ビットコイン 仮想通貨は本当に儲かるの? 一体何?

ビットコインで稼ぐ

ビットコインというものを聞いたことある人も多いと思いますが、ビットコインというのは何なんでしょうか?まだまだ何かわからないという人もかなり多いと思います。

ビットコインで儲けるということはどういうことなのでしょうか?

初月数百万稼ぐことも可能

こちら2020年9月1日から開始されたJencoというサービスです。シンガポールの天才元銀行員が立ち上げたベンチャー企業です。将来はマイクロソフトやAppleに匹敵する会社に化ける可能性も非常に高いのです。
Jenco ジェンコ 登録方法 入会方法 入金 簡単に申し込むことが可能 スタートは3000ドルから
Jencoという新しいサービスが2020年9月1日から開始されました。 Jencoというのは日本語でジェンコと呼ばれるサービスとなっています。 このJencoというサービスというのは、アービトラージシステムを用いて、分散型金融を行う画期...
その凄さは本当にすごいです。創業者の考え方は本当によく考えられている人だと思います。 モッピー!ポイ活応援ポイントサイト

ビットコインの価格差を狙う

一番簡単なことといえば、安い時にビットコインを購入し、高くなった時にビットコインを売るということの繰り返しで儲けることができるのです。
いわゆるキャピタルゲインと呼ばれるものです。
株でもそうですが、安い時に買って高い時に売るということは、非常に重要なことになります。
安い時に買うということは、買い時に悩むところですが、それは過去の相場から読み取る必要があるのです。
2020年の動向としては、100万円前後で推移している傾向になります。

ただ今後ビットコインというのは、200万円を超えるとも言われております。200万円を超える可能性があれば、100万円の時に購入し、200万円で手放せば、確実に2倍ですからね。
100万円が200万円になるのです。それだけでもかなりメリットがあると思いませんか?
単純にビットコインで儲けるということは、そういうことなのです。

この価格差を狙って購入する人が非常に多いことは間違いありません。

ビットコインって使えるの?

ビットコインをお金のように利用する方法というのがあります。法定通貨にはビットコインは認定されておりませんが、日本ではお金と同じ役割ということで国が認めているのです。そのためビットコインというのは、確実に今後お金として利用することが可能となるのです。
すでにビットコインを利用できる店舗というものは世の中には存在します。
そしてビットコインを利用することで、お金として支払うことが可能となるのです。
ただビットコインというのは、値動きが比較的激しいので、ドルのように100円ちょっとで継続的に推移するということはありません。
今なら100万円から120万円の間を動いていますが、相場が20%程度動くということは、結構動くことになります。
それくらいはビットコインは動くので、ビットコインで決済されると、店舗としては得か損かわかりません。
ただこれからはビットコインは値上がりすると言われているコインとなっており、数年後は価値がさらに上がるかもしれないということになります。
そのためビットコインは今の間から少しずつでもためている人が非常に多いわけです。
ビットコインを毎月0.1ビットだけ購入するとかそういう形で決めて購入する人もいますからね。