Jenco ジェンコ MT4で取引履歴を見れる 実取引を行っているので安心して利用することができる

ビットコインで稼ぐ

Jencoというのは、MT4で取引履歴を見ることができることを知っていますか?この手の案件というのは、基本的にはトレードの履歴が見れないと不安であるということから、取引履歴を見たいという人も多いのではないかと思います。そういう人のためにMT4を用いて取引履歴を見ていただくことが可能となります。

それではどのようにMT4を見るのでしょうか?

初月数百万稼ぐことも可能

こちら2020年9月1日から開始されたJencoというサービスです。シンガポールの天才元銀行員が立ち上げたベンチャー企業です。将来はマイクロソフトやAppleに匹敵する会社に化ける可能性も非常に高いのです。
Jenco ジェンコ 登録方法 入会方法 入金 簡単に申し込むことが可能 スタートは3000ドルから
Jencoという新しいサービスが2020年9月1日から開始されました。 Jencoというのは日本語でジェンコと呼ばれるサービスとなっています。 このJencoというサービスというのは、アービトラージシステムを用いて、分散型金融を行う画期...
その凄さは本当にすごいです。創業者の考え方は本当によく考えられている人だと思います。 モッピー!ポイ活応援ポイントサイト

MT4のユーザーIDとパスワードはどこで手に入れるのか?

まずはJencoにログインをします。Jencoを知っている人ならすでにログインをすることはできるかと思います。

ログイン

アカウント

MT4

この順番でMT4のアカウント情報を取得することが可能となっています。
そこに記載されている情報を確認してみてください。

ログインID:数字のもの
投資家パスワード:メモしておいてください。

PCで利用する場合はJencoログイン後のMT4をダウンロードを押すことで、MT4のインストールを行うことが可能となっています。

スマートフォンを利用している場合は、Androidの場合はプレイストア、iPhoneを利用している人はApp Storeにて「MT4」と検索することにより、MT4をインストールすることが可能となっています。

【PC版の利用方法】
ファイル

取引口座

RegalCoreMarkets-Live

MT4というのは、取引履歴を確認するためのツールとなりますので、持っていれば非常に便利ですね。実際に自分のつなげている口座の中身を見ることができるので、非常に便利ですね。

MT4の取引のタイミングは?

取引のタイミングはリアルタイム取引です。
とはいうものの、私もMT4を見ているのですが、日中はリアルになっていないケースが非常に多いと思います。
取引履歴の閲覧といっても、いつでも見れるというわけではありません。会社側に確認したところリアルタイムの取引を反映しているものの、トレーダーが取引している場所がロシアやヨーロッパなどになるため、表示される時間が異なるようですね。
取引履歴に関しても時差があるということです。
ただ取引履歴は、昼の12時〜夜0時までの間に反映されるということになりますので、我々のMT4に表示されるタイミングは、いつということは一概に言えません。
MT4への反映はいつになるかわかりませんが、トレード履歴は、その時間に取引されたものとなります。

全くMT4の取引と同じ金額は自分の利益とは異なります。会社が利益を出しているがそのまま自分の口座へ入ってくるわけではありません。よってMT4に出ている額というのは、あくまで会社側が出している利益というだけで、参考値ということになります。

5つのブロックで取引を実施

会社が行っているトレードの履歴が出ています。
行われているトレードでどの程度儲けているか?ということが、わかるという程度のものとなっています。
よってそのままの数字が自分の口座に反映されているわけではありません。

予想アービトラージ利益というものを会社側が出しているわけですが、入ってくるのはその額となります。1万ドルの場合で毎月8%程度の利益ということになります。
取引履歴もきっちりと表示されるため、安心できるかと思いますね。

レンディング

レンディングというのは、貸付ということです。会社側に貸し付けることにより、利益を得ることが可能となります。
会社に貸付を行えるものというのは以下の通貨となります。

レンディング可能通貨
・ビットコイン
・現金
・USDT

貸し付けることで得られる利益は以下の通りとなります。

15日間:0.08%(毎日)
30日間:0.1%(毎日)

