インスタグラムで稼ぐ 儲けるためにはどうしたらいい?

インスタグラムで稼ぎたいと思っている人も多いでしょう。インスタグラムでどうやってお金を稼げばいいのでしょうか?

インスタグラムって自分の広告を貼ることできましたか?という質問をよく受けるのですが、インスタグラムでは残念ながら広告を掲載することはできても自分の広告を自分のインスタに貼ることはできません。

インスタグラムで稼ぐための近道をお伝えしたいと思います。

フォロアー数を増やす

フォロアー数を増やすということがインスタで稼ぐための近道です。

インスタで稼ぐということはフォロアー数を稼いでいくということが非常に重要となります。

フォロアー数を稼いだところで、結果的にどうやって稼ぐの??と思うかもしれませんが、フォロアー数が増えるということはそれだけインスタ映えする可能性が高いということになります。

インスタ映えが増えるということは、それだけ企業としても広告効果のある人という形になるわけです。

そのためまずはフォロアー数を増やしていくことが非常に重要となります。とはいうもののフォロアー数というのはなかなか増えていきませんよね。

フォロアー数を増やすためにはまずは、タグ付けが非常に重要となります。自分の撮った写真にタグをつけていくことが非常に重要な要素になります。

タグをつけていくことにより、インスタ上で露出しやすくなるわけです。結果的に誰にも見てくれない写真ばかりをアップしたところで、稼ぐことはできません。

稼ごうと思ったらどうしてもこのように露出をしていく必要があるわけです。

1000人のフォロアーで企業からの依頼があるかもしれない

1000人のフォロアーをつけてください。最低でもその程度のフォロアー数を付けることで、企業からの依頼がある可能性が高いのです。

いわゆる宣伝広告となるような広告塔になるわけです。

稼ぐためには1000人でも少ないわけですが、広告塔になる必要があるわけです。

企業というのはその人がどのていど影響力があるのか見ているわけです。一貫性の高い写真をアップしている人は企業も依頼しやすくなるわけです。そのため企業としてはフォロアーが伸びているユーザーに対して広告塔になってもらうわけです。

そして自社の宣伝になるような写真をアップしてもらうように仕向けていくわけです。

そこで初めて広告として成立してくるのです。まずはフォロアー数を大量に稼いでいくということが非常に重要な要素になるということですね。

人によっては800人程度でも

人によっては800人程度でも広告塔になれる可能性があります。

広告塔になればかなりお得です。後は広告をインスタグラムに出していくだけなのです。

非常に簡単な商売となります。ただし商売くさいページというのは残念ながら嫌われます。いわゆるステルスマーケティングに徹する必要があるわけです。

ステルスマーケティングというのは、広告と思われないような投稿をしていく必要があります。それが非常に難しいわけですが、そういう形でずっと投稿をし続けていくわけですね。