ジュビリーエース Jenco 新しい投資 悪評 悪口 酷評 本当に儲けられるのか?

ビットコインで稼ぐ

ジュビリーエースを知っている人もやっている人も、またやっていない人も、どうしてもネットのレビューが気になる人がいるのではないかと思っています。

なぜネット上の悪口が気になるのでしょうか?

初月数百万稼ぐことも可能

こちら2020年9月1日から開始されたJencoというサービスです。シンガポールの天才元銀行員が立ち上げたベンチャー企業です。将来はマイクロソフトやAppleに匹敵する会社に化ける可能性も非常に高いのです。
Jenco ジェンコ 登録方法 入会方法 入金 簡単に申し込むことが可能 スタートは3000ドルから
Jencoという新しいサービスが2020年9月1日から開始されました。 Jencoというのは日本語でジェンコと呼ばれるサービスとなっています。 このJencoというサービスというのは、アービトラージシステムを用いて、分散型金融を行う画期...
その凄さは本当にすごいです。創業者の考え方は本当によく考えられている人だと思います。 モッピー!ポイ活応援ポイントサイト

企業名+悪口ではかなりの検索

企業名+悪口で検索すると相当なマイナスイメージのものがジュビリーエースに限らず出てきます。

ある意味当然なのではないかと思います。悪口で検索する人は悪く思っている人が多いということになります。自分と同じ意見の人がいないか?ということをネットを利用して調査しているにしか過ぎません。

本当にそれだけのことなのです。

基本的には人は自分が不安になった内容をそのままネットで検索する人が多いと思います。不安要素や悪口というのは、当たり前ですがみんな少しは持っているのです。

それをネット上で探したところで、マイナスイメージのものばかり検索結果に当たると思いませんか?

それが逆にいうとネットなのです。自分のほしい情報があればなぜか納得するということなのです。不思議ですよね・・・

とはいうものの、ジュビリーエースに限らずですが、SNSなどもそうなのですが、実際に自分が探す内容というのは、限られたネットの情報だけです。

SNSでこのような情報ばかり漁っている人も結構多いようですね。実は人が儲けていくさまに対してイライラしているのでしょうか。やりたくてもやれない人も多くいます。それは借金してやる人もいるからです。借金してまでやる人も多くいるのです。
今のところジュビリーエースやJencoに対しての悪評がかなり多いと思いますが、やっていない人がやっている人たちが儲かることを指を加えてみているだけだからです。
よく考えてください。人が儲かることを見ることって嬉しいですか?
嬉しいと思わない人がかなり多いのです。人が儲かるとどうなりますか?自分は今のままでその人たちは変わっていきますよね。いわゆる嫉妬ってやつです。
嫉妬がこのビジネスにとってはよくないことくらい知っているわけです。そのためツイッターなどに悪口を書くのです。
私はそれがあってもいいと思いますが、嫉妬をする人も多いことは間違いありません。

なぜならツイッターには、ネガティブ発言をする人が非常に多いからです。ある意味人間の欲の塊がツイッターには溢れているということです。
DMに儲け話ありますよとか来たりしますよね。まさにそのようなことなのです。

やっている人の評判は上々

ジュビリーエースをやっている人の評判はかなりいいと思います。

それはきっちり収益が上がっているという実感を感じることができるからです。収益があがっているので、実感はしている人が多いのではないかと思います。

実際に1万ドル以上入れている人なら毎月7万円程度は返ってきているはずです。そのため基本的に悪口を書くことはないかと思います。

悪口を書くことがないということは、いいこともなかなか書かないわけです。悪口を書く人というのは、やっていて書くという人はなかなかいないでしょう。

それでも人それぞれですので、やっていても悪口を書く人はいるのかもしれませんが・・・

基本的にやっている人の評判は悪いわけありません。むしろ儲けさせてくれてありがとうと実感しかないかと思います。

Jencoをやっている人はやはり上々だと思います。みんなきげんよくやっています。それが一番だと思いませんか?

ジュビリーエースはキャッシュフローが非常にいい

ジュビリーエースというのは、キャッシュフローが非常にいいのです。実は出金しない人がかなり多いことを知っていますか?

なぜ投資をしながら出金をしないのか?ということですが、実は複利をきかせて出金をしないのです。儲かったお金をまた元本に入れるという行為を継続的に行う人がかなり多いのです。そのためジュビリーエースからキャッシュアウトということはほぼありません。

そのためキャッシュフローはかなりよくできていると思います。

倒産しない仕掛けはかなりあるわけです。実際に儲かった額をすべて出金され続けてれば、潰れることはないのですが、キャッシュは会社にはたまりません。出金されるので当たり前ですよね。

実はそのような仕組みとなっているので、会社が潰れるということは極めて少ないのです。儲かったお金をまた元金に入れる人が多いということは、それだけ会社の経営状態を安心していると思っている人が非常に多いということですね。

信用できない人が多い

実はジュビリーエースを信用できないという人が非常に多いのです。

なぜ信用できないのでしょう?ネットで評判を見たからですか?自分の目で見たことよりもネットの情報が正しいのかと・・・自分の目で見てわからないことがあれば、知っている人にお願いして、見せてくれる人に会わせてほしいといえばいいのでは?と思います。

