ジュビリーエースの登録は? 本当に儲けているのか? 大丈夫? 潰れないの?

ビットコインで稼ぐ

儲ける仕組みに投資をしたいと思っている人も多いのではないかと思っています。今回紹介したい案件というのは、とにかく儲けたいという人にはもってこいの仕組みです。

ジュビリーエースの投資システムを利用することで、かなりお得に投資をすることが可能となっています。

そのためジュビリーエースのAQUAシステムを利用して投資をするということを知りません。
このジュビリーエースへの投資というのは、どのように行えばいいのかわからないという人もかなり多いと思いますので、紹介したいと思います。

ジュビリーエースはどのように儲けているのかということですが、裁定取引と呼ばれる方法で儲けています。

初月数百万稼ぐことも可能

こちら2020年9月1日から開始されたJencoというサービスです。シンガポールの天才元銀行員が立ち上げたベンチャー企業です。将来はマイクロソフトやAppleに匹敵する会社に化ける可能性も非常に高いのです。
Jenco ジェンコ 登録方法 入会方法 入金 簡単に申し込むことが可能 スタートは3000ドルから
Jencoという新しいサービスが2020年9月1日から開始されました。 Jencoというのは日本語でジェンコと呼ばれるサービスとなっています。 このJencoというサービスというのは、アービトラージシステムを用いて、分散型金融を行う画期...
その凄さは本当にすごいです。創業者の考え方は本当によく考えられている人だと思います。 モッピー!ポイ活応援ポイントサイト

必ず儲かる投資はあるのか 毎月定期的に収入が入ってくるオススメ 不労所得

必ず儲かるという案件というものは、世の中に存在するのでしょうか。私は存在するのではないかと思っています。 絶対負けない勝負なら絶対すると思いませんか? 世の中には絶対負けない勝負というものが存在するのです。 実はそのことを知らない人も…
こちらにその方法が記載されております。必ず儲かるという案件は世の中にもあるかと思いますが、きっちり取引をしているので、安心出来るかと思います。
会社が儲かっているその一部を我々に分配してくれるという形になっているのです。
とにかく、今のところかなり美味しい案件であることは間違いありません。

この裁定取引というものを行ってくれるのは会社であり、自分ではありません。自分ではないため自分は一切このシステムへ加入すると裁定取引を行うわけではなく、裁定取引を行っているキャンペーンに対して応募するだけなのです。1度応募すると、自分の掛けたレンジによりますが、1000ドルなら5日に1度程度ざっくり1000円くらいが自分の口座に入ってきます。

ジュビリーエースへの申込みはこちら

登録するだけなら登録料無料となります。

こちら上記が申し込みページとなっています。それではどのように申し込むのでしょうか。

Jubilee Ace

続いて登録するユーザー名の入力です。はじめの登録ユーザー名というのは、IDとなっていますので、IDを入力してみましょう。誕生日は正しく入力しておきましょう。メールアドレスもパスワードリセットに必要となりますので、そちらも入力しておきましょう。

それ以外の国家アイデンティティ番号などは、「a」で構いません。空白にできないので、とりあえずはすべてなにかを埋める必要はありません。

続いてシステムへのログインパスワード及びサブパスワードを入力します。

これで登録は完了となります。

登録後は自分の持っている仮想通貨を送金するだけ

登録後はウォレットがジュビリーエースにできますので、そちらに送金するだけです。
実はそれだけで理解出来る人も少ないかと思いますが、仮想通貨を持っている人ならすぐにわかるかと思います。
仮想通貨というのは、送金番号というものがあれば、送金することが可能となります。
それを利用すれば、ジュビリーエースに対して送金することが出来るのです。送金までの時間も1時間〜2時間ほどで送金することが可能となっています。
非常にカンタンに送金することができますので、あまり気にすることもないかと思います。
そして送金後ジュビリーエースで、運用を色々してくれるわけです。
仮想通貨というのは、送金番号と呼ばれるもので、送金します。その送金番号というのは、個々に異なります。
自分のウォレットの中に、送金番号と呼ばれるものが出てくると思いますが、そちらを利用して送金するのです。
送金はビットコインでないと送金することができません。
ビットコインを購入して、その後に1000ドル以上になるようにして送金する必要があります。先にこちらの登録だけ行い、その後ビットコインの送金を行っても問題ありません。
ビットコインの買い方がわからないという人も多いかと思いますが、オススメはビットフライヤーやコインチェックがオススメです。
ビットフライヤーやコインチェックはスマホからカンタンに登録することができますので、そちらのほうからカンタンに登録することができます。

