仮想通貨の儲け話はネットワークビジネスで伸びる その理由とはなぜか?

ビットコインで稼ぐ

仮想通貨市場なんとなく儲けられるということを知っているものの、怪しいと思う人が非常に多いです。
その理由というのは、なんか怪しく儲けている人が非常に多いと思っている人が多いことです。
実際に怪しく儲けているわけではありません。
きっちり収益を上げながら儲けている人も多くいるのです。

なぜ仮想通貨市場でMLMが多いのか?と思う人も多いと思いますが、個人的に感じているのは、企業価値を高めるMLMというよりもどちらかというと、難しい内容なので、MLMでないと伝わらないのではないかと思っています。

仮想通貨は難しい

普通に生活をしていて仮想通貨にふれる機会というのはありません。それは実際の現金ではなくクラウド上にお金があるという今までの概念からするとかけ離れた内容だからです。

よってなんとなく不安に感じるということと、怪しいということもあるでしょう。そのためその不安や怪しさを払拭するために、MLMを導入していると思います。そもそもMLM自体が怪しいということもあるかと思いますが、今まで仮想通貨に対しての知識もない人が参戦するわけです。そういうことを考えるとどうしても仮想通貨自体の説明から入る必要があるわけです。

仮想通貨というだけで儲けることができるの?と思うかもしれませんが、仮想通貨単体で儲けることはできません。

やはり何かを組み合わせることにより、さらに儲けることができるようになるのです。

仮想通貨はドルやユーロと同じ

仮想通貨というのは、基本的にはドルやユーロと同じです。実態があるかないかというだけで、基本的にはお金としての価値があるのです。よって取引所などというものがあり、円やドル、ユーロなどと変換できるのです。

基本的には仮想上にあるお金と思っておいてもいいのではないかと思っています。仮想上にあるお金はお金なので、変動します。例えば100万円で1ビットというものも200万円で1ビット、10万円で1ビットとなるのです。ビットの価値が変わるわけです。

ドルや円などは、1日あたり数円レベルでしかかわりませんが、ビットは1日で相場が10万円単位で変わることもあるのです。実に面白い通貨となっています。

逆にそこまで相場が変動するということで、儲けやすいのかもしれませんね。

今後もMLMを中心に仮想通貨というのは、どんどん世の中で認知されるようになるかと思います。仮想通貨の認知度があがるとそれだけ、理解する人が増えるということになりますので、市場はさらに活性化するのではないかと思います。

仮想通貨は普通の現金と同じように利用できるということはまだまだ認知されていません。
日本でも仮想通貨というのは、現金と同じ通貨認定されているのですが、通貨認定されているということを知っている人はいません。
それだけまだ未知の世界なのです。

MLMで今後も伸びていくと予想

MLMという手法を利用するというのは、世界では当たり前です。MLMという販売が日本では特殊だと思われていますが、世界ではスタンダードなのです。
まさに日本ではアムウェイが怪しいと感じている人が多かったように、それに引きずられて、どうも怪しいと感じる人も多いわけです。
MLMというのは、グローバルでは普通の集客手段なのです。
日本でもいわゆるチェーン店などへの加盟店方式というのは、マルチレベルマーケティングに近い販売方法です。
実際には3段階以上になっていないので、MLM方式とはいいませんが、やり方としてはMLMに近いやり方なのです。
そういうことを知らないという人も多いのではないかと思います。
やはり無知というのは、恐ろしいと感じてしまう昨今ですね。