ジュビリーエース Jenco ジェンコ 潰れないのか? 怪しい 倒産は?口コミ 詐欺なのか?

ビットコインで稼ぐ

ジュビリーエースやJencoのことを怪しいと思っている人もいるのではないかと思いますが、ネットの情報を見ると怪しいと思う人も多いのではないかと思います。ただしジュビリーエースはそんなことはありません。なぜそんなことが無いと言えるのでしょうか。

こちらに登録情報を掲載していますので、こちらも合わせてご確認ください。

フォーブスインドに掲載

よく言われているのは、フォーブスインドに掲載しているという嘘の情報を振りまいているということをよく言われます。それで新規に出しているということです。フォーブスに出しているということでなぜ叩かれているのか?ということですが、まずはフォーブスでも広告に掲載しているだけだと言われています。

Interview With Jubilee Ace's Tony Jackson, Developer Of New Fintech Applications | Forbes India
Setting the stage for a digital future, says Jubilee Ace`s Tony Jackson

こちらを見てもらいたいのですが、こちらに掲載されています。

普通の記事として掲載されているのです。こちらの記事に掲載されていることを翻訳してみましょう。

私たちがデジタル時代の未来の基盤を築くにつれ、世界は刺激的で新鮮な金融環境のために着実に進んでいます。今日は、起業家、教育者、イノベーターであるトニー・ジャクソン氏を特集します。彼は、長年にわたって新しいフィンテックアプリケーションの開発と教育の最前線に立ってきました。彼の最高の宝石は、AQUAシステムの開発と、ホリスティックアービトラージ取引プラットフォームであるジュビリーエースの設立です。
Q:Jubilee Ace AQUAプロジェクトについて広く聞いています。ジュビリーエースを構築する上でのあなた自身とあなたのインスピレーションについて私たちの読者に教えていただけませんか
TJ:このインタビューをありがとうございます。成長して、私は多くの点で幸運でした。アメリカ出身で、主に英国で教育を受けているため、為替レート、需要、地域の違いが主な要因となって、取引所と商品の価格に差異が見られる例がたくさんありました。これは、優れた一貫したシステムがあれば、ある場所から資産を購入し、別の場所で売却して利益を得ることを意味します。しかし、それを一貫して行うには、デジタルで瞬時に処理できる環境と、それをビジネスに変換するためのボリュームと安定性が必要でした。私はこれを調べ始め、さまざまな業界の専門家に囲まれ、ついに商品、eスポーツ、および暗号を決定しました。
Q:ビジネスの暗号取引の部分であり、そのAQUAシステムは多くの注目を集めています。この現在の暗号化環境はあなたが言及しているもので、今年の焦点は何ですか?
TJ:ビジネスの暗号通貨の部分が最も注目されることが期待されていましたが、商品やeスポーツプラットフォームについても多くのサポートと問い合わせを受けたことを共有する必要があります。会社として、私たちは多角化を信じているので、私たちは3つのセクターすべてに資金を配分し続けます。暗号通貨の到来と主流の採用により、実際に私たち全員が地図に載っています。機関とプレーヤーがこれらの巨大市場向けのトークン、取引所、製品の開発を急いでいるので、より多くの裁定取引の機会のためにアルゴリズムを見つけて利用する機会がますます増えています。 。今年の私たちの焦点は、これらのトレーダー、プログラマーを開発し続け、当社のテクノロジーのさらに大きな基盤を確立することです。2020年には、より多くのパートナーを見つけることに取り組み始めます
Q:Jubilee Aceブランドの位置付けとスタンスは?
TJ:私が本当にやっていて、素晴らしいトークンとブロックチェーンを構築していると感じているカルダノ(ADA)チームに触発されて、私はジュビリーエースを一気に食べて市場に出てほしくありませんでした。
そのため、小規模なグループでオフラインでライブセッションを行うことに重点を置くことを選択しました。そうすることで、プラットフォームに参加し、知識が豊富で、チームと緊密に連携し、開発計画を知っている人々を獲得できます。
もう1つ触れておきたいのは、Jubilee Aceがプラットフォーム、具体的には透明なアービトラージ中心のプラットフォームになることです。私たちはここでトークンをプッシュしたり、交換を作成したりするのではなく、優れたデータとテクノロジーを使った適切な取引を通じて資金を増やすことに焦点を当てた会社です。
要約すると、Jubilee Aceは、支持者とユーザーの密接に結びついたグループを持つ強固な製品を持つ強固な会社です。
Q:Jubilee Aceプラットフォームのユーザーがあなたの技術の恩恵を受けることは明らかですが、取引所は一般的に仲裁会社を避けていますか?
TJ:それどころか、取引所はジュビリーエースのようなハイテク企業との協力を楽しみにしています。説明させてください。今日、市場には何千もの取引所があります。これらの交換のどれもが弱い、遅い、または不十分であると見なされることを望まない。BTCがBinanceで11,000 USDで取引している場合、取引量とユーザーに大きな遅れがあることを示しているので、取引所は15,000 USDでBTCを取引したいと思うでしょう。Jubilee Aceが行うことは、これらの取引所を2つの方法で支援することです。1つ目は、取引所で積極的に取引することにより流動性を高めることにより、もう1つは、取引所間のこれらの価格差を埋めることです。彼らは取引手数料を受け取り、私たちはスプレッドを受け取り、ユーザーは私たちの利益の一部を受け取ります。関係するすべての関係者のための全体的でバランスのとれたモデル。
Q:独自の取引アルゴリズムとボットの名前がAQUAであるのはなぜですか?
TJ:AQUAは、エースクアンタムユニバーサルアービトラージの略です。エースクアンタムユニバーサルアービトラージは、当社のアービトラージを実行するために世界中に量子テクノロジーを展開する上でのエースであるというビジョンを具体化しています。アクアはまた、水を表しています。水は形がなく、媒体の形に合わせて変化します。これは、さまざまな取引所、業界に適合させることによって裁定取引をシームレスに行うという企業の精神と目標に非常に似ています。 。名前は特に意味があると思いますので、よろしくお願いします。
Q:それは確かにあなたの技術の深い名前です。さて、そこに新しいトレーダーや読者のために共有するものはありますか?
TJ:誰もが十分な情報なしに研究やあらゆる種類の製品や投資を行わないように努力するべきだと思います。今日のインターネットは情報を入手するのに最適な場所ではない可能性があるため、プレビューやセミナーに参加して、人々に会い、自分の製品を見てください。自分の安全資本を確保し、代替投資には管理可能な金額のみを投資します。オープンで、勇気を持って、十分な情報を得てください。それに参加し、積極的に参加することは信じられないほどの日と年齢です。