ログイン後送金ウォレットが出てきます。そちらに仮想通貨を送金するだけです。

ジュビリーエースの入金方法は仮想通貨のみ

ジュビリーエースの入金というのは、仮想通貨のみとなっています。そのため仮想通貨が必要となります。仮想通貨というだけで怪しいという人もいるかも知れませんが、仮想通貨は日本では通貨として認められているのです。
通貨として認められているのであれば、使える店舗があるんじゃないか?と思う人もるのではないかと思いますが、実際に使われている店舗はビックカメラです。
恐らくビックカメラはかなり早い段階で、仮想通貨での購入が可能になった店舗かと思います。

こちらを見てもらいたいのですが、ビックカメラのサイトでもきっちり仮想通貨が利用出来ることは謳っているわけです。
そのため仮想通貨というものは怪しいわけではありません。
今後仮想通貨というのは、どんどん伸びていくと思います。その理由ですが、仮想通貨というのは、海外では暗号化通貨と呼ばれるものとなっており、暗号化されているので、基本的には、安心安全な通貨となっています。
タンス預金よりも間違いなく安心出来る通貨なのです。
取引出来るのであれば、間違いなくお得になるメリットはあるかと思います。

1000ドルから開始することが可能

1000ドルから開始することができます。
仮想通貨が必要になりますので、手数料など差し引くと12万円ほどから開始することが可能となっています。
12万円なら8%もの利益を得ることは難しいわけですが、実際には、毎月5000円くらいの収益を得ることが可能となっています。
毎月5000円くらいの収益を得ることができれば、当然ながらスマホ代くらいは払えますよね。
非常にメリットがあるかと思います。スマホ代を不労所得で払ってみませんか?
そういうことは非常に重要かと思います。私は毎月PCが買えるくらいは十分ありますけど、不労所得を得るという意味ではかなりオススメしたいですね。
個人的には、この仕組はかなりいい仕組みだと思います。ただしこれの期限は恐らく2020年度内に終わってしまうでしょう。基本的に早く始めたほうがお得なのです。
早く初めて儲けだけをとってあとは別の不労所得を検討するということも必要かと思います。
それこそみんな不労所得を得たいと思わないのかな?と思いますね。

軍資金を入れる方法

軍資金を入れるためにはジュビリークレジットトップアップというものを選択します。

こちらはログインした後の話となりますので、登録して頂く必要があります。

こちらメニュー画面がありますので、こちらからジュビリークレジットトップアップと呼ばれるものを選択します。

すると以下の画面からトップアップする金額をドルベースで入力してください。

こちら現金クレジットに入っているものと、登録クレジットに入っているものからトップアップを行うことが可能となります。
後はセキュリティパスワードを入力するだけなのです。セキュリティパスワードの入力というのは、セカンドパスワードを入力するだけでOKです。それほど難しいわけではありません。

掛けた額の3倍までが返金対象

掛けた額の3倍までが返金の対象となります。そのため3倍を超えることはできません。
1000ドルかけると3000ドルまでの返金を保証してくれます。
ざっくりですが、3倍になるまで3年程度かかります。
3年間くらい放置していても問題ないお金があるのなら、間違いなくオススメ出来るかと思います。
3000ドルのお金なら本当にメリットがあるのではないかと思っています。

当然ですが、1万ドルの人なら3万ドルまでが返ってくる対象となります。
3万ドルなら9万ドルとなります。
結果的に3倍まで返ってくるとなるとかなり返ってくるのです。
そのため、単純に軍資金が3倍になるというところまで覚えておけばいいと思います。

出金手数料が10%発生する

こちらのジュビリーエースの中での運用益は3倍まで稼ぐことは可能ですが、出金するときは、ビットコインへの送金しかできません。
また100ドル単位での出金しかできないことも注意が必要となります。そしてビットコイン送金時に10%の手数料が発生します。
仮に1000ドル開始で、最終で3000ドルになったとするとその時のビットコイン3000ドル分に10%の出金手数料が取られてしまいます。
その注意が必要となります。基本的には、それでも2700ドル貯まるわけなので、2.7倍の運用益をざっくり3倍得ることが出来るかと思います。
その部分が若干注意が必要となります。それでもトータル的に見ると確実に利益を生んでくれることは間違いありません。

こちら真ん中のキャッシュクレジットと掲載のある箇所が出金出来る場所となります。こちらに利益が溜まっていく感じですね。こちら英語の表記ですが、当然ながら日本語表記に変更することが可能です。

一番上にある18.00ドルとある場所は入金するとこちらにお金が出てきます。そしてジュビリークレジットと一番下にある場所に資金を移動(10秒で出来る)とジュビリークレジットに移動します。後は儲けた分がキャッシュクレジットにどんどん入っていくわけです。ジュビリークレジットが0.00USDじゃないの?と思うかもしれませんが、今これは投資先に旅に出ています。投資先への旅立ちは5日程度で、それが終わると返ってきます。そして再投資していくイメージですね。

元本保証はあるの?

