Jenco ジェンコ 登録方法 入会方法 誰でも簡単に申し込むことが可能 スタートは3000ドルから

ビットコインで稼ぐ

Jencoという新しいサービスが2020年9月1日から開始されました。
Jencoというのは日本語でジェンコと呼ばれるサービスとなっています。
このJencoというサービスというのは、アービトラージシステムを用いて、分散型金融を行う画期的なシステムを提供している会社です。

アービトラージという言葉を初めて聞いたことある人もかなり多いと思いますが、アービトラージということの意味は昔からやっていることです。
簡単にいうと安く仕入れて高く売るということです。

アービトラージ手法を用いて大きな利益を

アービトラージ手法を用いて大きな利益を得ている会社がJencoという会社になります。

裁定取引(アービトラージ)とは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のこと。機関投資家などが、リスクを低くしながら利ざやを稼ぐ際に利用する手法です。株価指数等の現物価格と先物価格を利用した取引などが代表的です。理論価格よりも高くなっている割高な先物を売却するのと同時に現物を購入することを「裁定買い」といい、理論価格よりも低くなっている割安な先物を購入するのと同時に現物を売却することを「裁定売り」といいます。また、例えば、先物を売って現物を買うという裁定取引のポジションを組み、その後、利益を確定するために先物を買い戻して現物を売るといった反対売買を行うことを「裁定解消」と呼び、その際に行われる現物の売りのことを「裁定解消売り」ともいいます。なお、裁定取引は、株式市場の現物と先物だけでなく、為替、金利、商品(コモディティ)など、さまざまな市場で行われています。
引用元:smbcnikko

こちら具体的な手法に関して記載していますが、よく言われるのが機関投資家などが儲けを得るための方法としてよく言われることになっています。

昔からある言葉ですが、実際にこのアービトラージという言葉をきっちり説明できる人はあまりいないのではないかと思います。
とはいうものの、通常これを言われるのは、投資の世界で言われることなので、通常小売で売っているようなものではアービトラージという言い方はしません。
ただこのアービトラージという言葉の意味も一般的になってきたということになります。
一般消費者でもこのような言葉を知ることができるまたとないチャンスなのです。

Jencoとはどんな会社なの?

Jencoというのは、香港に設立された会社でまだ非常に新しい会社で設立は2020年となっています。

会社としては新しい会社なのですが、その前身となるジュビリーエースという会社の実績をそのまま引き継いだ形でJencoという会社が出てきました。

そのためJencoという会社自体には実績がないものの、前身となる会社の実績が素晴らしいために、相当メリットがあるのではないかと思っています。

このJencoという会社はDefiいわゆる分散型投資という最近の流行りをきっちりと捉えた運用を行う会社なのです。

分散型金融というのは、最近金融取引の市場では非常に有名になってきたのではないかと思っています。グローバルの世界を見ても、金融取引は年々進化を続けており、リスク分散などを行い各社がかなり利益を出すことができるようになってきたのではないかと思っています。ただコロナの影響により、投資市場も縮小気味でしたが、そんな中でも儲けの主体を変化させつつありますので、この会社も非常に優秀な会社ではないかと思っています。

分散型金融とは?

分散型金融というものはどのような投資なのでしょうか?

2019年になって「DeFi」(ディファイ)というキーワードをよく聞くようになった。DeFiは「Decentralized Finance」の略で、日本語では「分散型金融」と訳されることが多い。弊誌にも、夏から秋口以降よくDeFiの記事が載るようになったが、分散型金融とはどういうものなのだろうか。今回は、DeFiについて解説してみたい。

DeFiは、具体的には証券、保険、デリバティブ、レンディングなど金融分野において、ブロックチェーンを活用したアプリケーションによって構成される金融システムを指す。仮想通貨同様、中央管理者を必要とせず、分散型ネットワークによる自律したエコシステムで、誰でもアクセス可能かつ透明性の高い金融システムやプロジェクトを総称する。