こちらが掲載された内容です。こちらの情報が広告であるというわけですね。

実はこの文書の最後に以下のような文言があります。

免責事項:「ブランドコネクト」でスラグされたページは広告に相当し、フォーブスインドのジャーナリストによって作成および作成されたものではありません。

こちらの文言に広告に相当しフォーブズインドのジャーナリストによって作成されたものはないということです。

これがまず怪しいというわけです。

よくよく考えてください。フォーブスという権威のあるところが、広告でも詐欺まがいのところを掲載するのか?というところです。広告でも詐欺まがいのことを掲載することで、フォーブスの信用はガタ落ちです。そんなことをフォーブスがするのでしょうか?そのあたりを理解した上でというところなのでしょうかね。

55億の資本金の会社が潰れる可能性

資本金が約55億ある会社が潰れる可能性というのは、ゼロでありませんが、基本的にないと思うのが自然です。日本でも一部上場企業でも55億ないところというのはかなり多いのです。そういう観点からして55億ある会社というのは、潰れないと思っても問題ないかと思います。

日本で50億円前後の資本金で誰でも知っているような会社はこんな会社です。

WOWOW

パソナグループ

伊藤忠食品

ぴあ

シャープ

GMOインターネット

トラスコ中山

朝日放送グループホールディングス

サカイ引越センター

愛眼

これらの会社が50億前後の会社となります。知らない人もいるかもしれませんが、日本でもそこそこ有名な会社となります。潰れるか潰れないかはわかりませんが、潰れる可能性は極めて低いということになります。

これらの会社がすぐに潰れるとは誰も思いませんよね。実際にシャープは潰れましたが・・・今このジュビリーエースという会社は伸びている会社なのです。売上が伸びている会社が潰れないという保証はありませんが、普通に考えて売上が伸びている会社が潰れる可能性は非常に低いと思います。