元本保証はありません。
その理由はどういうことか?ということですが、まず自分がなにか事業を始めます。その事業資金を募っていると思ってください。
その事業資金で1000万調達したとします。その1000万を払ってくれた人には、事業で得た利益を支払っているというイメージです。
ようするに1000万円払ってくれた人が元本を返せといえば、たちまち事業は立ち行かなくなります。
払ってくれた元本を元に利益を生んでいくシステムなので、元本は返ってきませんが、元本に見合うリターンを毎月払っていくというシステムとなっています。
金融商品でもないので、元本保証という概念は基本的にありません。
システム利用料だと思っておけばいいのではないかと思います。

元本保証がある会社のほうが実際には大丈夫なの?と思います。その理由は、元本を保証できるということは、元本分というのは手元に保証金としておいておく必要があるのです。そのため元本保証というのは、会社にとってはかなりリスクの高いものとなるのです。そのため元本保証を行ってる会社というのは、高配当を出すことはできません。

実際には元本保証ということではなく、AQUAシステムの利用料ということになります。AQUAシステム利用料であれば、特に問題ないと思いますね。
AQUAシステムの利用料の支払いに対してそこからの利益が回収されるというイメージです。

AQUAシステムのシステム利用料がすべてとなっており、基本的に儲けるということは、AQUAシステムが利益を得た分を元に配当として分配されているのです。それはコミッションも同じです。
AQUAシステムの利益から配当されているので、AQUAシステム利用料として払ったお金というのは、元本という考え方ではありません。

自分の軍資金を旅に出す

自分の軍資金を旅に出すと先程書きましたが、このように自分の軍資金が旅に出ている状況です。
これで対象の日になるとキャッシュクレジットにお金が戻ってきて、軍資金が戻ってきます。

支払日が毎日のようにあります。毎日のように自分の軍資金を旅に出している結果となります。2.07%などとありますが、それは自分の軍資金を出している金額による%が返ってくるのです。仮に1万ドル軍資金を払ってスポーツというタイプにかけていた場合、2.07%となりますので、207ドルが返ってくる感じです。スポーツキャンペーンはざっくり5日〜6日程度で支払われますので、その期間で207ドル返ってくる計算となります。ただしそのときに30%の利用手数料を取られますので、注意が必要です。ざっくり140ドル程度が返ってくる感じですね。この繰り返しを行うことで3倍まで返ってくるという感じです。

軍資金で儲ける方法

まずはシステムにログインし、AQUAシステムというものがありますので、そちらを開きます。
こちらスポーツキャンペーンというものに掛けていきます。正直なところこれが一番カンタンで楽に儲けることが出来るかと思います。

そうすると以下を見てもらいたいのですが、トレジャーキャンペーンやプライベートキャンペーンなどがあります。自分が入れた軍資金に応じて選べるキャンペーンが異なります。

2020年の3月からスポーツキャンペーンは一時休止ということになります。その理由は、コロナの影響によりスポーツが行われていないということになります。

2020年8月以降にスポーツキャンペーンは復活しますので、期待したいですね。スポーツキャンペーンというものが一番儲かっていましたからね。

会社は設立から1年

会社はまだ設立から1年しか経過しておりません。そのため今のタイミングでこの記事を見た人は先行者利益を取ることができます。
先行者利益を取るというのは、どの業界でも一番美味しい思いが出来るのです。
このシステムを知らなければ、間違いなく先行者利益を得ることができません。
会社の設立から1年程度でこのシステムの紹介しているページをたまたま見たという人もいるかと思いますが、そういう人は本当にラッキーです。
このようなうまみのある話というのは、後から始めることが難しくなります。後から始めるということが難しくなるということは、後からは利益が取れないということになるのです。
会社が利益を出しているから我々に還元してくれるという仕組みなのです。本当にすごい会社だと思いますね。
いわゆる今ならまだ先行者利益を稼ぐことが可能となっています。先行者利益というのは、早く始めたほうが利益を得ることが出来るというものです。
会社から1年で自分のところにこの話が回ってきたのであれば、間違いなくお得です。
今後永久に回ってこないかもしれません。やはり早い段階で、この既得権を得ておくほうが間違いなくメリットがあるかと思いますね。

会社はどれだけの利益を出しているの?

会社はかなりの利益を出しています。どれだけの利益を出しているのかというと、毎月40%の利益率くらいを出しています。今のところ600億円くらいまで集まっているようなので、かなりの利益が出ているものと思われます。
そのため基本的に考えて会社が倒産するということは、無いかと思います。
そもそも資本金55億円の会社が潰れる確率と、今この記事を見ている人の会社の資本金を比較してみてください。
普通に考えると、潰れる確率はどちらが大きいのかと言われると、客観的にみてこの会社のほうが潰れる確率は少ないと思います。

ちなみに会社の利益は約40%弱くらいです。その40%の利益の中で配当を出しているというから本当にすごいと思いますね。