なぜ信用できないのか?ということは、自分の直感が間違っているのでは?と信じてしまうからではないかと思います。

それは直感を信じたほうがいいですね。

ネットに書いてある内容が事実かどうかもわからないにも関わらず、それを信じてしまってなぜか安心する部分があるのだと思うのですが、やはりそこは払拭したほうが間違いなくいいでしょう。

信用とかは自分で取りに行くものです。人が与えてくれるものではありません。ネットにいい情報が書いてあったよ!!といっても、悪い情報を見せて、こっちには悪い情報が書いてあるというだけなのです。

そんな本質からずれた話よりも、自分がどう思ったのか?ということが非常に重要なのだと思います。

評価とは結果的に自分の思っているところがすべてです。ネットにある情報は他人が思ったレビューなのです。それに賛同するようではありません。

本当にほしいものなら目で見て確かめにいきますよね?結局のところ目で見て確かめにいかない人も多いと思います。それはネットの情報に頼りすぎということになるのではないかと思います。

やっぱり同じ意見と思って無意味に納得

初めて聞いた人は怪しいと思うのは普通です。そして「ジュビリーエース 怪しい」「ジュビリーエース 潰れる」などという文言で検索するのです。

そして妙な納得感を得てしまうわけですね。

ある意味勝手な納得感なわけですが、その情報そもそも正しいとでも思っているのですか?

決して正しい情報というわけではありません。むしろ間違った情報です。なぜなら怪しいと思っている人が書いている情報だからです。

それは先程もお伝えした通りです。怪しいと思っている人の書いている情報は間違いもあります。その間違いも真実と思ってしまうわけです。ある意味ネットのちからってすごい!と思いますよね。

その情報は会社が出してきた情報であれば、間違いないでしょう。誰が書いているのかわからない情報が正しいとムダに認識してしまう人って怖いですよね。

ある意味情報操作ってやつです。情報操作ができるくらいネットのちからというのはすごいのです。

本当の情報を掲載しているネットの情報というのは、非常に少ないのです。酷評に限ってやっていない人が評価しているため、情報は間違っているのです。

一番やってはいけないことは、不安だから周りに聞くことです。
なぜやってはいけないのか?ということは、情報を伝えたのは、あなたに伝えたのです。その周りの人には伝えてません。
情報を伝えていない人からどう思うか?と聞いても、返ってくる答えはやめておけですよね。

なぜ周りはやめておけというのか?ですが、情報を知らないからやめておけというのです。簡単な話です。
またその周りはやめておけという、聞いていない人からの情報でやめておくというのは、かなりもったいないことですね。
けど周りに相談したい気持ちはわかりません。ただその周りの人は、怪しいと思うからやめたほうがいいといっているだけで、何も情報は持っていないわけです。
何も情報を持っていない人に、どう思う?と聞いても怪しいと思うだけですからね。

周りに流された結果が今の自分

よく言われることの一つに、今よく遊んでいる友人5人の平均年収が自分の年収といいます。
多分ジュビリーエースでもJencoでも伝えてきた人というのは、おそらくそのあなたよりも高い年収をもらっていることが多いです。
この場合あなたに伝えてきた人というのは、プレゼンをしてくれた人です。あなたを紹介した人ではありません。
普通に考えると、ジュビリーエースやJencoでプレゼンできる人 セミナーなどでよく言われるABCというやつです。
ABCの場合AさんがCさんに伝えますが、たいていの場合CさんよりAさんのほうが年収が高いです。
それはAさんいわゆるプレゼンをする人というのは、その中で生きているので、年収の高い人とのつるみを持っているのですが、例えばサラリーマンであるCさんというのは、Aさんのようになりたいと思うわけですが、Cさんがサラリーマンだった場合、つるみはサラリーマンです。
残念ながらサラリーマンというのは、成功者ではありません。
あくまで雇われている側なので、成功はしていないのです。そのためたとえ年収がよかったとしてもジュビリーエースやJencoをやっている人の年収を上回ることは難しいのです。
それでもお金のないサラリーマンがサラリーマンにこんな話あるねんけど?というとやっぱり怪しいと思うだけなのです。
非常に残念ですよね・・・どんどん人は不安になっていくのです。
それでやめておくのです。 この場合プレゼンをした人というのは、特に何も変わることはありませんが、やらない人はサラリーマンのままということになります。
お金がない人はお金がない世界で生きていくのです。
非常に残念です。ただそれが今まで自分が選択してきた結果なので、誰も文句はいいません。

重要なものは常に自分の目で確かめる

ネットの情報というのは、手軽で非常に便利です。その分情報は薄いと思ったほうがいいでしょう。お金を扱っているジュビリーの情報が簡単にネット上に出ているとは思わないほうがいいです。

確実に会社側の情報をすべてとして考える必要があると思います。ただしすでにやっている人は確信を得ている人も多いので、情報としては正しいと思います。

常に情報は自分の目で確かめましょう。これだけの情報を元にすでに怪しいと感じている人がいるのであれば、確かめてないだけです。

結局のところ無知は怪しいと思うだけなのです。