会社側に貸し付けることにより、利息を返してくれるわけです。これはかなりのメリットがあると思いませんか?
会社側に対して貸付を行うと、貸付履歴が出てくるようになります。
30日間にわたり0.1%貸付を行うことなので、例えば1ビットを会社に貸し付けた場合、1。03ビットになって会社は返してくれるのです。

このレンディングはいつ行っても問題ありません。違う日付でレンディングを行っても構いません。
普段利用することないビットコインであれば、こちらに預けておくことをオススメしたいと思いますね。

現在1ビットが100万円を超えているわけですから、毎月3万円の利息をつけてくれるのと同じということになります。相当高利で貸し付けることが可能となりますので、非常にメリットがあります。

Jenco ジェンコ レンディング Lending ビットコイン 現金 USDT アクアナイトが対象 お得なの?
Jencoにはレンディングという機能があることを知っていますか?このレンディングというものは、非常にメリットがありさらに儲けるための秘策が入っています。 レンディングを利用して、さらにお金を増やすことが可能となっています。 レンディング...

レンディングに関する情報はこちらに記載しております。レンディングができるということは、いわゆる金貸しが可能となります。
お金を貸し付けることができると、最大毎月3%返ってきます。

スマホの画面表示はこんな感じ

設定から新規口座を選択するところからのスタートとなります。

MT4の利用料は無料となっていますので、安心して利用することができるのではないかと思います。

こちら既存のアカウントにログインを選択します。

こちら「RegalCoreMarkets-Live」こちらを探してください。すぐに見つかると思います。

選択するのは、デモ口座ではありません。

こちらこのように取引履歴と証拠金が表示されていると思います。自分が現在預けている金額とマッチすることを確認いただければと思います。

毎日取引履歴はあがってきていますので、確認すると面白いかと思いますね。

2021年からはインデックスとFXが開始

今はまだコモディティの領域しか行っておりませんが、2021年からはインデックスとFXが開始されます。

FXに関しては取引高も非常に多くあるので、Jencoのリミットもかなり増えると予想されます。2020年9月の時点ですでに600億円もの資金を集めているJencoですが、数倍集まるのではないかと思っています。
とにかくFXが来たらかなりすごいことになりそうですからね。
FXの市場取引というのは、びっくりするくらい大きな取引となっています。
2021年にはかなり期待したいところではないかと思います。

すでに2020年の時点で、コモディティしか行っていないにも関わらず、すでにかなりの利益を上げているのです。会社はどれだけ利益を上げていくのでしょうか。本当にびっくりするくらいの利益を上げていくのではないかと思っています。

ローンはメリットがあるのか?

現在Jencoではローンを行っております。ローンというのは、自分の持っているJencoの

Power Upボタンを押すことでローンを開始することが可能となります。
パワーアップサブスクリプションにいくことが可能となります。
パワーアップはフェーズ2からフェーズ3になっていきます。
フェーズ2の場合は自分の入れた額の3倍までローンを組むことが可能となります。

Power Up

トップアップ画面

ローン処理確認

「送る」を押下する。

ローンは1000ドル以上100ドル単位で組むことが可能となっていますので、1度ローンを組みたい場合は1000ドル以上のトップアップをする必要があります。

最低でもUSDウォレットを50%利用することが必須となっていますので、残りの50%は他のウォレットの組み合わせを行うことが可能です。
要するに1000ドルトップアップする場合はUSDウォレットを500ドル以上入金する必要があります。
それ以外の500ドルはそれ以外のウォレットを出すことが可能となります。

ローンを支払うメリットというのは何でしょうか?ということですが、ローンを利用することで、少ない入金額で、大きなタイトルを取ることができます。
大きなタイトルを取るということは、それだけアービトラージ利益を取得することが可能ということになります。非常にメリットがあるかと思いますね。

サブスクリプションが自分が思っているより、上位のサブスクリプションを取ることができるため、メリットがあるかと思います。

レポートよりローンを見ることが可能

レポートからローン履歴を見ることができます。ローンの履歴を見ることで、どれだけ返済するのか?ということを見ることができます。
ローンは1日の利息は0.1%持っていかれます。

1000ドル分を3倍ローンした場合ですが、3000ドルとなりますので、貸付金額は2000ドルとなります。
2000ドル分は0.1%の利息として返す必要がありますが、それ以上の利益を会社側ははじき出してくれるため、自分は全く損をしない仕組みとなっているのです。

2000ドル借りた場合、1万ドルでやっている場合、ざっくり2ヶ月程度で回収が可能となるかと思います。

アップラインに入る売上はどうなる?