現時点のプロジェクトとしては、中央管理者がいない分散型の仮想通貨交換所(DEX)、仮想通貨の貸し出し、デリバティブ契約などがある。

これまでの記事を見ていると、DeFiは主にEthereumによるプロジェクトが多く見られるが、その限りではない。Ethereum以外でも、ブロックチェーン上に構築された分散型の金融サービスであれは、DeFiプロジェクトに分類される。

引用元:impress

簡単にいうなら中央管理をすることなく、分散型ネットワークによる投資を行うということです。中央管理者がいないことにより、取引がスムーズに行われるようになります。これから間違いなく伸びていく市場になっていくでしょう。
伸びに関しては、凄まじく今までのような中央集権型と比較した場合でも前年同月比で100%以上の伸びを示すなど、相当伸びていることが伺えます。

ただ我々はDefiをしている会社にお金を預けるというくらいに思っておくほうがいいと思います。
やはりよくわからないという人も大勢いますからね。基本的にこのあたりはプロにまかせておくことをオススメしたいと思います。
普通の人はこのようなものがわからないので、少し知っているということくらいで問題ないでしょうね。

Jencoの利益は毎月8%程度は確実

Jencoをやるにあたり、自分はJencoのAQUAシステム利用料を支払って、このシステムを利用させてもらうわけですが、毎月8%程度は利益として残る計算となります。
普通の投資案件と比較しても、かなり高配当であることが伺えるかと思います。
それだけ素晴らしい仕組みを持った会社であるということは理解できると思います。

Jencoの前身でもあるジュビリーエースという会社がそれくらいの利益を出しており、まだジュビリーエースも毎月それだけの利益を出しています。
そのような会社の後継にあたるということで、かなり期待されているのです。
最新のシステムを搭載したAQUAの運用利益を我々もいただこうではありませんか。
本当にメリットがあるのではないかと思っています。

毎月の報酬がAQUAシステム利用料に応じて分配されるのです。仮に10万ドルであれば、毎月8000ドル以上は確実に入ってくるようになります。
10万ドルという金額は1000万円以上となりますが、それで毎月8000ドル以上がかえってくるとなれば、メリットはかなり多いのではないかと思っています。

何もしなくても稼げる

Jencoのすごいところは、毎月何もしなくてもAQUAシステム利用料に応じて何もすることなく稼ぐことができるということが最大のメリットではないかと思っています。

こちら何もしなくても稼ぐことが可能となっています。それだけでもメリットがあるのではないかと思っています。
何もしなくて稼ぐことができるという素晴らしい夢のようなシステムなのです。
5万ドル以上を入れるとサラリー以上のリターンが見込めるようになるのではないかと思っています。
サラリー以上のリターンがサラリー以外でもらえるということだけでも、夢のような話ではありませんか?
なかなかそのような人はいません。
基本的にサラリーマンというのは、会社にいながら仕事をするという一般的な労働者スタイルですが、こちらにお金を入れるということだけで、何もすることなく利益を生んでくれるのです。
いわゆるサラリーマンでいながら不労所得を得ることが可能となるわけです。
不労所得を持っているサラリーマンというのは、そこまで多くはないかと思いますが、こちらに入れていくだけでも不労所得を得てお金から開放されることをオススメしたいですね。

注意が必要なのは、トライアルと呼ばれるパッケージがありますが、このトライアルというパッケージは90日以内に1万ドル以上に上げる必要があります。
90日以内に1万ドル以上にあげなければ、継続することはできません。
そのため登録後90日以内に1万ドルへ上げる必要がありますので、そのあたりは注意が必要となります。
個人的にはこのトライアルパッケージはオススメしません。なぜなら90日以内に必ず1万ドル以上にする必要があるからです。それを達成できないと返金はされますが、返金方法などに関してはまだ案内がありません。そのためどのような煩わしいことをしないといけないかわからないのです。
とりあえず試しで始めたいという人も1万ドルを目指してもらいたいものです。

Jenco ジェンコ ローンを使って 元のお金を増やして 日利 月利を上げることがおすすめ
Jencoのローンという仕組みを知っていますか?Jencoにはローンという仕組みがあり、このローンを利用することで、自分が掛けているお金をローンで増やすことができ、アービトラージ額を増やすということが可能となっています。 ローンの仕組み ...