資本金だけでは判断できないかもしれませんが、ある程度この資本金があるということでの信頼性は非常にメリットがあるかと思いますね。

元本保証されている詐欺

元本保証されていると言っている人もいるようです。このジュビリーエースは元本保証はありません。

元本保証がないと投資したくないと思っている人もいるかと思いますが、元本保証されていないということは、会社に元本はロックされているわけです。それをもとに会社は投資しているわけです。要するに元本保証をしている会社は、元本を返す必要があると、会社は運用資金をロックすることができませんので、元本を返すことが会社にとってはリスクなのです。そのため元本保証はありません。

元本保証されているということは、いつでも出金できるということなのです。いつでも出金できるということで、当然ながらある日全員が出金したらどうなるのでしょうか?当然ながらその会社は潰れてしまいます。

しかしながらジュビリーエースは元本保証という概念がありません。アクアシステム利用料を支払うということが大前提なのです。これはジュビリーエースもJencoも変わりません。

アクアシステム利用料というのは、かえってきません。それをベースにお金をどんどん増やしていくのです。お金をどんどん増やしていくということは、確実にそれだけでもメリットがあると思いませんか?

お金が増える仕組みというのは、なかなか世の中にはないかと思いますが、それが簡単に行えてしまう仕組みがあるということが素晴らしいわけです。

ポンジスキームなの?

ポンジ・スキームなのか?と思う人がいるかと思いますが、ポンジ・スキームをする会社がISOの取得などできるのでしょうか?

こちらがその証拠となっているわけですが、基本的にISOを取得することはできないと思います。そのため基本的には問題ないと捉えてもいいのではないかと思っています。

ISOを取得するということで、それだけ信頼性が増すということです。

登録は無料

Just a moment...

登録は無料で1000ドルからできます。

こちらが登録できるページです。こちらのページなら自分で登録を行うことが可能となっています。とりあえず登録だけ済ませるということも可能かと思います。

通常午前7時〜11時までは、メンテナンス時間となっています。

登録方法はこちらを確認いただければと思います。

ジュビリーエースを詳しく紹介 資本金55億で簡単投資で始めることができるジュビリーエースというものを聞いたことありませんか?ジュビリーエースと呼ばれる会社は、55億の資本金を持っているです。

こちらが登録方法となります。こちらの登録方法を確認いただくことをオススメしたいと思います。

問い合わせは上記のリンク先からでも行うことができます。本当に始めるなら今のタイミングからがベストでしょう。

こちらですが、ジュビリーエースを始める人は、1000ドルスタートでも問題ないと思っています。その理由は1000ドルで新しいビジネスチャンスを広げることができるからということです。

1000ドルがない人は開始することができませんが、1000ドルあれば問題なく開始することが可能です。1000ドルから初めて様子を見てから元金を上げていくということが非常に重要な要素となります。

一旦開始するのであれば、1000ドルスタートでも十分でしょう。本来なら1万ドル程度で開始することをおすすめしたいですが、1万ドルがないという人は1000ドルでも十分ではないかと思います。

可能性を感じるのであれば、1000ドル以上にする人も多いのではないかと思います。やはりみんなお金が好きですからね。

保険が入ることが確定

保険が入ることが確定しました。

保険会社はまだどこかわかりません。それは会社が公表していないからです。よってネットの情報を信じるか、信じないかは自分次第ですが、保険会社は確定していないので、ここの情報というのは正しい情報を見極めてください。

会社側は保険会社の公表を行っていません。行っているのであれば、私もここで公開します。保険会社が入るということが確定しているだけで、つぶれにくいということは明白です。

保険というのは、人の不安を払拭するものです。保険が入るということで、かなりの安心感を得ることができるのではないかと思っています。私の場合は、保険が入ると入りたい人が多くなるので、正直なところどうかなぁ〜とも思ったりしますが・・・それでも入らないよりも入ったほうが、安心して利用することができますからね。

保険に入るという人は、基本的にはビジネスに対して臆病です。それって自分で事業を起こしておきながら、保険に入るというものですからね。

今はコロナの影響で次のJencoも始まり、トータル的な保険を検討しているので、もう少し時間がかかるようですね。

ネットに出ている情報はやっていない人の情報

基本的にネットに出ている情報というのは、やっていない人の情報だと思っていただければいいと思います。

否定的な情報が非常に多いので、普通やっている人は否定的な情報を出すことはしないでしょう。

そういうことを鑑みるとやっていない人の情報だと思えばいいのです。

またやっていない人の情報となっていますので、間違いも結構あるのです。実際にやっている人が見るとわかるような重要な箇所も間違いがあるわけです。

またネガティブワードで検索すると当然ながらネガティブな感じでしか出てきません。

ネガティブな情報を検索しているので、当然ですよね。結局のところ自分の不安を払拭するという点においても、ネットの情報を信じてしまうというところは、非常に残念な感じになってしまうわけです。

