ジュビリーエースは 伸びる 更に次のステップ Jenco ジェンコに期待

ビットコインで稼ぐ

ジュビリーエースは次のステップを用意しているということは、以前にもお伝えしました。その名称はジュビリーエース2という人もいるようですが、実際にはジュビリーエース2という名称ではありません。

今の段階から次のステップが準備されているということで、相当期待している人も多いのではないかと思います。

会社側からの情報が徐々に降りてきていますが、こちらも継続してアービトラージによる取引により利益を得るということです。

今の間に組織拡大は必須
現状ではジュビリーエースは資金に上限を設けているため、現状のジュビリーエースの新規募集は早くて9月ごろには終了するとも言われております。それでも終わりということが明言されているということで、無限に資金を調達するわけではありません。有限の資金調達となっているのです。それであればある程度安心できるのではないかと思っています。

市場でのアービトラージ取引ということを行えば、無限にアービトラージを行うことはできません。それは市場規模があるからです。市場規模を超えてアービトラージを行うことは基本的には無理です。

そのため有限にしかこの仕組がないということを考えると、今の間にいかに組織拡大できるかがメインとなっているのです。

今のがんばりは次への下準備

今の自分のがんばりというのは、次への下準備のため必要なこととなります。下準備期間に以下に頑張れるのか?ということが非常に重要となります。

今仕事として捉えることができれば、かなり組織として伸びていくことは間違いないかと思います。

下準備というのは、今後人生を変えるためのがんばりということになります。下準備というのはきっちり行っていかないとダメです。

基本的にはセミナーなどには参加していき、知見を増やしていくということも重要となります。

ジュビリーエースのセカンドステージでもMLMを採用

ジュビリーエースのセカンドステージでもMLMを採用します。そのため今の組織作りがそのまま活かされるわけです。実際に仕事として取り組んでいる人に話しを聞くと組織作りの難しさというものはあるということです。

組織を作っていく上で重要なことは、正しく相手に伝えるということと、相手が正しい受け取り方をするということです。

基本的に知識がない人が伝えようとすると怪しいということになりかねません。正しく伝えるということが非常に重要な要素となるのです。

正しく伝えて、正しい受け取り方をするということが非常に重要ですね。結果的にそれが正しい組織作りとなるのです。結局のところ怪しいという人も多いわけですが、やっている人達は怪しいと思ってやっていませんからね。正しい情報を正しく伝えられているということだと思います。

Jencoでもかなり儲けられる

Jencoでもかなり儲けることができます。Jencoは2020年9月1日から開始するサービスとなっています。
今後かなり広がっていくでしょう。
出資できる金額は10億ドルを超えるとも言われており、会員数もこれからかなり増えていくことは間違いありません。
Jencoサービスというのは、これから更に拡充していくでしょうね。
すでにJencoの次のサービスも検討されており、確実に会社は伸びていくでしょうね。

Jencoサービス開始

Jencoサービスが開始されました。Jencoサービスが開始されたことにより、一気に収益を伸ばした人も多いのではないかと思っています。
このJencoサービスが開始され、初日に数千万や数億稼いだ人もいます。
それくらい爆発力のある案件なのです。私はそこまでいきませんでしたが、それでも7桁はいきましたね。
それくらい儲けることのできる案件なのです。
Jencoサービスの爆発力というのは、相当力があるのではないかと思います。基本的にお金を稼ぐという点において、信用というものが挙げられます。
どういうことか?というと、ジュビリーエースがきっちりとお金をユーザーに対して払い続けていたということが、その信用というものになるのです。
その信用というのは、今まで築き上げてきたジュビリーエースの実績ともいえるかと思います。
そのため多くのユーザーがジュビリーエースからJencoに移ってきたのです。そういうこともあり、1日で数億円という莫大な利益を生んだ人もいたわけです。
今後も間違いなく伸びていくサービスの一つとなっているので、夢はまだまだ膨らみますね。
今後Jencoサービスをどんどん広めていくことにより、莫大な利益を生む人がまたこの世の中に出てくるのではないかと思っています。