ジュビリーエース Jenco 本社所在地 MLMは怪しいと思う人が多いのはなぜ?

ビットコインで稼ぐ

ジュビリーエースという高額配当をうたう集団が怪しいということを思っている人も多いと思います。
実際にやっている人は、怪しいとは思ってやっていません。なぜなら怪しくないからです。
それでもやる前はどうしても、疑ってしまうという人も多いと思います。なぜ疑ってしまうのでしょうか?

初月数百万稼ぐことも可能

こちら2020年9月1日から開始されたJencoというサービスです。シンガポールの天才元銀行員が立ち上げたベンチャー企業です。将来はマイクロソフトやAppleに匹敵する会社に化ける可能性も非常に高いのです。
Jenco ジェンコ 登録方法 入会方法 入金 簡単に申し込むことが可能 スタートは3000ドルから
Jencoという新しいサービスが2020年9月1日から開始されました。 Jencoというのは日本語でジェンコと呼ばれるサービスとなっています。 このJencoというサービスというのは、アービトラージシステムを用いて、分散型金融を行う画期...
その凄さは本当にすごいです。創業者の考え方は本当によく考えられている人だと思います。 モッピー!ポイ活応援ポイントサイト

ジュビリーエースの本社所在地は?

ジュビリーエースの本社の所在地は「英国領ヴァージン諸島」です。まずこんなところに本社を作るなんて怪しいと思う人もいるでしょう。いわゆるペーパーカンパニーなんじゃないの??ってところから入るわけですね。
ペーパーカンパニーというのは、まさにその名の通りペーパーで実態はありません。
しかしながらこのヴァージン諸島というのは、タックスヘイブンの場所なのです。ある意味そこを本社にしている賢い企業なわけです。
儲かっている会社もしくは儲かっても出来るだけで税金を払いたくないと考えている会社は、このような場所に本社を設立するわけです。ただし今このヴァージン諸島に本社を設立することは、非常に難しいことです。ある意味そこに本社をよく作れたなぁ〜という感じです。
タックスヘイブンを利用することが出来るということは知っている会社も多いので、正直なところ人気な場所となっており、なかなかこの国も審査を出さないようですね。
そんな場所に本社を出せるというだけでもかなりすごいのではないかと思います。

また資本金は5,000万ドルとなっており、日本円で約55億円です。
かなりの資本金を持った会社であることがわかるかと思います。
実際にこのジュビリーエースというのは、中国の深センに本拠地をおいており、いわゆるオフィスは中国にあります。
実本社の所在地はヴァージン諸島ですが、運営会社の実態は深センにありますので、実態がないということはありません。そのあたりはご安心いただければと思います。

またジュビリーエースのホールディングス会社というのは、香港にあります。
今はジュビリーグループという形で運営しています。

MLMって怪しいの?

MLMって怪しいと思っている人も多いようですね。
MLMというのは、怪しくはありません。
なぜ怪しいと思うのでしょうか?マルチレベルマーケティングと呼ばれる手法で、日本でも多くの企業が採用しています。
マルチレベルマーケティングという手法は、ある意味合理的なのです。企業が成長する上で必要なものというのは、やはり会員獲得なのです。
会員を増やしていくということは、会社としては当たり前ですが、必要不可欠なのです。そのためこのMLMを利用して企業を拡大していくということは、ある意味理にかなっているといえるかと思います。
やはり日本ではねずみ講という意識が強いのでしょうか。無限連鎖は違法となりますが、MLMというのは無限連鎖ではありません。
基本的にアフィリエイト報酬なのです。
ネットで何か商材を購入しますよね。その時に購入されたものを紹介した人に手数料が入る。まさにMLMというのは、そのような仕組みなのです。
よってMLMが怪しいということを思っている人は、その考え方は捨てたほうがいいと思いますね。

通常のMLMとは異なります。どう異なるのか?というと毎月何かを購入するという方法はとっておりません。むしろ毎月お金が増えるというスキームなのです。
毎月お金が増えるというスキームをとっているため、かなりメリットがあると思いませんか?
加入しないメリットはありません。
MLMというのは怪しいというイメージがあるかと思いますが、MLMが怪しいというのは一部の人たちの怪しいビジネススキームがそうさせているのです。
実際に儲けている人もいますが、やはりそこで毎月何かを購入していくようなスキームであれば破綻します。
最近はそのようなMLMはもう流行りませんからね。

Jencoという次のサービス

Jencoという次のサービスが出てきました。
Jencoというサービスというのは、2020年9月1日から開始するサービスとなっています。
今後は新しいサービスが開始されますので、間違いなくメリットがあるかと思います。
ジュビリーエースは今までのサービスは継続されますが、会社が募集するお金に達するのです。
それが新しいJencoというサービスに入れるということは非常にラッキーです。
このJencoというサービスはかなりメリットがありますので、ぜひ検討してもらいたいですね。

Jenco ジェンコ 登録方法 入会方法 入金 簡単に申し込むことが可能 スタートは3000ドルから
Jencoという新しいサービスが2020年9月1日から開始されました。 Jencoというのは日本語でジェンコと呼ばれるサービスとなっています。 このJencoというサービスというのは、アービトラージシステムを用いて、分散型金融を行う画期...

こちらを確認してください。こちらを見ることで入会などを行うことが可能となっています。
入会を行うと毎月かなりの額の仮想資産をインカムゲインとしてもらうことができるようになります。
それだけでも相当美味しい案件となっていますので、早い段階で加入しておくほうがメリットがあるのではないかと思っています。

新しいサービスとなっていますので、確実にメリットがあるのではないかと思っています。
Jencoに加入している人は本当に今多いと思います。なぜそこまで多いのか?ということですが、自動でお金をAIが稼いでくれるからでしょう。
お金を自動的に稼いでくれるということは、本当にメリットです。
世の中には自動でお金を稼いでくれるというものも色々ありますが、この案件というのは、暗号資産を利用するため、更に稼いでくれるわけです。

ジュビリーエースの始め方

こちらジュビリーエースの始め方です。実にカンタンに開始することが出来るのです。
初回の登録は1000ドルからで大丈夫です。日本円にして11万ほどとなっていますが、色々な手数料もはじめはかかるかと思いますので、115000円ほど準備していれば開始することが可能となります。
ジュビリーエースというのは、毎月人によっては10%もの利益を還元することが出来るのです。
それだけ魅力のある商材となっています。
私は開始した月が遅かったので、そこまで稼いでいませんが、私の場合、開始した月は11月からですが、2020年2月の時点で50万ほどは稼いでいます。
稼いでいる人はもっと稼いでいますからね・・・

ジュビリーエースを始める人もこれからもいるかと思いますが、Jencoという新しいサービスもオススメです。