ローンを組めばさらにお得にアービトラージ報酬を得ることが可能となります。ローンを組むということは、それだけ大きな原資で回してくれることが可能となるのです。
そんなメリットあること他にありませんよね?
かなり個人的に見てもお得だと思います。ローンは2020年10月31日までのキャンペーンです。それを超えるとローンはなくなってしまいます。それまでに間違いなくローンは組んでおくことをおすすめしたいと思いますね。
ローンを組むことで、最大限にお金を稼ぐことが可能となります。
お金を稼ぎたいと思っている人にとってはこのローンは相当なメリットがあることでしょう。

1日の報酬はどの程度なの?

1日の報酬が気になりますよね。

Jenco ジェンコってどれくらい儲かるの? 1日の利益はどれくらい? 放置で儲けられる?
Jencoを利用して儲けようと思っている人も多いのではないかと思っていますが、Jencoってどれくらい儲けることができるのでしょうか? Jencoを紹介された人は実際にどれくらい儲けるのかわからない状態で始めるのは、かなり怖いですからね。...

こちら10万ドルパッケージ時の1日の利益です。
1日の利益だけで、もう会社に行く必要はないと思いませんか?
1日の利益がすごいので、会社に行く必要もないくらいに稼いでくれると思います。
ここまで稼いでくれるような案件というのは、あまりありません。
ここまでの利益をもたらしてくれるということであれば、銀行にお金をおいておくメリットはありません。
銀行にお金をおいておくくらいであれば、確実にJencoにお金を預けておくほうが、間違いなくメリットがあるのです。
それくらいメリットがあるので、1日の報酬をGETする上では、このような案件は必要不可欠ではないかと思っています。
自分でも初めて思ったのですが、ここまで毎日の日利が大きいと正直びっくりしています。
ここまであれば、会社をやめるということも視野に入れてくる人も多いのではないかと思っています。それくらいびっくりする価格ということです。

何かをすればさらに稼げる

実はJencoの素晴らしいところはこれだけではありません。
Jencoを紹介する人に対してアフィリエイト報酬を得るという仕組みが備わっているのです。何もしないだけで儲けることができる仕組みをさらに人にオススメするだけで、報酬を得ることができるというだけで、かなりのメリットがあるのです。

こちらがアフィリエイト報酬となっていますが、結構もらうことができるのです。
実際にやる人は1万ドル以上からやる人がほとんどなので、1万ドル以上でやる場合に、その1万ドルに対するアフィリエイト報酬が上記の表となるのです。
それだけでもかなりメリットがあると思いませんか?
相当お金を稼いでいくことができるのです。
このアフィリエイト報酬だけで、数億円以上稼いでおられる人もいるくらいすごいことになっているのです。
普通に紹介する人を出していくだけで、毎月100万円以上は当たり前になってくるようになります。
サラリー以外で毎月100万円以上の報酬を得ることができるなんて本当にすごい話ですよね。

Jencoへの登録はこちら

Jencoへの登録は自己責任でお願いいたします。万が一Jenco内でのトラブルなどがあった場合、当方では責任を取ることはできません。
ただお問い合わせいただいた内容に関しては真摯に対応するつもりです。

JENCO

上記リンクをクリックしてください。

こちらに入力をいただきます。

Full Name:自分の名前を入れてください。

Select Country:自分の国を選択してください。

Username:ログインするためのIDです。英語や数字の組み合わせで入力してください。

Email:自分の連絡のつくEmailアドレスを入力してください。

Passwords:大文字、小文字、数字の組み合わせ8桁以上を入力してください。

Confirm Passwords:上記で設定したパスワードと同じパスワードを入力してください。

TransactionPIN:6桁の数字を入力してください。ログイン後操作するタイミングで色々利用します。

Confirm TransactionPIN:上記で設定した6桁の数字を入力してください。

Captcha:毎回異なる数字が表示されますが、表示されている数字4桁を入力してください。

これで登録は完了となります。

登録完了後の作業

登録完了後の作業は以下の通りとなります。

ウォレット

入金

こちらから入金を押下します。
BitcoinウォレットもしくはUSDTウォレットの選択が可能となります。
一般的な人はBitcoinウォレットからの入金となります。
Bitcoinウォレットに送金元アドレスが表示されておりますので、送金元アドレスに自分の持っているBitを送金してください。
Bitの送金が完了後は以下の操作を行います。

