早起きは三文の得 朝に活動を起こすことで、1日の仕事の段取りを付ける

ブログで儲ける

早起きは三文の得とはよくいったものです。

みなさん早起きしていますか?会社に行く時間に合わせて起きているだけではありませんか?

毎日早起きして、朝までの時間にするべきことや今日のスケジュールなどをたてて行動をおこしていますか?

たいていの人

たいていの人は会社に着く時間を逆算して起きているだけという人が多いようにおもいます。

例えば9時に会社が始まるのであれば、通勤時間が30分だった場合、8時過ぎに家を出ればよい。そして準備するのに30分かかるので、7時過ぎに起きるという感じです。

本当にこれでいいのでしょうか?毎日5時におきて6時までに準備を済ませて6時半に家を出るという生活を考えたことありますか?通勤に30分なら7時過ぎには会社につくのです。

そんなの意味がない!なんて思っている人実は意味があるのです。

[adsense]

自分の時間を作る

別に会社に行く必要はないのです。駅のベンチや喫茶店で時間を過ごすだけでもいいのです。

今日やるべきことや今やらないといけないことなどを全部スケジューリングするのです。

結局仕事中というのは何も出来ませんよね。それが朝早起きして自分の時間を1時間でも作るということが非常に大事になってくるのです。

実は私もこうやって今記事を書いていますが、毎日4時40分頃起きて、朝活が日課になっているので、別に苦ではありません。

むしろこのような作業が当たり前になってくるのです。

私の場合5時半頃から仕事を開始します。5時半から仕事をするなんてバカじゃないの?と思うかもしれませんが、朝のほうが活動的なのです。残業するくらいなら朝に仕事をして毎日7時までには家に帰宅するというほうがよっぽど健康的です。

ただし夜は弱くなるので、10時以降まで起きていることはまずありません。9時台に寝てしまうのです。

早起きするためにはやはり早く寝るということが必要になります。夜は基本的に効率が悪くなるので、早くねてもいいのです。逆に早く寝ることにより朝早く起きることができるのです。

[adsense]

夜は生産性が落ちる

このことも重要な要素です。夜は間違いなく生産性が落ちます。かりにこの記事を自宅で書いているとすれば、間違いなくテレビなどの誘惑に負けます。しかも私はお酒を飲むので、間違いなく生産性が落ちるでしょう。

よって生産性の落ちない時間帯にいつもこのような作業を行うのです。

こうやって書くことにより、頭も使いますしなんとなく今日こんなことしたいなぁ〜なんておもいます。

結局無駄に起きている人も多いとおもいますが、起きてテレビなどを見るということは、無駄にコンテンツを消費しているだけなのです。

コンテンツを楽しむというよりもコンテンツの消費です。コンテンツを消費するのは非常に勿体ない時間です。

その時間を生産性のある時間にかえていこうではありませんか。

とはいうものの夜は寝るに限るということですけどね・・・寝るのが勿体無いという考えはやめたほうがいいとおもいます。

そういう考えになるから間違いなく会社の着く時間から逆算してしか起きることが出来ないのです。

朝に自分のやるべき仕事などを整理しておくほうが間違いなくいいとおもいます。

起きる時間を固定化

起きる時間を固定化するということは非常に重要なことでしょう。早起きをするということは起きる時間を早くするのです。

何時に寝ても起きる時間を一定にしておくのです。

週末はある程度寝てもいいかもしれませんが、平日は起きる時間を一定化させるほうがいいわけです。

それでも仕事に行く時間を逆算しての起きる時間ではありません。起きる時間というのは会社に行く前の有意義にとれる時間を確保した時間を設定する必要があるのです。

その時間は人によって様々ですが、最低でも1時間程度は余裕を持って起きる必要があるかと思います。

いつも7時に起きている人なら6時に起きるということを習慣づけるわけです。6時に起きる人なら5時起きです。

そして自分の起きる時間を固定化させるということが非常に重要になってきます。

その1時間という自分の時間を勉強にあててもいいですし、得だと思うことに時間を使いましょう。朝の情報番組を見るということでもいいかと思います。

それによって情報番組から得ることのできる情報で仕事に役立つと考える人ならそれでいいかと思います。

結局のところ朝の時間というのは、誰しもが時間がない時間帯と認識しがちですが、朝の時間を有意義に過ごすことでその日一日が充実するのです。