのではないかと思っています。
そのため初月の売上が数百万から1000万を超えたという人もかなり多いのではないかと思います。
そんなJencoですが、出金方法に関してご存知ない人も多いのではないかと思っています。

Jencoの出金はUSDT(テザー)のみ

USDTには2種類のコインが存在し、ERC20とOmniという2種類のコインです。

Jencoで出金可能なコインというのはERC20のUSDTとなります。

そこは間違わないようにしておきたいところですね。普通にしているとERC20となりますので、問題ないと思います。

USDTというのは、現在暗号資産上では3位となっています。ビットコインが現実の世界でいうところの、基軸通貨となっておりますが、価格変動の少ないUSDTを採用する起業も非常に多くなっています。

USDTの値動きというのは、ドルと同じ値動きをするので、翌日10%上がったとか下がったとか相場がそこまで変化することはありません。そのため資産として変動が少ないUSDTを採用するということは、企業としてもかなりメリットのあることなのではないかと思っています。

USDTは日本の取引所ではビットに変換できない

USDTというのは、日本の取引所ではビットに変換することができません。そのため海外の取引所を使って、ビットに変換し日本の口座に送るしかできないのです。
そのあたりは基軸通貨であるビットは強いですね。
ただこれから日本でもUSDTの取扱が行われるかもしれません。
USDTを持っている日本人が多ければ、日本の取引所で開設することで、日本人が利用しやすくなり、取引所がうるおいますからね。
今後はUSDTというのは、ますます流行っていくのではないかと思います。
企業にしても個人にしても値動きの激しいものを採用していると、得するときはいいですが、そういうときばかりではありませんので、お互いメリットとデメリットがあるわけです。
基本的にはUSDTというのは値動きが少ないので、安心して取引することができるようになるのです。

Jencoからの出金手数料は10%

Jencoからの出金手数料は10%となっています。
1000ドル出金しようと思っても100ドルは会社が手数料として持っていってしまいます。
それは仕方ないことかも知れませんが、出金手数料10%かかるというルールなので、仕方ありません。
おそらくこれから先もこの出金手数料は変わることはないかと思いますね。
それは前身のジュビリーエースでも出金手数料は10%だったので、その10%を変更することはないと思います。
会社はこのような手数料を利用して儲けているわけです。
企業なので、儲けるということは仕方ないことだと思いますね。