ウォレット

変換

この変換というのは、Jencoの中でAQUAシステム利用料を利用できる形に変換することが可能となっています。
BitからUSDに変換することが可能となります。

USDを用いて、サブスクリプションの購入を行います。
ローンの間はJencoTrialの3000ドルを購入し、ローンを使い1万ドル以上にすることが可能ですが、ローン終了後は1万ドル以上を選択するほうが無難でしょう。それは先程もお伝えした通りです。

それだけで、開始することが可能となっています。

Bitcoinなどの購入は?

Bitcoinなどの購入は、コインチェックやビットフライヤーが有名です。
それらの取引所で通過を購入することが可能となっていますので、そちらでいただければと思います。
スマートフォンでアプリをGETすることも可能です。
パソコンなどを利用して登録することも可能となっていますので、そちらからBitの購入は行ってもらいたいところですね。

MT4で取引履歴も見ることができる

MT4で取引履歴も見ることができます。
取引履歴を見れるということが、間違いなく会社が儲けている実績となります。

Jenco ジェンコ MT4で取引履歴を見れる 実取引を行っているので安心して利用することができる
Jencoというのは、MT4で取引履歴を見ることができることを知っていますか?この手の案件というのは、基本的にはトレードの履歴が見れないと不安であるということから、取引履歴を見たいという人も多いのではないかと思います。そういう人のためにMT...

こちらにMT4に関する情報を掲載しております。MT4という言葉を初めて聞いた人もかなり多いのではないかと思います。
トレードする人ならこのMT4を利用している人もかなり多いでしょうね。それくらい有名なアプリなのです。
Androidならプレイストア、iPhoneならApp Storeで「MT4」と検索するとそれだけで出てきます。
それをインストールしてあとは上記のリンク先から確認いただければと思います。
MT4というのは、そこまで難しいアプリではなく、誰でも利用することができるアプリとなっていますので、ぜひ検討してもらいたいですね。

出金手数料は10%かかる

Jencoからの出金手数料というのは、10%かかります。

Jenco ジェンコ 出金方法 10%の手数料が取られる USDT テザーのみが可能
Jencoの出金方法を紹介したいと思います。Jencoというのは、2020年9月1日から開始されたサービスとなっており、まだまだ認知している人は少ないという状態となっています。ただこのJencoというサービスはかなり爆発しており、相当大勢の...

こちらを見てもらいたいのですが、USDTというビットコインでもない暗号資産を利用します。入金にも出金にも利用することができますので、使い勝手がいいですが、ジュビリーエースのように、ビットコインではありません。
今後JencoでもUSDTウォレットというものを発表しますので、そちらへ移転することをオススメしたいですね。
USDTウォレットというのは、2020年9月15日頃にアップされる予定となっています。
このアプリを利用することができれば、かなりメリットがあるかと思います。まだアプリの仕様に関して、そこまで多くは触れられていませんが、相当メリットがあるウォレットになると思います。

ビジネスとしてのやり方などはお問い合わせください

ビジネスとしての取り組み方などはお問い合わせいただけると幸いです。

問合せ
お問い合わせページの閲覧ありがとうございます。 このサイトへの広告の掲載やご意見などをお待ちしております。 管理人のネットで小遣いです。今かなり熱くこのサイトでも紹介させていただいているものがJencoと呼ばれるサービスとなりま...

こちらからお問い合わせください。問い合わせされても直ぐに返信はされないかもしれませんが、その場合は複数回問い合わせください。