データテクノロジー & AI ガバナンス AWARDにも出典

これは意外と知られていないかもしれませんが、インドネシアで開催されてた、データテクノロジー&AIガバナンスサミットへ出典も実施しているのです。

マイクロソフトなども同じタイミングで出典しています。マイクロソフトというと誰もが知っている会社ですからね。それらの企業と肩を並べることができるということがそもそもすごくないですか?

世界のマイクロソフトです。マイクロソフトは巨万の富を持っています。当然ながらそれらの企業と対等になっているということは、今後ジュビリーエースに関わったほうが巨万の富を得られるようになるということは、間違いないと思いませんか?

また知られていないいわゆる認知度の低いタイミングで、見ることができるということは、非常にメリットのあることではないかと思います。

個人的に見ても、相当これはメリットがあるかと思います。

私が知っている会社も結構あります。それだけ知名度のある会社と台東になっているということがある意味すごいことですよね。

ジュビリーエース Jenco 信頼おける データテクノロジー AI ガバナンスサミットへの出典も実施
こちらを見てもらえればわかるかと思いますが、ジュビリーエースというのは、データテクノロジー&AIガバナンスサミットに出典しています。これはインドネシアで開催されているものとなります。 ジュビリーエースというのは、左から3番目で...

こちらがその記事となっています。こちらを見ればいかにすごい会社なのかというところがわかるのではないかと思います。

元本保証がないから怪しいは間違い

元本保証がないから怪しいと思うのは間違いです。そもそもジュビリーエースの場合システム利用料を支払った運用益を分配してくれるという考え方です。元本保証をしてくれるということは、運営側からするといつでも出金される可能性があるということです。

元本保証があるということは、いつでも出金されるので利率などもどうしても低くなります。また元本保証があればみんなが出金するというリスクもあるわけです。

逆に今ネットでジュビリーエースの悪口を書かれても、今ジュビリーエースに入金している人は出金できません。

アカウントの売却を考えている人というのも、ネット上の悪口などを見て勝手に不安になった人なのかもしれませんね。

勝手に不安になるということは、紹介してくれた人に一度相談してみてもいいのではないかと思います。

Jencoというサービスも出てきた

Jencoというサービスも出てきました。Jencoというサービスは潰れないのでしょうか?
ジュビリーエースと同じ並列にいる会社となっています。現在ジュビリーグループというのは、ホールディングスになっており、AQUALabsという会社とジュビリーエース、そしてJencoという3つの会社がメインとなっています。
この3つの会社がジュビリーグループとなっているのです。
進んでいく速度は非常に早く、2018年の創業でホールディングスまでもっていっているのです。
そこまで早く育っている会社となっているのです。正直なところ驚きですよね。そこまでの会社に育っていくということは、本当に驚きです。
日本には正式な拠点はありませんが、中国にオフィスがあります。
深センというところにオフィスがあり、最近オフィスの拡大を図りました。
新しい新サービスも立ち上がるということで、これからどんどん大きくなっていくことは間違いないかと思います。

現在はホールディングスをとっている

現在はホールディングスとなっています。ホールディングスにしてまで会社を潰すメリットってなんでしょう?
2020年9月1日の時点では4社となります。
その中でもAQUA Labsというシステムの中枢の会社がいわゆる頭脳となっています。
その会社を中心に子会社をどんどん今後は増やしていくのです。
最近は経営者の人も非常に増えてきており、やる人もどんどん増やしています。
これから先はさらにがんばっていく必要があるのです。

オープンな取引履歴の閲覧が可能

オープンな取引履歴の閲覧が可能となります。そのため基本的に潰れるということはないと思います。
https://netmoneyinfo.com/archives/3188

こちらを確認頂きたいのですが、MT4という取引履歴確認ツールにて、確認することが可能となっているのです。
そこまでの取引履歴を見ることができれば、疑いの余地はありません。
疑うメリットもないと思います。
私が取引履歴を改ざんしていない限りそんなことはありません。ただ取引履歴を改ざんするほうが面倒なので、実際はそんなことはしていません。
このMT4で取引を行っているということだけでもすごいと思いませんか?