アップラインに入る売上は、あくまでトップアップした金額だけです。
そのため1000ドルだけがトップアップした金額に対する売上となります。
そしてその後返済が行われていくわけですが、返済されたタイミングでアップラインの売上として反映されてきます。
一番はじめのタイミングでは、トップアップした金額なので、ローンを返済するタイミングで直接ボーナスやバイナリーボーナスが行われるのです。

ローンを利用するということは、普通に運用するだけであれば、毎週月曜にローンの返済がやってきます。
毎月ローンの返済がやってくるということは、そのタイミングでローン分の支払いができたということになります。
その時点でアップラインへの報酬が入ってくるのです。
よってローンが続く限り、毎月アップラインには報酬が入ってくる仕組みとなります。
ある意味すごいと思いませんか?毎週入金される仕組みがあるのです。そんな仕組みってなかなかありませんよね?

ローンの返済はどうなる?

ローンの返済は以下の通りです。
自分のアービトラージ利益の90%
それ以外の利益の50%

この分がローンの返済に利用されます。このタイミングでアップラインの人の売上にも反映される仕組みとなっています。
ローンを組んだ人を紹介した場合、ローンを組んだ人のアービトラージ利益は毎週返済されますので、確実にそのタイミングで売上が上がるということになります。

新規の人はMT4が登場しない?

新規登録を行う人はMT4は翌日以降のアクセス可能となります。
新規登録を行ったその日は残念ながら、MT4を利用することができませんので、その後にMT4を利用してみてください。
まずは自分の入金したものをクレジットされるところから利用されますので、ぜひMT4を新規の人にも勧めてあげていただければと思います。
MT4という言葉も聞いたことない人も多いのではないかと思っています。
MT4というのは、取引履歴を見ることができる非常に便利なアプリになりますので、ぜひ検討してもらいたいと思いますね。

出金手数料と出金日

1日〜15日に出金した場合は16日から5営業日から7営業日に着金
16日から末に出金した場合は1日から5営業日から7営業日に着金

出金手数料は10%となっています。
出金手数料が10%かかるので、そこそこの出金手数料ですが、それは諦めるしかないかと思いますね。
それでも出金することをする必要があろうかと思いますので、それだけの手数料が発生することは覚えておきたいですね。

エビデンスはばっちり

このMT4があるということだけで、エビデンスはばっちりです。取引履歴を見ることができるということは、それがまさに自分のお金を運用している証拠ですからね。
エビデンスというのはまさに取引履歴です。
これがしっかりしていないと、やはり怪しい会社ということになるのです。
少なくともこの手の会社というのは怪しさ満開なので、少しでも怪しいというところを払拭する必要があります。
怪しいというところを払拭するということができれば、本当に素晴らしい会社なのです。
それに気が付かないといけないというところも重要な部分となります。
取引履歴自体が詐欺だと言われると言い返すこともできませんが、それなら何を信じるのでしょうか?
月利で8%以上だしている会社があるということ自体が詐欺だと思っている人も多いかと思いますが、そのようなことはありません

Jenco ジェンコ ジュビリーエースをオススメする理由 なぜ今イチオシ案件なのか?
Jencoやジュビリーエースのことをポンジ・スキームだと思っている人も多いと思いますが、今やはりいちばんオススメしたい案件というのは、Jencoです。 お金持ちになりたいと考えている人も多いと思いますが、かなりの短期間で大金持ちになってい...

こちらはほんとにオススメできる事実を記載しています。