ジュビリーエース Jenco イケダハヤト氏のユーチューブで間違った情報が

ビットコインで稼ぐ

ジュビリーエースという会社を知っている人も最近は結構増えてきたのではないかと思います。

ジュビリーエースと検索するとイケダハヤト氏のユーチューブが上位に来るため、見ている人もいるのではないかと思います。

ジュビリーエースをイケダハヤト氏はやっていないと思われますが、かなりの確率で潰れるということをユーチューブの中で言っておられます。

初月数百万稼ぐことも可能

こちら2020年9月1日から開始されたJencoというサービスです。シンガポールの天才元銀行員が立ち上げたベンチャー企業です。将来はマイクロソフトやAppleに匹敵する会社に化ける可能性も非常に高いのです。
Jenco ジェンコ 登録方法 入会方法 入金 簡単に申し込むことが可能 スタートは3000ドルから
Jencoという新しいサービスが2020年9月1日から開始されました。 Jencoというのは日本語でジェンコと呼ばれるサービスとなっています。 このJencoというサービスというのは、アービトラージシステムを用いて、分散型金融を行う画期...
その凄さは本当にすごいです。創業者の考え方は本当によく考えられている人だと思います。 モッピー!ポイ活応援ポイントサイト

情報のちからはすごい

まさに情報のちからというのは、本当にすごいと思います。多分イケダハヤト氏のユーチューブを見て、ジュビリーエースをやらないと判断する人もかなり多いのではないかと思います。

有名な方なので仕方ないでしょう。ただしそこには間違った情報もあるのです。確か元本保証のことに触れていましたが、元本保証に関する情報が間違っていました。

別に間違っていてもいいかと思いますが、ジュビリーエースのディスりようはかなりのものですね。よほど嫌なことがあったのではないかと思います。

それでも確実にあのユーチューブ動画を見て、確実にジュビリーエースが潰れる可能性が高いということで、やめるという人も多いはずです。

私はそれでいいと思います。イケダハヤト氏と自分を紹介した人どちらを信用したか?ということです。

結局紹介した人は、イケダハヤト氏の情報のほうが正しいと判断したということになるわけです。

情報は誰がどう思うかは勝手

単純に実績のない友人の情報と実績のあるイケダハヤトどちらの情報がいいのか?ということです。

実績のない友人の話に耳を貸さなかっただけです。ある意味友人がそこで毎月1000万円稼いでいたらどうでしょう?イケダハヤトの情報を疑う可能性が高いと思いませんか?

そういう意味では実績ということは非常に重要なのです。実績がすべてなのです。実績のある人というのは、やはり何か持っているものがあるのです。それがまずは実績です。実績のない人は何を言っても同じです。

実績さえあれば、人は信用してくれるわけです。それでいいと思うのです。同じ情報でも実績のある人の情報とそうでない人の情報どちらを信じますか?ということですね。

はじめはかなり大変

やり始めというのは、実績がないところからの開始なので、相当しんどいでしょう。それが実績が上がってくるとやはり耳を傾けてくれるのです。

耳を傾けてくれるということは、それだけ実績が上がってきたということです。

はじめはかなり難しいと感じますが、それがやりがいに変わってくるのです。やりがいというのは、実績につながるのです。

間違った情報でも実績のある人ならそれがそのまま通じてしまうというところもあるわけですね。実績というのはそういう意味では本当にすごいことなのかもしれませんね。

あなたがイケダハヤト氏の情報を信じるも、紹介者を信じるもあなた次第です。当然ながらこのブログに書いてることを信じるもあなた次第なのです。

何が一番正しいのかを自分の目で見て確かめてください。それが一番の情報となります。

有名な人がディスるのはどうなのか?

割と有名な人がディスるのはどうなのか?と思いませんか?
実際に今のところ開始していから1年以上経過しますが、実際に利益を上げています。
そのため、そこまで気にすることはないかと思いますが、やはりこれらのユーチューブ動画を見て否定的に考える人は結構多いのです。
否定的に考える人がいるということは、ビジネスを阻害していると考えるのが普通ですからね。
そんな中でも収益をどんどん伸ばしていっているので、私は特に気にしていませんが・・・
それでもこれからビジネスとして開始しようとしている人なら確実にこのようなマイナス要因は排除したいはずです。
ネットの情報を見て、ネガティブになる人というのは、結構多いですからね。
そうならないようにしたいところではあるかと思います。

おそらくポンジですという発言

おそらくポンジですという発言をユーチューブの中でしていますが、確信のないポンジだということです。
過去からの案件からするとポンジ・スキームの可能性が極めて高いということです。
ただ過去からの案件と今回の案件というのは、経営者が違うのです。経営者が同じであれば、ポンジの可能性が高いかもしれませんが、ポンジである可能性が極めて高いという発言は根拠のある発言かどうかというところが非常に重要となります。
根拠のある発言であれば、どってことはありません。ただ根拠のない発言であれば、発言をされた人が責任を負うべきだと思います。
おそらくこのような動画を見た人がポンジの可能性があるといっているので、やめておこうと思うこと自体が、やっている人からすると営業妨害となりますからね。
発言している側は営業妨害をしているというより、アクセス数が稼げるということからこのようなことを言っているわけですが、調べることもしないでおそらくポンジであると発言されているのです。
調べた結果を出してもらってそれでポンジが確定するような根拠文書を出してもらって初めてポンジが確定するのではないかと思います。

たしかに継続的に40%もの利益を出し続けるということは、難しいことかもしれません。
私も確かにそう感じます。ただ会社は出金時の手数料などから10%差し引いた金額が出金されるなど、入金に関してはゆるい制約ですが、出金に対しての制約は厳しいのです。よってやる人は複利をきかせたいということを考えるので、再投資してしまう人が非常に多いわけですね。
ある意味会社のキャッシュフローは非常にいいでしょうね。